当サイトおすすめ業者

ついに5,000人突破!クラウドクレジット人気急上昇の背景は?

ついに5,000人突破!クラウドクレジット人気急上昇の背景は?

融資型クラウドファンディングの中でも珍しく、世界のローンに分散投資ができる投資先として知られているクラウドクレジット(CrowdCredit)が注目を集めています。

クラウドクレジットの発表によると、2017年5月には過去最多となる単月で700人に迫る登録を記録!その勢いは止まることなく、ついに全体でのユーザー登録数が5,000人を突破したとのことです。

一体なぜそんな急成長を遂げているのか、今回はクラウドクレジットのユーザー登録数が5,000人を突破した背景からその人気の秘密を探ります。

クラウドクレジットのユーザーが5,000人突破!

それでは早速クラウドクレジットが発表したデータを見てみましょう。

クラウドクレジットのユーザー登録数増加のグラフ
※このユーザー登録数とはクラウドクレジットを利用するために、メールアドレスを登録した人の数を表しています。

このグラフを見ても分かるように、クラウドクレジットのユーザー登録数は2014年のサービス開始から、およそ2年間の間はそこまで急激な伸びはないように感じます。しかし、2016年後半から特に2017年に入ってからはそのユーザー登録数も右肩上がりで増加傾向にあるようです。

クラウドクレジット人気の背景は?

クラウドクレジット人気の背景は

しかし、一体なぜクラウドクレジットへの関心が集まっているのでしょうか。

冒頭でもお話したように、クラウドクレジットは融資型クラウドファンディングの中でも海外の投資案件を取り扱っており、他業者にはない特長を持っていることでも知られています。

特に利回りの面に関しては最大14.7%と他業者よりも高い利回りが期待でき、国内案件に投資するだけではもの足りないという投資家からの支持を集めていることが推測できるでしょう。

よってやはり高い利回り設定がクラウドクレジットの人気の理由か?と言われると、必ずしもそうではないと考えます。なぜなら、クラウドクレジットでは最近人気の「カメルーン中小企業支援プロジェクト」において遅延が発生するなど、必ずしも思う通りに運用ができていない案件もあるからです。

そのため、必ずしも高い期待利回りが得られるから人気が高いとは考えにくいでしょう。ではなぜこのようにユーザー登録数が増加しているのかと考えると、その背景には「海外ローン」への投資に興味を持つ人が増えているという事が考えられます。

海外ローンへの関心高まる?

クラウドクレジットの海外ローンに対する関心

海外ローンと言ってもピンとこない方もいるかもしれませんが、クラウドクレジットが提供している案件は、maneoのような国内の事業支援ではなく、カメルーンやペルーなど海外の発展途上国、新興国などの事業者となります。

海外は日本とは異なり、圧倒的に事業の支援が足りていないという点、また必要な資金を調達できないという問題を抱えている事業者が多いのが現状です。そこで、そんな資金不足の海外の国へ日本のような貯蓄思考が高くお金が余っている状態の国から融資を行うことで、資金の需要と供給を繋ぐ仕組みを作っているのがクラウドクレジット。

投資家はクラウドクレジットを通して、ただ海外の事業者に融資するだけでなく、リターンとして高い金利収入を得ることができるのも魅力の一つです。

そして、そんな日本と海外の資金需供を繋ぐクラウドクレジットに目をつけたのが、日本でも大手総合商社として知られている「伊藤忠商事」。数ある融資型クラウドファンディング業者の中でも伊藤忠商事がクラウドクレジットと資本提携を結んだ背景には、海外と日本の資金を繋ぐという他営業者にはないグローバル性や成長見込みがあったからだと推測します。

クラウドクレジットの株主である伊藤忠商事

よってそんな大手商社が目をつけているという観点からも、クラウドクレジットのユーザー登録数が増えている理由が考えられるでしょう。

また、ここ最近では融資型クラウドファンディングの営業者が行政処分を受けるなど、融資型クラウドファンディングの問題点が露出しているイメージがありますが、その中でもクラウドクレジットは運用報告会を開催したり、コンプライアンスブログを発信するなど、信頼という面で利用者を増やしている業者でもあります。

そんなクラウドクレジットが今後どこまでそのユーザー登録数を伸ばしていくのか、今後どのような案件を提供していくのか、その動きに注目です。

▼公式サイトはこちら

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら
クラウドクレジット償還実績ありの狙い目案件

関連記事一覧