当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

株式型クラウドファンディング「ファンディーノ」の審査に落ちた…。

株式型クラウドファンディング「ファンディーノ」の審査に落ちた…。

日本初の株式型クラウドファンディングサービスとして話題となっているファンディーノ(FUNDINNO)ですが、ついに投資家登録が開始されたということで、管理人も早速申し込んでみました!

ところが、まさかの登録審査に落ちるというハプニングが発生…!

一体なぜファンディーノの審査に落ちてしまったのか? 今回はその原因と、初めて日本で解禁された株式型クラウドファンディングで投資する敷居の高さについて考えていきたいと思います。

ファンディーノでまさかの登録審査落ち…。一体何が起こったのか!?

それではまず今回の経緯についてですが、日本初の株式型クラウドファンディングサービスということで興味があった管理人は、これまでと同様に審査基準は融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)とあまり差異はないだろうということでファンディーノの登録申請を行いました。

するとその翌日、ファンディーノを運営する日本クラウドキャピタルから届いたのは、投資家登録の“審査に落ちた”というメール。

株式型クラウドファンディングファンディーノの登録審査落ちメールの内容

管理人は普通の一般人ですが、投資家適合性のチェックにおいても特に審査落ちしそうな項目は入れていないはず…。まさか登録審査に落ちると思っていなかったので正直ショックでした。

やはり融資型クラウドファンディングと違って株式型クラウドファンディングの敷居はかなり高いのか!? 一体なぜファンディーノの審査に落ちたのかその原因を自分なりに推測してみました。

ファンディーノの審査に落ちた原因は!?

その1. 年収

株式型クラウドファンディングファンディーノの登録条件(年収)

まず、原因の一つとして考えられるのは「年収」。ファンディーノの投資家適合性チェックでは年収の選択肢が「50万円未満~3000万円以上」まで用意されています。

ちなみに管理人はだいたい平均的であろう年収を選択しましたが、審査に落ちてしまいました。もちろん年収が審査の大きな基準となっているのかは定かではありませんが、株の取引だということも考えると、ある程度の収入が必要な可能性はあるでしょう。

その2. 金融資産

株式型クラウドファンディングファンディーノの登録条件(金融資産)

次に「金融資産」です。金融資産は「5万円未満~3000万円以上」の選択肢がありましたが、やはり投資のリスクを考えると、ある程度の余裕資産があるに越したことはありません。

ちなみに、株式型クラウドファンディングは未上場企業の株を購入する投資。投資した企業の成長が楽しみである反面、資金を全額失ってしまうというリスクがあります。そのため、現在は1人の投資家が一社に投資できる上限額が年間50万円以下と決められていますが、損失のリスクに備えて必ず余裕資産内で投資するということは認識しておく必要があるでしょう。

その3. 投資経験

株式型クラウドファンディングファンディーノの登録条件(投資経験)

そして最後は「投資経験」です。投資経験の項目では株式(現物)から投資信託などの様々な投資の項目が用意されています。

しかし、先程お話したように、株式型クラウドファンディングは未上場企業の未公開株を購入する投資です。そのため、上場企業の株であればすぐに売却できる市場がありますが、未公開株の場合は買い手がいなければ簡単に売却することができないという問題が発生します。よって通常の株式投資とは異なるという点で、少しでも株の知識があるに越したことはないかもしれません。

やっぱり、株式型クラウドファンディングは敷居が高い?

株式型クラウドファンディングは敷居が高い?

しかし、これらの話はあくまでも管理人の個人的な推測。よって実際は何がファンディーノ登録への主な審査基準となっているかは分かりません。

ただし、全く投資内容が異なるにしろ、同じクラウドファンディングと名がついている投資先でも融資型と比べると、株式型クラウドファンディングの方が敷居が高いのは確かです。

よって、今回審査に落ちてしまったという方や株式投資の経験がないという方は、少額から高利回りで資産運用が行える融資型クラウドファンディングでコツコツとお金を貯めていくのも一つの方法です。

管理人も今はひとまず融資型クラウドファンディングでの投資を続けて、機会があればまた株式型クラウドファンディングの申請へ再チャレンジしてみたいと思います。

当サイトおすすめの融資型クラウドファンディング業者はここ

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

小口分散」というリスク分散を方法を適用させることで、貸倒れのリスクを最小限まで抑えるクラウドクレジット。日本初となる国際展開を実現させ、初心者向けとなる「為替ヘッジあり」の案件も用意しているソーシャルレンディング業者。投資家のニーズに合わせた商品の出し方が特徴的で、投資家は自分のレベルやリスクを選んで投資先を選ぶ事が出来る。

▼1万円から不動産のプロが選んだ案件に投資可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められるオーナーズブック。不動産のプロにより結成されており、そんな不動産のプロが選んだ案件に投資できるのが何よりの魅力!全案件が都内の不動産でLTV率を80%に抑えた担保が設定されているので、安全性が高いという面からも初心者におすすめ。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較