当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

クラウドクレジットが預託金口座を開始!手数料はどうなる!?

クラウドクレジットが預託金口座を開始!手数料はどうなる!?
追記:預託金口座ついにサービス開始!
開始が延期されていた預託金口座がついに2016年11月1日(9:00~)よりサービス開始!それに伴い最低投資額も1万円になったようです。すぐに知りたい方はコチラからチェックして下さい。

ラテンアメリカや欧州をはじめとする海外企業へ投資でき、国内の投資型クラウドファンディング業者の中でも10%以上の高金利が期待できると話題のクラウドクレジット

そんなクラウドクレジットがついに「預託金口座」を開始しました!これにより、今まで投資家が負担していた手数料や手間が軽減されることになり、クラウドクレジットへの投資がもっと効率的に行えるというメリットがあるようです。

そこで、今回はそもそも預託金口座とは何か?預託金口座の開始で入金・出金時の手数料はどうなるのか?に焦点を当て、今後クラウドクレジットでお得に投資を行うために知っておきたい情報を紹介します。

預託金口座って何?

まずは、預託金口座とは何かということから説明していきましょう。

預託金口座と言われてもピンとこない方も多いと思いますが、ここで言う預託金口座とはクラウドクレジットが投資家ごとに開設する「専用取引口座」のことです。

というのも、今までのクラウドクレジットでは新規・再投資にかかわらず、投資する案件ごとにわざわざ指定された銀行口座へ投資金を振り込まなければ投資できないという欠点がありました。

しかし、この専用取引口座を利用すれば資金をプールすることができる上に、投資する度にかかっていた銀行での手数料や振込作業が軽減されるというメリットがあります。

クラウドクレジットが開始した預託金口座とは

このように、預託金口座があれば預けた投資金や得た分配金を好きな時に引き出すことができ、再投資の際も預託金口座から簡単に投資することができるという仕組みです。

つまり、投資の度に銀行に行って振り込むという手間や手数料が不要になるということ!この預託金講座がなかったことで、今までクラウドクレジットでの投資は面倒くさいと感じていた方も多かったと思いますが、今後はスムーズに投資が楽しめるでしょう。

しかし、預託金口座が開始されたことで気になるのは、今後クラウドクレジットで投資する際にかかる入金・出金手数料はいくら?というところだと思います。では次に、クラウドクレジットで投資する際の手数料について解説していきましょう。

クラウドクレジットの手数料は?

クラウドクレジットの手数料は

今回、管理人は「預託金口座サービス開始に伴いどんな手数料がかかるのか?」ということをクラウドクレジット側に確認しました。そこで、実際に得られた回答を紹介しましょう。

「手数料について」クラウドクレジット側の回答

これまでは投資いただく度にその投資資金をお振込いただいていたので、 都度、振込手数料がお客様負担という流れになっておりました。

9月からは事前に投資資金をご入金いただき(預託金口座への振込手数料はお客様負担)、 ご入金いただいている金額の中からご投資いただく流れになります。 (預託金口座からのご投資いただく際の販売手数料はいただいておりません)

また、預託金口座からの出金手数料は月1回は 無料でございますが、2回目以降は756円(税込)の手数料を頂きます。

この回答を見る限り、今後クラウドクレジットの入金でかかる手数料は、最初に銀行から預託金口座に入金する場合の“振込手数料のみ”となるようです。

また、出金手数料に関しては月1回までは無料(2回目以降は税込756円)なので、出金回数に気をつけていれば手数料も最小限に抑えることができるでしょう。

つまり、何度も入金・出金を繰り返すとその分余計な手数料を支払わなくてはならなくなるので、今後クラウドクレジットで投資する際には「入金・出金の回数」に十分注意して投資するべし、ということになりますね。

クラウドクレジットでの投資にかかる手数料
・振込手数料…預託金口座に入金する場合のみ投資家負担
・出金手数料月1回無料。ただし2回め以降は756円(税込)。

今後は、入金の際に必要な投資額だけを入金するのではなく、再投資のことも頭に入れて一度にある程度まとまったお金を入金するなど振込手数料を抑える工夫を行うことが大切です。

また、出金手数料も月1回無料という利点を活かし、1度にまとめて引き出すことで手数料を最小限に抑えることができるでしょう。

手数料なんてたかが数百円、と思う方もいるかもしれませんが、少額投資を行っている方にとってはバカにならないものです。せっかく預託金講座ができるので、少しでもお得に投資するためにも入金、出金の回数に気をつけて投資を楽しみましょう。

珍しい海外投資案件で高金利を狙おう!

今回はクラウドクレジットの預託金口座、手数料についてお話しました。

このように、預託金口座の開始で更にスムーズな投資が行えるようになったクラウドクレジットですが、これまでもカメルーンやペルー、欧州など様々な海外企業に投資できる珍しいファンドを提供しています。そして、国内投資型クラウドファンディング業者の中でも10~12%以上の高金利案件が多い投資先として人気が高いです。

もしも、高金利を狙ってお金を貯めたい人、海外の面白い投資案件に興味がある方で登録していない方は、是非この機会に便利になったクラウドクレジットを体験してみて下さい。

公式サイトはこちら

追記:預託金口座のサービス開始、最低投資額の変更について

2016年8月29日時点で、クラウドクレジットは預託金口座に関して当初予定していた9月のサービス開始を延期するとのことでした。

しかし、ついに2016年11月1日(9:00~)から正式に預託金口座のサービスを開始すると発表!それに伴い、今まで5万円だった最低投資額が1万円に変更され、今後ますます投資しやすいサービスへと生まれ変わったようです。

↓公式に発表された内容。

お客様の「預託金口座」の開始につきまして

この度、クラウドクレジット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:杉山 智行、以下「当社」)は、延期となっておりました「預託金口座」を2016年11月1日から開設するとともに、ファンドの最低投資金額の1万円への引き下げ(現在は5万円)、別途設立の「クラウドクレジット・ファンディング合同会社」を通じたファンド投資など、お客さまの利便性を高める投資スキームの変更を行います。

(略)

このことにより、お客様のお振込みに係る手間や手数料が軽減され、また、分配があった資金をプールしていただくことで、タイムリーに再投資を実行していただけるようになるなど、お客さまの利便性が向上します。

(※1)お客さまからの「預託金」については、専用の銀行預金口座を設け、当社固有の財産と分別して管理いたします。

(※2)お客さまは、いつでも預託金口座にプールした資金を引き出しいただくことが可能です。引き出しにあたっての手数料は、月1回まで無料といたしております。

※クラウドクレジットの公式サイトより転載

この文章の通り、預託金口座ができたことで今まで投資するたび面倒だった銀行振込の手間や手数料が大幅に軽減されます。

また、最低投資額も1万円からになりました。一度預託金口座にお金を預けておけば、余っているお金で違うファンドに投資するなど再投資しやすい環境になっているのも嬉しいところです。

ますます投資しやすくなったクラウドクレジットを利用して高金利の海外投資をはじめてみましょう!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら
クラウドクレジットインタビュー

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較