当サイトおすすめ業者

みんなのクレジット行政処分から見るクラウドクレジットの健全性は?

2017年3月24日にソーシャルレンディング業界を大きな衝撃が走りました。

成立募集額が40億円を超えて話題となっていた業者「みんなのクレジットが行政処分の勧告を受ける」というニュースが流れたのです。

この報道を受けて、やはりソーシャルレンディングは危険な投資先ではないのか?という認識を持ってしまった方、投資している運営会社に対して不安を抱いた方も多かったのではないかと思いますが、そんな中いち早く投資家に向けて安心できる情報を発信したのが「クラウドクレジット」です。

クラウドクレジットは伊藤忠商事が株主となっており、業界内でも信用がある運営会社としても知られている業者。みんなのクレジットの行政処分を受けて、いち早く投資家へ情報を発信したクラウドクレジットについて、今回はその運営の健全性を知ることができる内容を確認していきたいと思います。

今回のみんなのクレジットの行政処分の件で、ソーシャルレンディング自体に不安を抱いた方、やはり危険な投資先ではないのかと疑問に感じている方は参考にして下さい。

クラウドクレジットが行政処分について言及

それではクラウドクレジットが投資家に向けて発信した情報の内容を見てみましょう。

証券取引等監視委員会による特定の第二種金融商品取引業者に関する行政処分の勧告について

●当社は自己資産とファンド資産について厳格な分別管理を実施しており、お客様の投資資金についての適切な管理を実施しております。

●お客様の投資資金は、全て当社グループ外の最終資金需要者に対する貸付や貸付債権の購入に充当させております。具体的には、匿名組合出資事業は当社のグループ会社への貸付であるものの、当該貸付金には使途制限が付されており、グループ会社は各ファンドが指定する特定の事業に対してのみファンド財産を使用しております。これらの投資スキームおよび投資先は、当社のウェブサイトの商品説明ページ及び契約締結前交付書面でご説明しているとおりです。

●さらに全てのファンド財産の移動については、契約書または約款に基づく適法な契約関係に基づいて実施されており、契約事項から逸脱するファンド財産の流用等はございません。

●運用されているファンドの状況(債務履行状況、貸付先の信用状況、回収状況等)については、当社ウェブサイト上の運用報告書を通して適切に開示をさせていただいております。

当社では引き続きより多くの種類の魅力的な投資機会をお客様にご提供する一方でコンプライアンス、オペレーションの体制の強化、運用自体と運用報告の体制の強化を行って参りますので、お客様におかれましては引き続きご愛顧のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

クラウドクレジット株式会社 代表取締役
杉山 智行

※クラウドクレジット公式サイトより一部を抜粋

このように、みんなのクレジットの行政処分が勧告されたその当日に、クラウドクレジットが公式サイトでこの情報を公開しました。

クラウドクレジットに関しては上記の内容の通り、投資家の出資金を適切に分別管理しており、ファンド状況の公開を行うなど健全な運営体制であるということがこの報告から分かります。

もちろんこの文章を発表したからと言って、これも嘘ではないのか!?と言ってしまえば、嘘ではないと管理人が断定することはできませんが、不安に思っている投資家に対してこのような対応をとってくれるクラウドクレジットに誠実さを感じます。

また、冒頭でもお話したように、クラウドクレジットは株主に伊藤忠商事という大手総合商社がついているので、あの伊藤忠商事が信頼もない会社の株主になるわけがないと考えると、その健全性は高いと言えるでしょう。

信頼ある運営会社を利用するには?

そして、ソーシャルレンディング業界に激震が走ったみんなのクレジットの行政処分に関して、管理人も実際に投資している身であったため、正直なところ資金が戻ってくるのかということに対して不安を抱いている状態です。もちろん投資なのでリスクは覚悟していましたが、実際に運営会社の管理体制に問題があったとなると、少し憤りを感じる部分もあります。

しかし、これはあくまでも個人的な意見ですが、ソーシャルレンディング自体が危険だとは思っていません。と言うのも、やはり健全な運営会社は健全に運営を行っているからです。今回クラウドクレジットが投資家に向けて発信した情報を紹介しましたが、実際にクラウドクレジットや業界でも長年続いているmaneoなど実績を持っている業者もあります。

そのため、全てのソーシャルレンディング運営会社が危険なのかと言われるとそうではないということを念頭に置いておきたいところなので、投資する際には運営会社の株主や案件の情報がどこまで開示されているかなど、会社情報や案件情報を確認するようにしておきましょう。また、分散投資としていくつかの運営会社を利用して投資先に偏りがないようにしておく。これが一番大切です。

ソーシャルレンディングは今後新規参入の運営会社が増えていくことが予想されますが、クラウドクレジットのような情報の開示をしっかりと行ってくれる健全な運営会社が増えることに今後期待したいと思います。

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら
クラウドクレジット償還実績ありの狙い目案件

関連記事一覧