当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

28.3%の高利回りも?クラウドクレジット為替ヘッジ案件の面白さ

28.3%の高利回りも!クラウドクレジット為替ヘッジ案件の面白さ

国内でも珍しい日本から海外事業へ投資することができる投資型クラウドファンディングとして、あの伊藤忠商事が注目していることでも知られるクラウドクレジット

他の投資型クラウドファンディング業者と比べて10%前後の期待利回りが見込めることから人気を集めていますが、そんな中クラウドクレジットの「カメルーン中小企業支援ファンド3号」が、運用開始時の期待利回り13.2%を大幅に上回る“28.3%”という驚きの高利回りで満期償還を迎えました。

しかし、その一方で同時に償還を迎えた「東欧金融事業者支援ファンド4号」では損失などはでていませんが、予定していた期待利回りが少し下がって償還されています。

一体この利回りの差はなんだったのでしょうか。そこにはクラウドクレジットが為替リスクを軽減するために設定している「為替ヘッジ」が関係しているようです。

というわけで、今回はクラウドクレジットで償還された「カメルーン」「東欧ファンド」の案件を例に、高利回りも夢じゃない!?為替ヘッジ案件の特長や面白さについて解説していきましょう!

為替リスク、為替ヘッジの考え方について

クラウドクレジットの為替リスク、為替ヘッジの考え方について

では最初に、クラウドクレジットの為替リスク、為替ヘッジの考え方について、簡単に説明しておきましょう。

国内の投資型クラウドファンディング業界の中でも海外事業に特化した案件に投資ができるクラウドクレジットでは、投資時に日本から集めた日本円を外貨に換金して投資を行います。そのため、償還時に外国為替レートが変動することによって、外貨を再び日本円へ換金する際に差益や差損が発生する為替リスクが生じるというわけです。

そこで、リスクヘッジとしてクラウドクレジットが2015年から取り入れているのが「為替ヘッジ」つきの投資案件になります。

為替ヘッジとは?
為替ヘッジとは為替レートの変動によって起こる損失をなくすことができる為替リスクの軽減方法です。ただし、為替ヘッジはコストがかかるので、リスクが減る代わりに収益も減ってしまうというデメリットもあります。

このように、クラウドクレジットでは案件に為替ヘッジをつけることによって為替リスクを軽減していますが、為替ヘッジにはコストがかかるというデメリットもあります。このコストがかかることによって結果的に利回りが下がってしまうので、より高利回りを狙いたい投資家にとっては逆に為替ヘッジそのものがデメリットと感じる可能性もあるでしょう。

そのため、クラウドクレジットの案件には為替リスクを考慮して安全性を高めるための「為替ヘッジあり案件」と、コストをかけずに利益を追求した「為替ヘッジなし」の両案件を用意しているという特徴があるのです。

しかし、気になるのは為替ヘッジありとなしの案件どちらを選んだらいいかというところだと思います。そこで、実際にあった案件を例として、この2つのタイプについて見てみましょう。

「為替ヘッジあり」の東欧金融事業者ファンドで利回りが下回った例

まずは、期待利回りが募集時より下回る結果となった「東欧金融事業者支援ファンド」についてです。

【為替ヘッジあり】東欧金融事業者支援ファンド4号

為替ヘッジありの東欧金融事業者支援ファンド4号の償還実績
投資資金総額:17,080,000円
資金運用日数:195日
募集時期待利回り:10.0%
ファンドの実現収益率:9.5%
(計算期間:2016年6月30日~2017年2月5日)

この案件では期待利回りの10.0%に対して、最終的な実現収益率が9.5%と下回っていることが分かります。しかし、この案件は「為替ヘッジあり」の案件のはずです。なぜこのような結果になったのでしょうか。

この案件に関して、クラウドクレジットは償還レポートで次のような説明を行いました。

なお、ファンド募集時に見込んでいた10.0%の期待利回りに届かず、実現収益率が9.5%となった理由として、ファンド販売時点で見込んでいたユーロ・円の為替予約コストに対してファンド運用開始時の為替予約コストが大きくなってしまったことがあげられます。

具体的には、募集時の想定が「円プレミアム51銭(=ユーロ円の直物レートに対して51銭円高の価格で為替予約を予定)」だったのに対して、実際のコストが「円プレミアム78銭(=ユーロ円の直物レートに対して78銭円高の価格で為替予約を実施)」となったため、コスト増となりました。

引用:クラウドクレジット東欧金融事業者支援ファンド4号の満期時報告

このように、為替ヘッジは為替リスクを軽減してくれるという面ではとても有効的なリスク軽減方法となりますが、コストがかかるというデメリットがあります。そのため、この為替ヘッジのコストによって、例え期待利回り通りに満期を迎えたとしても最終的に利回りが下がってしまう可能性もあるということです。

しかし、9.5%の利回りと言えば、他の案件と比べてもかなり高いほうですよね。今回は利回りが当初の期待よりも下がってしまったわけですが、損失が起きたというわけではありません。むしろ、大きく変動する可能性が高い新興国の為替レートを考えれば、多少利回りがさがったとしてもリスク軽減に努めた方がいい場合もあります。

よって、為替ヘッジのある案件に関しては、利回りが下がっても為替リスクの影響を気にせず投資したいという方向きの案件だといえるでしょう。

では次に、為替ヘッジなしの案件の例を紹介します。

「為替ヘッジなし」のカメルーン案件で28.3%の高利回りを実現した例

これは、クラウドクレジットで満期償還となった「カメルーン中小企業支援ファンド3号」です。

【為替ヘッジなし】カメルーン中小企業支援ファンド3号

為替ヘッジなしのカメルーン中小企業支援ファンド3号の償還実績
投資資金総額:29,040,000円
資金運用日数:210日
募集時期待利回り:13.2%
ファンドの実現収益率:28.3%
(計算期間:2016年6月15日~2017年2月5日)

このように募集時の期待利回り13.2%に対して、最終的な実現収益率は28.3%と非常に高い収益を上げることに成功しています。

利回りが跳ね上がった理由として、ユーロ建のカメルーン案件において運用開始時に1ユーロ当たり113.26円だった換算レートが、運用終了時には1ユーロ当たり122.38円と円安に動いたという背景があったようです。

もちろん、すべての為替ヘッジなしの案件がこのように利回りが跳ね上がるわけではなく、この案件ではプラスになったものの、逆を考えると実現収益率が下がっていた可能性もあるのは忘れてはいけません。

しかし、最終的に想定以上に収益が上がる可能性があるというところが、他の運営会社では味わえない為替ヘッジなし案件に投資する面白さだと言えるでしょう。

クラウドクレジットで高い収益性を求めるなら、為替ヘッジなし案件が面白い

クラウドクレジットで高い収益性を求めるなら、為替ヘッジなし案件が面白い

このように、2つの例から見てみると、あくまでも管理人個人の意見としては、クラウドクレジットでより高い収益を求めるのなら最終的に利回りが大きく跳ね上がる可能性がある為替ヘッジなしの案件に投資した方が面白いのではないかと思っています。

基本的に投資型クラウドファンディングで投資する方は、FXや株などとは違う投資への安全性を一番に求めている方も多いとは思いますが、クラウドクレジットに登録する方は多少リスクをとっても高い利回りで運用したいという投資家が多い印象です。そのため、予想外の収益が手に入るという投資の面白さが味わえるというところに興味を惹かれる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、為替リスクの他にも、海外事業への投資ということから国内投資にはないリスクがありますが、そのリスクを十分理解したうえで分散投資先として利用するにはうってつけだと思います。海外投資に興味のある方、高い利回りで運用したいという方は一度公式サイトを確認してみてください。

▼今回紹介した運営会社はこちら!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り12%以上の案件も!海外事業へ少額1万円から投資でき、高金利収入が狙える新しい資産運用を提供!

公式サイトはこちら
クラウドクレジットインタビュー

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較