当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

【2/15更新】登録するなら今!お得なソーシャルレンディングキャンペーン情報まとめ!

ソーシャルレンディングキャンペーン2

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)運営会社は今や20社以上にもなり、「どの運営会社に登録したらいいかわからない!」「分散投資先を増やしたいけど、おすすめの運営会社は?」など悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな悩める方に必見の大変お得なキャンペーン情報を紹介したいと思います!キャンペーンのほとんどは期間限定なので、くれぐれも見逃さないよう気を付けてくださいね!

キャンペーンまとめ!

では早速、現在の各社キャンペーン情報を比較してみましょう!

運営会社 キャンペーン内容キャンペーン金額(最大)実施期間
トラストレンディング新規会員登録キャンペーン最大5,000円 ~2018年6月29日
SBIソーシャルレンディングスタートキャンペーン先着でSBIポイント
2,000ポイント
~2018年03月09日

キャンペーンの内容をチェック!

やっぱり気になるのはそのキャンペーン内容ですよね。それぞれの運営会社について簡単に説明しながらキャンペーン内容をみていきましょう。

トラストレンディング

トラストレンディング

エーアイトラスト株式会社が運営するトラストレンディング(Trust Lending)は、6~10%と高い利回りで、主に担保付ローンファンドを扱っています。初めてノンバンクとしてソーシャルレンディング業界に参入し、2015年設立以降順調に業績を伸ばしてきた企業です。

1万円から投資可能な運営会社が多い中、トラストレンディングでは最低出資額10万円からと投資初心者にはハードルが高いと言えます。しかし、法人融資や金融コンサルト業を行っているエーアイトラスト株式会社により見極められた安全性の高い案件に投資できるのは、できるだけ低リスクで高い利回りでの運用を望む投資家にとっては非常にマッチした企業といえるでしょう。

そんなトラストレンディングのキャンペーンはこちら。

トラストレンディンキャンペーン

このキャンペーンはトラストレンディングの沖縄支店開設を記念したキャンペーン。新規会員登録+メルマガ購読登録完了した方に1,500円、それにくわえて10万円以上の新規取引を行った方に3,500円と、合計で現金5,000円がもらえるというものです。

トラストレンディングの最低出資金額は10万円からなので、実質1案件に投資すれば条件クリアとなります。まだ投資家登録していない方にとってかなりお得なキャンペーンだと言えるでしょう。

しかしトラストレンディングでは募集案件が少ないというのがデメリットの一つでもあるので、投資家登録したのに案件への投資ができない可能性もあるのでは?と心配する方もいるかもしれません。

そんな方も安心してください、キャンペーンは平成30年2月5日(月)~6月29日(金)の約5ヶ月間実施されています。それでも心配な方は早めに投資家登録を行って、いつ案件が募集されても大丈夫なように備えておきましょう!

トラストレンディングの公式サイトへ

SBIソーシャルレンディング

このキャンペーンは3月9日(金)で終了します。
SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングは、SBI証券や住信SBIネット銀行など様々な事業を展開するSBIグループの一つです。貸し倒れ(デフォルト)や返済遅延の発生は2017年10月時点で0%ということもあり、非常に信頼性の高い業者といわれています。

現在SBIソーシャルレンディングが行っているソーシャルレンディングスタートキャンペーンがこちらです。

SBIソーシャルレンディングキャンペーン2

他のキャンペーンと違うのは、付与されるのがSBIポイントだというところ。このSBIポイントというのはSBIグループの共通ポイントで、貯めたポイント分だけ商品と交換できたり、Tポイントなど他のポイントサービスに変換することもできます。

キャンペーン期間中は投資家登録・メルマガ配信登録をされた先着10,000名にもれなく2,000SBIポイントがプレゼント。新規登録の方限定なので、この機会にお得にソーシャルレンディング投資を始めてしまいましょう!

ポイントについての詳しい説明は公式サイト、またはこちらの記事も参考にしてください。

SBIソーシャルレンディングの公式サイトへ

ここまでキャンペーンについて説明してきましたが、魅力的な業者は見つかりましたか?

キャンペーンは先着順のものもあるので、気になっている方は早めに登録すると良いですよ!まずは無料で登録してみて、自分に合った投資方法を見つけましょう!

ソーシャルレンディングはあくまでも「投資」です。リスクには十分注意して分散投資を心がけるなど対策を万全にして自己判断で投資を行ってください。
投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較