当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

なぜ!?ラッキーバンクとトラストレンディングを金融庁が検査か

なぜ!?ラッキーバンクとトラストレンディングを金融庁が検査か

2017年2月、衝撃的なニュースが入ってきました。

人気の投資型クラウドファンディング業者、ラッキーバンクを運営する「ラッキーバンク・インベストメント株式会社」と、トラストレンディングを運営する「株式会社トラストファイナンス」(現エーアイトラスト株式会社)に金融庁の検査が入っているようです。

2016年12月にはみんなのクレジットにも金融庁の検査が入りましたが、その時も投資家達の間で大きなニュースとなりました。(※現在みんなのクレジットの検査は終了しています。詳しくはこちらを確認して下さい。)

しかし、なぜラッキーバンクとトラストレンディングにも金融庁の検査が入ったのか?まずは金融庁の公式サイト「証券取引等監視委員会」が実施している、検査実施中の金融商品取引業者を確認してみましょう。

金融庁の公式サイトでラッキーバンクとトラストファイナンスの名前を確認
↓最新情報はこちらから確認できます
証券取引等監視委員会の公式サイト

現在多くの業者が検査の対象となっているようですが、その中にやはりラッキーバンクを運営する「ラッキーバンク・インベストメント」と、トラストレンディングを運営する「トラストファイナンス」の名前がありました。

一体なぜ、ラッキーバンクとトラストレンディングに金融庁の検査が入ったのか?

一体なぜ、ラッキーバンクとトラストレンディングに金融庁の検査が入ったのか?

それにしてもなぜラッキーバンクとトラストレンディングに金融庁の検査が入ったのでしょうか?問題を起こしているならまだしも、ラッキーバンクと言えば、案件が瞬殺でなくなることでも有名で、トラストレンディングは2chなどでも評価の高い業者です。

そこでこれはあくまでも管理人の憶測ですが、みんなのクレジットの件と言い、投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業界全体に、金融庁の検査が入るという流れがきている可能性もあります。

また、投資型クラウドファンディング業者が運営を開始するために取得しなければならない「第二種金融商品取引業」について、公認会計士の方が解説しているサイトではこのような文章がありました。

検査官は、ある日、突然やってきます。
原則は、抜き打ち検査です。
検査が始まれば、資料だけではなく、メール、机の中にあるものまで、すべて見られてしまいます。

引用:第二種金融商品取引業ドットコムより引用

このようにある日突然、金融庁から検査官がやってくる場合もあるようです。よって必ずしも問題がある業者だから金融庁の検査が入るということではないようです。

現に業界最大手の投資型クラウドファンディング業者の「maneo」や、先程からお話している「みんなのクレジット」でも業務停止などの処分を受けることなく、検査が終了している事例があります。

しかし、業務停止といえば、過去に証券会社が運営する「クラウドバンク」が、3ヶ月の業務停止の行政処分を受けたことがあり、その時は分別管理が適切に行われていないというのが原因でした。(※今は運営を再開しています。)

よって、ラッキーバンクやトラストレンディングも、万が一金融庁から指摘されるような問題があったのなら、その時は業務停止など何らかの指摘があるでしょう。

ただし、先程もお話したように金融庁の検査は必ずしも問題があるから実施されるというわけではないようです。みんなのクレジットのように無事検査を終了している業者もあるので、不安な方は他の業者を利用するようにしておきましょう!

▼今回紹介した業者はこちら

ラッキーバンク
ラッキーバンク

期待利回り年6%~10%(税引前)以上の不動産投資!全案件不動産担保付きで1万円から始められるので初心者でも安心!

公式サイトはこちら
トラストレンディング
トラストレンディング

期待利回り6~10%と高い利回りが人気の業者!安全性を考慮した担保付き案件もあるのでも初心者にもおすすめ!

公式サイトはこちら

当サイトのおすすめ業者はここ

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

小口分散」というリスク分散を方法を適用させることで、貸倒れのリスクを最小限まで抑えるクラウドクレジット。日本初となる国際展開を実現させ、初心者向けとなる「為替ヘッジあり」の案件も用意しているソーシャルレンディング業者。投資家のニーズに合わせた商品の出し方が特徴的で、投資家は自分のレベルやリスクを選んで投資先を選ぶ事が出来る。

▼1万円から不動産のプロが選んだ案件に投資可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められるオーナーズブック。不動産のプロにより結成されており、そんな不動産のプロが選んだ案件に投資できるのが何よりの魅力!全案件が都内の不動産でLTV率を80%に抑えた担保が設定されているので、安全性が高いという面からも初心者におすすめ。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較