当サイトおすすめ業者

クラウドバンクとmaneoを徹底比較!投資するなら?

クラウドバンクとmaneoを徹底比較!投資するなら?

ソーシャルレンディングは注目されている投資分野であることから、様々な事業者が存在し、それぞれ特徴やメリット、デメリットがあります。

クラウドバンクとmaneoにおいてもそれぞれソーシャルレンディング営業者として名が知られていますが、これから投資するならどちらを優先にしておきたいのか、投資家として投資ポジションを持ちたいものです。

そこで今回はクラウドバンクとmaneoを比較するだけでなく、分散投資として投資するにはどのように注意しながら両方活用していくのか、投資のポイントについてもお伝えします。

業界最大手のmaneo(マネオ)とはどんな業者?

maneo(マネオ)

ソーシャルレンディングで最大手の営業者と言えばmaneo(マネオ)

日本で最初にソーシャルレンディングサービスを展開したことでも知られており、その規模は業界全体の50%以上のシェアを誇っています。つまり、ソーシャルレンディングで資産を運用している投資家の2人に1人以上がmaneoを使っているということです。

経営しているmaneoマーケット株式会社はグループとして、複数の事業者の経営に携わっており、グループとして日本のソーシャルレンディング業界の先頭を走っている営業者なので、投資家からの信頼も頭一つ突き抜けている印象を受けます。

maneoの公式サイトへ

人気があるクラウドバンクとはどんな業者?

クラウドバンク(CrowdBank)

1万円からの少額投資ができるソーシャルレンディングと言えばクラウドバンク

不動産投資だけでなく、事業支援、再生エネルギーなど様々なファンドを募集しているため、投資に面白みを持ちたい投資家は満足できる内容となっています。また、分配金総額を着実に増やしているという事もあり、手軽にそして安全性を求めつつ投資を始めたいという投資家の思いも満たしてくれる営業者です。

クラウドバンクで募集される案件を見てみると、比較的短い期間(3ヶ月~6ヶ月前後)の案件が多いのも特徴で、短いスパンの運用期間を用いて資産運用を行いたい投資家にも向いている営業者とも言えるでしょう。

初心者の場合、いきなり長期案件を運用するには敷居が高いと感じる方は、クラウドバンクの様な短い期間のローンファンドから手をだしてみるのも一つの手だと思います。

クラウドバンクの公式サイトへ

利回りと運用期間、それぞれのファンドを比較

それではmaneoとクラウドバンクの利回りと運用期間を簡単に比較してみましょう。

maneoクラウドバンク
利回り(実績平均利回り)年5.0%~8.0%年6.78%
運用期間半年~1年前後ほど2ヶ月~1年
最低投資金額5万円~1万円~
募集案件内容不動産投資
中小企業支援
不動産投資
中小企業支援
自然エネルギー関連
グループ関連企業ありなし

利回りに関してはmaneo、クラウドバンクはほぼ似たような利回りを実現しています。

運用期間においてはmaneoは半年~1年前後がほとんどであり、クラウドバンクは運用期間で一番短い期間として2ケ月の案件もあります。クラウドバンクでの運用期間は1年未満のファンドがほとんどであり、運用期間を短く償還していきたい投資家にとっては、クラウドバンクを優先に投資するのがオススメだと言えるでしょう。

最低投資金額においてはmaneoは基本的に5万円前後~となっており、少しまったお金が必要になりますが、クラウドバンクは1万円からと少額投資ができるので少しのお金でも投資にまわしたい方にもクラウドバンクがおすすめと言えます。

また、募集案件の内容を見てみると、maneo単独だと不動産投資や中小企業支援が大半を占めますが、クラウドバンクはそれに加えて自然エネルギー関連のファンドも取り扱っています。貸し付け先に安定性を求める場合は、人気の再エネ案件も視野にいれてみると面白いかもしれません。

最後に、グループ関連企業としては、maneoは複数の事業を展開していますが、クラウドバンクはグループ企業がないので単独の運営となります。そう考えると、やはり営業者としての信頼で出資先を決める場合はmaneoの右に出る営業者はなかなか居ないのが現状です。

使う営業者を選定する基準は?

ではmaneoとクラウドバンクですが、利回りや運用期間がほとんど似ている事から一体どちらに投資をすればいいのかについて考えていきましょう。その判断として管理人は「安全性」「リスク」の面を考える事をおすすめしています。

カンパニーリスクを優先する場合はmaneo

企業のカンパニーリスクを考えるのであれば、maneoが優位と言えるでしょう。

理由としてmaneoを運営している「maneoマーケット株式会社」は、maneo以外にも自然エネルギー関連を主にソーシャルレンディングを行なっているグリーンインフラレンディング、アメリカ不動産関連を取り扱っているアメリカンファンディング、地方創生に重点をおいているさくらソーシャルレンディングなど全部で8社あります。

企業として分散して様々なソーシャルレンディングサービスを行なっているために、一つの貸し倒れや資金調達がうまくいかなかった時、グループとしてカバーすることができるという点では投資初心者も手が出しやすいのではないでしょうか。

さらにmaneoマーケット株式会社には様々な株主がおり、その中には大手銀行の関連企業もいることから株主から経営状態を見られているという面に関しては、安全面においてもメリットであると言えるでしょう。

マネオ
マネオ

国内最大手!期待利回り5.0~8.0%、償還実績多数の安心感で業界シェアNo.1を誇る業者といったらココ!

公式サイトはこちら

ファンドリスク、少額投資ならクラウドバンク

maneoが優れているならクラウドバンクには投資しなくていいのかと言うとそうでなく、クラウドバンクでも分散投資をすることで投資家は大きなメリットを得ることができます。

クラウドバンクは自然エネルギー(再生可能エネルギー)関連のファンドを取り扱うようになり、不動産投資、中小企業支援以外に分散する事で、ファンドリスクを抑えることができます。

▼クラウドバンクの再エネ案件が低リスクな理由!
クラウドバンクのバイオマス発電ファンドってなに?

そして少ない資金から資産運用を始めてみたいと思っている方にとっては、クラウドバンクの最大メリットである1万円からの少額投資も魅力的です。

「余裕資金で無理のない出資から始める」という点では、ファンドのリスクを抑え、少しの資金でも投資にまわしたい方にとっては使い安い営業者ではないでしょうか。

クラウドバンク
クラウドバンク

1万円から始める新しい資産運用!嬉しい3~6ヶ月の短期案件が多く、難しい知識も必要ないので初心者にもおすすめ!

公式サイトはこちら

分散投資を活用して賢く運用しよう!

maneoにはカンパニーリスク、クラウドバンクにはファンドリスク、少額投資というように営業者毎に違ったメリットが存在するように、各営業社毎に特徴が異なります。

出資する際にどの部分に重点を置いて営業者を決めるかは投資家次第ですが、双方のメリットを活かすためには分散投資が好ましいと言えるでしょう。

運用方法の一例としては、少額投資をクラウドバンクで始め、その後資金が纏まってきた時にmaneoの案件に投資をする。maneoで1万円前後の配当金が得られたなら、とりあえずクラウドバンクで少額で投資し運用にまわしていくなど、上手に使い分けて運用していくいことで、万が一の場合もリスクを分散させておく事が可能です。

当サイトのおすすめ業者はここ

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

小口分散」というリスク分散を方法を適用させることで、貸倒れのリスクを最小限まで抑えるクラウドクレジット。日本初となる国際展開を実現させ、初心者向けとなる「為替ヘッジあり」の案件も用意しているソーシャルレンディング業者。投資家のニーズに合わせた商品の出し方が特徴的で、投資家は自分のレベルやリスクを選んで投資先を選ぶ事が出来る。

▼1万円から不動産のプロが選んだ案件に投資可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められるオーナーズブック。不動産のプロにより結成されており、そんな不動産のプロが選んだ案件に投資できるのが何よりの魅力!全案件が都内の不動産でLTV率を80%に抑えた担保が設定されているので、安全性が高いという面からも初心者におすすめ。

日本クラウド証券の本社に直撃クラウドバンクインタビュー

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較