当サイトおすすめ業者

期待利回り10%以上の案件多数、1万円からできる海外投資

エードMYバンクの口コミ・評判|どのくらい儲かるの?


不動産投資型クラウドファンディングサービスとして現在勢いのあるエードMYバンク!実際のところ「エードMYバンクで投資をおこなって儲かるのか」「リスクはないのか」など気になっている方は多いと思います。

今回はそんな方のために、エードMYバンクの特徴や評判、リスクについてまで詳しく解説していきます。エードMYバンクの情報を調べている方は参考にしてみてくださいね。
 
Sponsored Link

エードMYバンクとは


エードMYバンクは事業用不動産を10万円から運用できる、初心者でも安心の不動産投資クラウドファンディングサービスです。

仕組みとしては、複数の参加者から出資を募り、その資金でエードMYバンクが不動産投資をおこない、その住宅の賃料などから得た利益を、参加者に分配する仕組みです。株式売買や不動産の売却益ではなく、テナント料をベースにしているので、安定的な配当を望めることが特徴となっています。

年分配率は3~5%と、決して低くない数値です。人生100年という時代に突入した今、安定的に3~5%の分配率を見込めるのは魅力的ですね。

エードMYバンクを運営している、株式会社エード・ライフは平成9年に不動産仲介業務からスタートし、現在は「不動産売買・仲介事業」「不動産特定共同事業」「テナント開発事業」「資産活用・相続対策」「福祉事業」をおこなっている会社です。不動産ビジネスのプロフェッショナルであり、関西圏の事業用地を中心に不動産の売買や開発・運営をおこなっています。

エードMYバンクでは、そんなエード・ライフの不動産事業の経験と知識を生かして投資をおこなうため、安心感も高いでしょう。

エードMYバンクの口コミや評判


エードMYバンクのネットの評判や口コミ情報をチェックしてみましょう。

良い口コミ


現状、サービスが始まってまだ比較的新しいサービスのため、口コミは多くありませんでした。Twitterなどのコメントを見てみると、初回登録時に貰えるポイントや出資時に1口(10万円)あたり5000ポイント(=5000円分)の付与に対しての賞賛コメントが目立ちました。

しっかりポイントが反映されていることを確認できているので、ポイント狙いで登録を検討している方は、安心して登録して良いでしょう。

悪い口コミ


現在、エードMYバンクの悪い口コミは発見できませんでした。口コミを発見次第随時更新します。
Sponsored Link

口コミのまとめ


全体的に口コミ情報はまだ少ないです。現在ある口コミは比較的肯定意見が多く、口コミを見る限りではしっかりした会社が運営している、不動産投資クラウドファンディングというイメージです。

エードMYバンクのメリット


エードMYバンクのメリットについて紹介します。

① 少額から不動産運用が可能


不動産投資と聞くと、一般的には最低でも数百万円~数千万円が必要になります。不動産投資に興味を持っていても、一般の方ではなかなか手を出すことができないものです。しかしエードMYバンクなら、最低10万円から出資可能!

不動産のクラウドファンディングをおこなっている他の会社では、最低投資額が100万円という会社も少なくありません。それに比べてエードMYバンクなら、初心者で始めやすいと言えるでしょう。投資不動産選びに関しても不動産知識がなくても、不動産のプロフェッショナルである株式会社エード・ライフが、優良の不動産を選んでくれます。

また通常の不動産投資の場合、投資した不動産の管理は自分でおこなうか、管理会社にお金を払って依頼する必要がありますが、エードMYバンクなら管理運営も全ておこなってくれるので、初心者でも気軽に投資をおこなえる一つの要因と言えます。

② テナント料ベースでの分配


エードMYバンクはテナント料をベースに分配しているため、長期的に安定した運用が可能です。例えば、不動産を購入した場合、周りの環境の変化や国の経済的ダメージにより不動産価格は下落してしまいます。不動産の売却益を狙った投資だと、これは大打撃となってしまいます。

しかし賃料はどうでしょうか。今まで住んでいた賃貸物件で、住んでいる間に家賃が下がることはありましたか?基本的にはほとんど変わることは無いでしょう。この賃料から利益を分配しているので、比較的景気に左右されにくく、不動産投資初心者の方でも安心して取り組むことができます。

③ 優先劣後方式を採用している


エードMYバンクは優先劣後システムという分配方式を取っています。くわしく説明すると、投資対象不動産の出資総額の7~8割は参加者(優先出資者)から募集して、残りの2~3割はエードMYバンク(劣後出資者)の資金で投資をおこなっています。

もし仮に対象不動産の価格や賃料が下落した場合でも、まず初めに優先出資者に分配をおこない、利益がさらに残っていれば、劣後出資者のエードMYバンクにも利益が分配されるという仕組みです。 よって、エードMYバンクは自社の利益を確保するために、今までの不動産事業経験と知識をフルに利用して、利益の出る不動産を選定すると考えられます。

自分では買わないものを進めてくる不動産投資会社の営業が信頼できない方でも、このシステムなら納得して投資することができるでしょう。  

エードMYバンクのデメリット


良い部分ばかりではなく、しっかりとエードMYバンクのデメリットについても解説します。

① サービス運用歴がまだ短い


エードMYバンクはサービス歴がまだ浅いです。商品としては、現在4号までの展開となっています。まだ契約期間が満了している商品は無く、エードMYバンクの運用結果を知りたい場合は最短でも2021年1月31日の『エードファンドMyシェア2号』が終わるまで待つ必要があります。

しかし、どんなサービスでも始まりは実績の無いところから始まります。エードMYバンクは元々不動産運用をおこなっている会社なので、そういった意味では安心感はあると思います。また、サービス歴が浅いことをカバーするために、新規会員用のポイントプレゼントキャンペーンなどをおこなっています。不安が大きくない方にとってはとてもおいしいキャンペーンなので、ぜひこの機会を逃さずに登録しておきましょう。

② 投資地域が関西エリアに偏っている


エードMYバンクは20年以上大阪で不動産関連事業をおこなっている経験を活かして、クラウドファンディングの対象不動産を選んでいるため、投資対象エリアが関西・大阪に限定されています。不動産価格として上昇を狙える東京エリアが入っていないことはデメリットに感じる方もいるでしょう。

とくに東京の地理なら詳しいけど大阪は土地勘がないという人にとっては、少し不安に感じてしまうかもしれませんね。

ただし大阪エリア自体は2025年に控えている大阪関西万博に向けて、さらに飛躍していく可能性があるので、不動産投資に向いているエリアの一つです。株式会社エード・ライフが今まで培った経験と知識を信頼してみるのも良いでしょう。

③ 現物不動産としての節税効果はない


不動産投資型のクラウドファンディングでは、基本的に実物不動産のような相続税対策にはなりません。税金対策をおこないたい方は、クラウドファンディング型ではなく、自分で不動産投資をおこなう方が良いでしょう。

エードMYバンクのリスクについて


投資をおこなう前には、メリットやリターンのみではなく、しっかりとリスクについても確認するようにしましょう。エードMYバンクのリスク状況についても解説していきます。

① 過去の貸し倒れ状況について


エードMYバンクは、2020年12月現在、貸し倒れは発生していません。貸し倒れは、大きな不動産価格や株価の下落によって、借りた資金が返済できなくなってしまう状況です。エードMYバンクの投資方法では、テナント料をベースに利益分配しているため、他の投資よりリスクは少ないと言えます。また万が一の際でも、売却しやすいエリアを選定しているので安心です。

② 過去の返済遅延や元本割れについて


2020年12月現在、エードMYバンクの返済遅延や元本割れ情報はありませんでした。ただし、これは他のソーシャルレンディングや投資などでも言えることですが、いくらリスクが低いといっても、投資なので案件によっては元本割れが発生してくる可能性は充分に考えられます。 最悪のケースを想定して、失っても問題ない範囲で投資をおこなうのがベストです。

③ エードMYバンクのリスクの総評


過去に貸し倒れがないことと、現在返済遅延や元本割れがないことを総合的に考えると、エードMYバンクはリスクが比較的低いと言えるでしょう。ただし、まだ運用歴が浅いので注意が必要です。

リスク対策としては、優先劣後システムの導入と、万が一のために売却しやすい不動産を選んでいます。投資なので多少のリスクはあることを理解した上で利用しましょう。

エードMYバンクはどのくらい儲かるの?


エードMYバンクのメリットや安全性については理解したけど、実際にどのくらい儲かるのか気になる方は多いと思います。実際にエードMYバンクで投資をおこなった場合、どの程度の利益を得ることができるのか確認してみましょう。 まず、過去の案件の予定分配率から見てみます。
商品名 利回り ステータス
エードファンドMyシェア1号 年5% 運用中
エードファンドMyシェア2号 年8.2% 運用中
エード・ファンドMyシェア3号 年5.1% 運用中
エードMYバンク4号 年5% 募集中

上記を見てみると、予定分配率は5~8%と程度となっています。実際はリスクヘッジして考えて、3~5%程度で見ておくと良いでしょう。
最低出資額や分配方法は商品によって異なっています。過去の案件を確認すると、最低出資額は10万円or100万円です。分配は3ヵ月毎もしくは6ヵ月毎になっています。   下記の条件で実際に投資をおこなった場合のシミュレートをしてみます。

出資金額:100万円(10口)
利回り:5%
分配日:3ヵ月毎
運用期間:24ヵ月
運用期間 分配金
3ヵ月 3ヵ月
6ヵ月 2万5,000円
9ヵ月 3万7,500円
12ヵ月 5万円
15ヵ月 6万2,500円
18ヵ月 7万5,000円
21ヵ月 8万7,500円
24ヵ月 10万円+100万円(元本)

以上となります。上記を見てわかる通り、株などと異なり複利ではなく単利となっています。

100万円投資することで、2年後に合計で110万になっています。返済方法は元本を期間満了後に一括で返済する元本一括返済方式となっています。この方式は元本が最後の返済日まで残っているため、他の返済方法と比較して利息が最も多くなる返済方法です。

  また、エードMYバンクは案件によってキャンペーンをおこなっているため、キャンペーンの利益についても考えた方が良いでしょう。 例えば、エードMYバンク4号の場合は、1口(10万円)あたり、エード・ポイントが5000ポイント(1ポイント=1円)付与されるキャンペーンをおこなっています。

また、新規登録キャンペーンでもポイント獲得可能なため、100万円分買うと合計で53000円分のエード・ポイントを獲得することができます。このエード・ポイントは次回エードMYバンクで投資をする際に利用可能となっています。

分配利益とキャンペーンポイントを全て合計すると、1回の投資で100万円が115万3000円分になりました。年単位の利益は7.65%となり、一般的に投資は年利5%出せれば上出来と言われていることを考えると、充分良い投資と言えるでしょう。

エードMYバンクの口座開設手順


エードMYバンクの口座開設手順を紹介します。

Step1 サイトにアクセス
下記のサイトにアクセスしてください。
https://aidmybank.com/
 
Step2 新規ユーザー登録
「新規ユーザー登録」を押してください。
パソコンの場合は右上にある黄色のボタンです。
スマホの場合は右上のメニューバーをタップすると「新規ユーザー登録」の黄色ボタンが現れます。
 
Step3 個人情報の入力
入力必須の項目は以下です。
・指名(フリガナも)
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・パスワード
 
Step4 同意事項を確認
同意事項では、個人情報の取り扱いやサイトの利用規約について書かれています。
よくある注意事項ではありますが、トラブルが起きないように、しっかりと読んでおきましょう。
 
Step5 本人確認書類の提出
本人確認書類をアップロードしてください。本人確認書類は免許証、マイナンバーカード、保険証、パスポート、住民票の写しなどが必要になります。
 
Step6 マイナンバーの登録
マイナンバーの登録が必要になります。「マイナンバーカード」「個人番号通知カード」「個人番号が記載された住民票の写し」のうち、一つを用意して画像でアップロードしてください。
 
Step7 本人確認用の特定記録郵便の送付
エードMYバンクから郵便が届きます。この中には「審査が完了しました」という内容の紙に、着荷証明番号が書かれています。この着荷証明番号はエードMYバンクに初めてログインする時に使用します。この番号を入力することで、ようやくエードMYバンクを利用できるようになります。
 
Step7 会員登録完了
以上でエードMYバンクの会員登録は完了です。
※80歳以上の方は登録できないので、ご注意ください。
 

まとめ


いかがでしたか?
エードMYバンクは不動産投資クラウドファンディングの中でも、少額で取引可能なサービスです。他の不動産投資クラウドファンディングと異なる点は、不動産売買による利益の分配ではなく、テナント料をベースに利益を分配している点です。価格の下落リスクがある不動産売買に比べて、景気の悪化による打撃を受けにくい投資となっています。万が一の時でも売却しやすい不動産を選定しているため、貸し倒れなどは起きにくいと言えるでしょう。

また優先劣後システムにより、対象不動産の価格や賃料が下落しても、下落分はまずエードMYバンクが先に負ってくれるため、リスク対策がしっかりされている印象です。

まだサービスとしては、比較的新しいサービスとなっているため、実績までは見えませんが、現状貸し倒れや、返済遅延もなくしっかりと運用できています。今なら新規ユーザーキャンペーンもおこなっているので、気になる方は登録してみると良いでしょう。
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較 2018キャンペーン