当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

どんな業者?maneoの特徴・評判・感想を総まとめ!

どんな業者?maneoの特徴・評判・感想を総まとめ!

日本で初めて誕生したソーシャルレンディング営業者、maneo(マネオ)。実際に管理人も利用している営業者ですが、セミナーに参加した経験や実践結果を踏まえて、どのような営業者なのかを詳しく解説していきたいと思います。

maneoとは?

マネオ

まず、maneoは2008年に日本で初めてサービスを開始したソーシャルレンディングサービス。日本初のサービスということもあってか、maneoは業界でもシェア数no.1の高い人気を誇っている業者です。

また、これまでの成立ローン総額は800億円を超えており、他のソーシャルレンディング業者と比較しても、ダントツの実績を持っている業者でもあります。よってそのことからも、maneoは業界最大手として、ソーシャルレンディング投資家なら一度はその名前を耳にしたことがある業者だと言っても過言ではないでしょう。

maneoの公式サイトはこちらから

maneoのメリット

それでは、管理人が実際に利用して分かったmaneoのメリット・デメリットを紹介しておきます。まずは他の営業者と比較してmaneoが優れていると感じる点を3つ。

maneoのメリット
・最大手業者なので安心感がある
・とにかく案件数が多い
・キャンペーン案件が豊富

最大手業者なので安心感がある

maneoのメリット1

投資に興味はあるけれど、どこの業者を利用すれば良いのかわからない、そのような悩みを抱えている時、とりあえずその分野における最大手の業者を選んでおけば失敗することはまずないでしょう。どこの業界においても、最大手と呼ばれる業者は安心感が強く、信頼できます。

実際に管理人もいくつかの業者に投資していますが、maneoは最大手という安心感があることから投資先の一つとして選びました。投資した時はまだ管理人もソーシャルレンディング初心者と言える経歴であったため、最初はmaneoの「業界シェア数No.1=みんなが利用している」という安心感は大きかったです。

そのため、もしもこれから初めてソーシャルレンディングを始めるという人がいるのであれば、業界最大手であること、そして何よりも実績が豊富という点でmaneoは安心感がある業者としておすすめです。

とにかく案件数が多い

maneoのメリット2

そして、大事なお金を投資にまわす以上、できるだけリスクが少なく、そしてリターンの大きい案件を選びたいと誰もが思うことでしょう。しかし、良い案件を探そうにも、案件数そのものが少ないと他と比較し辛く、何よりも分散投資をしてリスクを減らすことができなくなります。

その点、maneoは業界の最大手ということもあってか、非常に多くの案件が揃っており募集が多いです。業者によっては1案件ずつしか募集を行わない場合もあるだけに、投資できる機会が多いmaneoはリスク分散がしやすく、自分のスタイルに合わせて投資しやすいというメリットがあります。

maneoでは一度に複数の案件が募集に出されるため、投資家は常に様々な条件のローンファンドを取捨選択し、その時の状況に合わせて最良のポートフォリオを組めるというわけです。

キャンペーン案件が豊富

maneoのメリット3

これから初めて投資を始めるという投資家は、業者の特徴やサービス、メリットやデメリットも大事なのですが、それとは別にもう一つ、キャンペーンの有無もチェックしておいた方が良いでしょう。

投資関連の業者は時として、非常に手厚いキャンペーンを用意していることが多く、これを逃すのはとても勿体ないです。折角キャンペーンが用意されているのであれば、利用しない手はないでしょう。

そこで、これからソーシャルレンディングを始めるにあたり、maneoがおすすめできる理由の一つとしてキャンペーンの豊富さがあります。maneoでは「サマーキャンペーンローン」など、季節ごとに様々なキャンペーンが実施されているのです。

キャンペーン案件は通常案件よりも利回りが高くなっていたり、運用期間が短めに設定されている場合があるので、利用者にとっては嬉しいところ。管理人は現在、「成立ローン総額800億円突破記念ローンファンド」に投資していますが、なにかの記念ごとにキャンペーン案件を出してくれるのも投資家にとってはメリットですよね。

maneoの公式サイトはこちらから

maneoのデメリット

しかし、メリットがあるならば当然デメリットが存在します。そこでここからは管理人が感じたmaneoのデメリットを3つ挙げてみました!

maneoのデメリット
・利回りが微妙…
・担保がない案件がある!
・案件に面白みがない

利回りが微妙…

maneoのデメリット1

maneoは確かに案件の数こそ豊富で選択肢が多いのですが、その一方で全体的に利回りが低めというデメリットがあります。

利回りも5~6パーセントである案件が多く、10%を超える案件は滅多にないです。ちなみに、maneo以外では「クラウドクレジット」や「グリーンインフラレンディング」など利回りが10%を超える案件が多く、リスクはともかくとしてリターンに関してはmaneoよりも高くなる傾向があります。

案件が多いとリスク分散ができるため、万が一のことがあっても安心です。しかし、リスクよりも利益を重視している投資家からするとmaneoは冒険心が少なく、やや魅力に欠ける業者となります。maneoは収益を重視する投資家よりも、リスクを分散させたい投資家向きの業者だと言えるでしょう。

担保がない案件がある!

maneoのデメリット2

案件の数が豊富だと様々な案件に投資できるだけに、一つや二つ利益を回収できない案件が発生したとしても、残りの案件から利益を回収することができます。これぞリスク分散の最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、いくらリスク分散しておけば多少の損失が出ても他でカバーできるといっても、投資した案件の大部分が失敗に終わってしまうと、成功した案件の数が少ないだけに、損失を利益でカバーできなくなってしまいます。

maneoが用意している案件には残念ながら、担保なしの案件が紛れていることがあるため、注意しましょう。もちろん、担保なしの案件であっても利益を得られる可能性はあるのですが、万が一貸し倒れなどの事態が発生した時、債権は回収されず、失敗に終わるかもしれません。

それだけに、万が一の事態を想定して、投資する案件はできるだけ担保のある案件に絞った方が良いでしょう。全ての案件に担保がついているわけではないので、投資をする際には担保はどうなっているのか、投資家は注意深く確認しておく必要があります。

案件に面白みがない

maneoのデメリット3

maneoは案件の数こそ業界の中では多い方に属するのですが、種類に関して言うとそれほど多様というわけではありません。一つしか選べないというわけではありませんが、大部分が不動産担保付きローンファンドとなります。

毎回似たような案件ばかり紹介されると、いくら利益率が高く、メリットの多い案件だったとしても、投資家としては面白みに欠けることでしょう。

maneo以外の業者の中には、非常に多様な案件を用意しているところもあります。例えば、クラウドバンクなんかは人気の再生可能エネルギー(太陽光やバイオマスなど)、不動産、中小企業支援など種類が豊富で、様々な案件を選ぶことが可能です。

もちろん、種類が少なかったとしても、利益さえ出ていれば問題はないでしょう。ただ面白みがない分、maneoは他と比べて飽きやすい業者とも言えます。実際に管理人も最初こそmaneoで投資していたものの、最近は様々な業者が登場しており、他の業者に目移りしてしまうことがあるのも正直な話です。

maneoの会社情報、営業実績は?

maneoの会社情報

そして、maneoで投資する前に知っておきたいのが会社情報営業実績です。前述したように、maneoは業界最大手として、ソーシャルレンディング業界では知名度が高い業者ではあります。

しかし、まだネット上では「怪しい」という言葉も調べられているようなので、ここでmaneoの運営会社について調査した結果をまとめてみました。

maneoの会社情報
会社名maneoマーケット株式会社
設立2007年8月30日
代表取締役社長瀧本憲治
所在地東京都千代田区内幸町1丁目1番7号 NBF日比谷ビル24階
資本金308,518,500円
主要株主・GMOクリックホールディングス株式会社
・株式会社VOYAGE VENTURES
・MICイノベーション4号投資事業有限責任組合
その他

maneoを運営するmaneoマーケット株式会社は2007年8月30日に設立した会社。前述したように、日本国内においては初めてソーシャルレンディングを開始した会社としても知られており、現在はGMOクリック証券の親会社でもある「GMOクリックホールディングス株式会社」など大手企業が株主に名を連ねています。

また、maneoと言えば、管理人は以前「maneoマーケット主催の投資家セミナー」に参加した時に、代表の瀧本憲治社長にお会いしたことがありました。瀧本社長は今では10社程あるmaneoグループのソーシャルレンディングサービスを束ねる代表とも言える人物。やはり業界のことを知り尽くしているなという印象を感じた覚えがあります。

maneoの営業実績

次に、maneoの営業実績を見ていきましょう。

下記のデータは当サイトが公開している「ファンド情報」を元に集計したmaneoの募集金額の推移グラフです。

maneo募集金額の実績

上記のグラフは直近3年のデータになりますが、グラフを見ても分かるように、maneoは2014年以降、順調に募集金額を増やしているようです。

確かに、ここ最近のmaneoを覗いてみても、投資案件は一向に減る気配はありません。むしろ以前と比べると増えているような気さえするので、それだけmaneoに需要があるということなのでしょうか。どちらにせよ今後も勢力的にmaneoが活動していくことは期待できそうです。

▼さらに詳しいデータはこちらから確認できます
maneoの運用データを分析

怪しい?詐欺の可能性がないか念のため調査

また前述したように「maneo 怪しい」と調べている人がいるのも事実。そこで念のため、運営会社であるmaneoマーケット株式会社の金融免許の取得状況についても調べてみました!

すると、第二種金融商品取引業の登録に関しては、金融庁の公式サイトでしっかりとその名前を確認することができたので安心して下さい。

maneoマーケット株式会社の金融免許取得状況
▲金融庁が公開しているデータより

また、maneoは関連会社であるmaneo株式会社が貸金業の登録免許を取得し、役割分担をしています。仕組みなどさらに詳しい情報は下記の記事にも記載しているので、気になる方は参考にしてみて下さい。

maneoの案件の特徴

では、ここからmaneoの案件の特徴も知っておきましょう!

利回りは5~8%!

maneoの特徴1_利回りは5~8%

投資をするにあたり、投資家はどの業者を選べばよいのでしょう?世の中には多くの業者があり、それぞれ特徴があります。コストが安かったり、リスクが低かったり、大手であったりなど、様々な比較すべきポイントがありますが、利回りも業者を選ぶ上で重要な比較ポイントです。

maneoが紹介する案件は数こそ豊富ですが、その利回りは5~8%までに留まっていることが多いです。5~8%という数字は悪くはありませんが、業界でもっとも良い利回りというわけではありません。前述したようにmaneo以外の業者の中にはmaneoよりも高利回りな案件を紹介しているところもあります。

関連記事▶利回りが高いのは?投資型クラウドファンディング業者を徹底比較!

ただ、maneoの案件の全てが5~8%というわけではありません。maneoではたまにキャンペーンや記念ファンドとしてより高利回りな案件が募集されることがあります。利回りの高いものからそうでないものまで、様々な案件を用意しているというのがmaneoの特徴です。

選べる投資額、運用期間!

maneoの特徴2_選べる案件

どれほど利回りが高くても、募集している案件の数が少ないと投資家に選択肢がなく、興味のある案件が見つからないかもしれません。たとえ魅力的な案件があっても、投資額が予算をオーバーしていたり、運用期間が長すぎると投資意欲が冷めてしまうことでしょう。

その点、maneoは募集している案件が非常に豊富という魅力があるため、投資家は投資額や運用期間を自由に、そして好きに選べるというメリットがあります。案件が豊富だと少額で、短い期間で運用できるなど、希望に合致した案件が見つかるでしょう。

また、案件の数が多いとハイリスクハイリターンな案件に投資しつつ、同時にローリスクローリターンな案件にも投資をすることでリスクを分散することが可能となります。それだけに、安全に取引したい投資家には豊富な案件を用意しているmaneoは向いていると言えるでしょう。

担当者の顔が見える

maneoの特徴3_担当者の顔が見える

インターネットが発達している今の時代、昔と違ってネット上で売買やサービスを受けることが多くなっています。確かにそれは便利なのですが、その一方でそもそも自分は一体、どのような相手と取引をしているのか、顔がわからないという不安に常に晒されていることになります。

もちろん、ネットの業者といってもそれぞれで、中には10年以上続いているような信頼できる業者もあるでしょう。しかし、そうでない業者の場合、どのような人たちが運営しているのか、担当者は信頼できる人なのか、気になるところです。

maneoは案件を紹介するにあたって、担当者のコメントと、さらにその担当者の顔写真を同時に掲載しています。よくわからない第三者ではなく、現実にそこにいる担当者が自分の言葉で案件を紹介しているだけに、そこに書かれているコメントや情報は信頼が置けます。それだけに、投資の参考となるでしょう。

maneoの公式サイトはこちらから

maneoの安全性、リスクについて

それでは、ここからはmaneoの案件の安全性やリスクについて、今一度確認しておきましょう。maneoは業界でも最大手として人気がある業者ですが、投資である以上必ずしも安全だとは言い切れません。

maneoのリスク

まず、maneoのリスクとしては「貸し倒れ、返済遅延」などが考えられます。ソーシャルレンディングにおいて貸し倒れ、返済遅延はプロジェクトが失敗に終わる、投資先が倒産するなどで投資家の資金が返ってこないリスクのことです。

その中でも貸し倒れはソーシャルレンディング最大のリスクとも言われており、本当に資金が返ってこない状態を指します。また、返済遅延は貸し倒れになる前の状態、つまり資金の返済が遅れている状態のことを指し、必ずしも資金が返ってこないわけではありません。

今まで貸し倒れや遅延が発生したことは?

では、今までmaneoでは貸し倒れや返済遅延が起きたことはないのでしょうか?

結論から言うと、maneoでは過去に貸し倒れ、返済遅延が発生しています。貸し倒れに関して詳しくは「maneoは安全か?実際にあった貸し倒れ被害を徹底調査!」にも記載していますが、maneoでは過去個人向けローンファンドにて貸し倒れが発生しました。

そのため、現在maneoは個人向けローンファンドの取り扱いを行っておらず、事業者向けローンに切り替えてからはまだ貸し倒れは1件も起きていません。(※2017年8月時点の情報)

しかし、maneoでは今まさに貸し倒れが起きるのではないかと言っても過言ではない案件があるのも事実です。実はmaneoでは2017年3月に返済遅延が発生しており、2017年8月17日に瀧本社長から届いたメルマガによると、債務者会社の破産や連帯保証人の破産があったとの情報が記載されていました。

まだ貸し倒れが確定したと公式サイトでは発表されていないので、断言することはできませんが、どうやら事業者向けローンファンドでの貸し倒れ1号がでそうな予感…。しかし、maneoはすでに担保不動産の売却を進めているようで、投資家の元本は回収できそうな見込みだということです。

まだ回収についても見込みなので断言することはできませんが、元本だけでも返済されるに越したことはありません。また、この一件から管理人は改めて担保の重要性を確認することができました。

追記
maneoで貸し倒れが発生したと言われていた案件ですが、10月6日にmaneoの瀧本憲治社長から報告がありました!
どうやら、記載はしていなかったものの担保に取っていた不動産が売却でき、
1.貸付元本の全額
2.デフォルト時までの利息
3.デフォルト時から今までの遅延損害金の一部
を回収できたようです。

初心者がmaneoで投資する際の注意点

それでは、そんなmaneoの案件に初心者が投資する際の注意点として、管理人が知っていてもらいたいのが下記の2つ!

初心者がmaneoで投資する際の注意点
初心者の注意点
・担保の有無を確認しよう!
・GMOクリック証券より公式サイト!
・早期償還の可能性も!

担保の有無を確認しよう!

前述したように、maneoでは貸し倒れが発生したのではないかという情報があります。また、投資は基本的に自己責任です。いくら信頼できる業者が紹介しているからといって、ノーリスクで儲かる案件なんてまずありません。

そのため、投資をする際にはしっかりと、この案件は本当に投資して良いのか、貸し倒れのリスクはないのか、万が一の時のために担保はついているのかなど、必要な情報は事前に確認しておきましょう。

maneoが紹介する案件の中には、担保がついていない案件もあります。もしもそこを見落とし、投資をしてしまった場合、何事もなければ予定通り利益が得られますが、仮に貸し倒れなどの事態が発生した場合、債権が回収されない恐れがあります。投資をする際には担保のある案件なのか否か、自分の目で確かめましょう。

GMOクリック証券より公式サイト!

また、知らない人もいるかもしれませんが、実はmaneoはGMOクリック証券からでも投資ができます。GMOクリック証券はFXや株で有名な業者なだけに、利用している人も多くいることでしょう。

それだけに、ソーシャルレンディングをするにあたり、GMOクリック証券よりmaneoの案件に投資をする投資家もいるのでしょうが、案件を探すのであればmaneoの公式サイトにアクセスしてからの方が良いでしょう。

というのも、GMOクリック証券よりも、maneoの公式サイトで紹介している案件の方が数が豊富であり、何よりも利回りが高い案件が多く用意されているからです。公式サイトの案件をチェックすることで、魅力的な案件を見落としせずに投資をすることができます。

早期償還の可能性も!

そして、いくら短期の案件だからといって、資金は早めに戻ってくるに越したことはありません。また今は経済が安定しているからといって、将来も経済が安定し続けている保障はなく、下手をすれば明日にでも経済が不安定になる可能性もあります。

その点、maneoでは早期償還が頻繁に行われているため、予定していた最終償還日よりも早く資金が戻ってくるかもしれません。

もっとも、その場合は利回りが募集していた時と比べて低下してしまうので、早く運用が終わる可能性もあることを頭に入れておきましょう!しかし、早期償還で早めに資金が回収されれば、リスクやストレスに晒される期間を短縮することができます。貸し倒れが起きるより全然良いことだと捉えることもできるでしょう。

▼現在募集中の案件はこちら
maneoの案件情報をみる

maneoで投資してみた感想

そんなmaneoで投資中の管理人。実際に投資してみてどうなのか?という感想です。

管理人は、今までに3案件に投資して、第一回、二回とも無事に分配金を受け取ることができたので報告したいと思います。また、その内1案件は償還された資金をさらに再投資中です。

そこで気になる分配金合計はと言うと、今までに860円(※税引き前)と5万円しか投資してない割にはそこそこの額となっているので満足しています。

maneoから分配金を受け取りました

ちなみに、1案件目は投資してすぐに償還された記憶があります。ほとんど運用が行われず、償還されたので最初からこれほど早く返ってくる案件もあるのかと驚いていました(笑)

しかし、2案件目は通常通りに運用が行われ、無事に償還もされています。やはりいくつか償還案件がでてくると、更に投資してみようかという思いも湧いてくるわけで、また新たに追加入金しようかと考えているところです。興味がある方は是非一度利用してみて下さい。

▼公式サイトをチェック!

マネオ
マネオ

国内最大手!期待利回り5.0~8.0%、償還実績多数の安心感で業界シェアNo.1を誇る業者といったらココ!

公式サイトはこちら

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較