当サイトおすすめ業者

クラウドクレジット

1万円から海外ビジネスへ投資!

投資を始めたい人はこちら 公式サイトへ
クラウドファンディング人気業者ランキング クラウドファンディングをタイプ別に比較

クラウドクレジット 詳細情報

融資型

1万円から海外ビジネスへ投資!

ペルーやロシアなど海外のビジネスに1万円から投資して配当を得ることが可能!国内案件と比べて“高利回り”であり、為替リスクを軽減した為替ヘッジつきの案件、リスク分散しやすい案件など投資対象を自分で選べる面白さがある業者です。

  • 利回り

    7.00~14.70%

  • 最低出資額

    1万円~

  • 運用期間

    7ヶ月~3年

  • カテゴリー

    海外事業支援

クラウドクレジットで現在募集中の案件

過去の運用データからクラウドクレジットを分析!

  • 募集金額
  • 利回り
  • 案件数
  • 投資商品の割合
年間 月間
年間 月間
年間 月間
年間 月間

※このデータは当サイトの案件・ファンド情報を元に集計しています。

クラウドクレジットの基本情報

投資家向け情報最大14.7%!国内業者の中でも高い利回りを実現!

国内の融資型クラウドファンディング業者の中でも珍しい「海外案件」を取り扱っていることから、高い利回りが期待できる営業者クラウドクレジット。国内の低い利回り案件ではものたりない人や分散投資先の一つとしてもおすすめです!

利回り7.00~14.70%出資タイプ達成後支援型
最低出資額1万円~分配方法満期一括返済
元利金均等返済
元本満期一括返済など
運用期間7ヶ月~3年毎月の分配日
口座開設・維持手数料無料税金について投資家が受け取る分配金(匿名組合分配益)は、雑所得に該当し、確定申告をする必要があります。
・給与所得と退職所得以外の所得の合計が20万円以下の場合、原則として申告義務はありません。
・雑所得は他の所得と損益通算はできません。
・投資家の実態により、所得区分が異なる可能性があります。
入金・出金手数料入金:無料、出金:月1回まで無料(※銀行振込手数料は別途)
運用手数料ファンド毎に異なる
投資を始めたい人はこちら 公式サイト・詳細へ

クラウドクレジットのリスク・貸し倒れの心配は?

クラウドクレジットのリスク・貸し倒れについて

クラウドクレジットは海外案件への投資となるので為替リスクがあります。また、カメルーン案件においては一部で遅延が発生していますが、クラウドクレジットは貸し倒れ(デフォルト)リスクを想定した上で元本割れを抑えた案件を生成していることでも知られる業者。

万が一の問題が起きた場合に、担保と同様の効果がある資金回収の仕組みを取り入れています。また、為替リスクを軽減する為替ヘッジつきの案件や、7ヶ月~3年など幅広い運用期間の案件があるので、リスクを考えながら自分に合った案件を選ぶことが可能です。

クラウドクレジットのキャンペーン情報

クラウドクレジットのキャンペーン情報

またクラウドクレジットでは不定期にキャンペーンを開催!過去にはAmazonギフト券プレゼントやキャッシュバックなどが貰えるキャンペーンを開催しているので、お得に投資できるタイミングを逃さないよう早めに登録を済ませておきましょう!

今すぐ無料登録する 公式サイトはこちら

クラウドクレジットの会社概要

2013年に設立したクラウドクレジット株式会社。代表の杉山智行社長はロイズ銀行の出身で、日本国債や海外社債等の金融業務に携わった後、2014年にクラウドクレジットのサービスを開始しました。

また、クラウドクレジットは総合商社の「伊藤忠商事」が株主となっていることでも知られています。融資型クラウドファンディング業者の中でも伊藤忠商事のような大手企業と資本提携を結んでいる業者は他にないため、そのグローバル性が注目されている業者だと言えるでしょう。

クラウドクレジット株式会社の評価・評判

そして伊藤忠商事という大手企業の後ろ盾があるという面で、信頼性においては高く評価されているクラウドクレジット株式会社。定期的なセミナーや運用報告会などを行い、投資家からの信頼を得ています。公式サイトでは杉山社長のブログも公開されているので、海外事情や投資のヒントを知るために利用してみるのもおすすめです!

運営会社クラウドクレジット株式会社営業開始時間2014年6月
所在地千代田区麹町3-12 アネックス麹町 5階資本金195,250,000円
電話/FAX番号電話番号:0800-888-9610
従業員数10人
代表者名杉山智行登録免許金融業(第二種金商品取引業者:関東財務局長(金商)第2809号)
設立2013年1月
関連会社・株主伊藤忠商事株式会社
フェムトグロースキャピタル有限責任事業組合
有限責任事業組合フェムト・スタートアップ
マネックスベンチャーズ株式会社
株式会社GCIキャピタル
投資を始めたい人はこちら 公式サイト・詳細へ

クラウドクレジットの口座開設方法

  • PC版はこちら
  • スマホ版はこちら

1口座開設ページへ移動

クラウドクレジット口座開設方法 クラウドクレジット

まずはクラウドクレジットの公式サイトクラウドクレジットから「新規登録」ボタンをクリックし、口座開設画面へ移動して下さい。

2ログイン情報の登録

クラウドクレジット口座開設ログイン情報登録

次に新規会員登録を行います。ログイン用のIDやパスワードを入力し、次のページへ進んで下さい。次のページでは確認画面がでてくるので間違いがないか確認して内容を送信しましょう。

3メールを確認

クラウドクレジット口座開設メール確認

送信が完了すると本登録メールが届くので24時間以内にURLをクリックして下さい。また、届かない場合は「迷惑メールフォルダ」に入っている可能性があるので一度確認することをおすすめします。

4アカウント情報の登録

クラウドクレジット口座開設アカウント情報登録

次にアカウント情報の登録を行います。入力が必要な項目は全部で4つあるので上から順に行っていきましょう。

5同意及び確認事項

クラウドクレジット口座開設同意と確認

ではまずは「同意及び確認事項」のチェックからです。全部で5つの事項があるので①のPDFダウンロードを押して一つずつ確認していきましょう。確認が終わったら②の同意にチェックを入れて③のボタンをクリックして下さい。

6投資家適合性のチェック

クラウドクレジット口座開設投資家適合性チェック

次に投資家適合性をチェックします。また、投資の経験年数においては投資経験がなくても「経験なし」を選ぶことができるので安心して下さい。

7個人情報の入力

クラウドクレジット口座個人情報の入力

投資家適合性チェックが終わると次は個人情報の入力です。氏名、勤務先、振込先口座などの個人情報を入力して下さい。

8預託金に関する同意事項

クラウドクレジット口座開設預託金に関する同意

最後に預託金に関する同意事項の確認を行います。預託金口座とは投資の資金となる元本と投資で得た収益が一緒に投資専用口座に預けられるということ。毎回銀行に足を運ばなければならなかった再投資の負担や手数料がなくなるというメリットがあります。

9申請完了

クラウドクレジット口座開設申請完了

これで会員登録の申請が終了しました。その後2、3日ほどで会員登録完了に必要な5桁の数字が記載されたハガキが届くので待ちましょう。場所にもよりますが実際に管理人は3日でハガキを受け取ることができました。

10投資家コード記載ハガキの受け取り

クラウドクレジット口座開設ハガキの受け取り

書類送信後、「本人限定受取郵便物」にてハガキが届きます。この本人限定受取郵便物とは差出人が宛名に指定した本人以外受け取ることができない郵便物のこと。受け取り時には運転免許証や保険証など本人確認ができるものを手元に用意して受け取って下さい。

また、もしも不在であった場合には不在届けが入るので、お近くの郵便局での受け取り又は再配達での受け取りが必要となります。

多少面倒だと感じるかもしれませんが、クラウドクレジットはこの仕組みで本人確認を行っているため、通常の融資型クラウドファンディング業者が行っている免許証のアップロードなどの手間は省くことができます。

マイナンバーの提出は必要?
また、クラウドクレジットでは現在マイナンバーに対応する準備を進めているとのこと。2017年中に提出の連絡が届く予定となっているようです。

11マイページから投資家申請へ

クラウドクレジット口座開設投資家申請へ

それでは次にサイト内マイページから投資家申請のページに進みましょう。

12投資家コードの入力

クラウドクレジット口座開設投資家コードの入力

この画面にてハガキに記載された5桁の投資家コードを入力すると投資家登録完了となります。

13口座開設完了

クラウドクレジット口座開設完了

再びマイページへ戻ると投資開始用の振込口座が表示されています。しかし、注意書きにもあるように入金は投資申し込み後となるため、先に入金を行わないように注意しておきましょう。

スマホ版もPC同様の手順となります
投資を始めたい人はこちら 公式サイト・詳細へ

よく読まれている記事

関連記事一覧