当サイトおすすめ業者

maneoで延滞が発生か!?投資家のお金はどうなる?

maneoで延滞が発生か!?投資家のお金はどうなる?
追記
maneoで貸し倒れが発生したと言われていた案件ですが、10月6日にmaneoの瀧本憲治社長から報告がありました!
どうやら、記載はしていなかったものの担保に取っていた不動産が売却でき、
1.貸付元本の全額
2.デフォルト時までの利息
3.デフォルト時から今までの遅延損害金の一部
を回収できたようです。

投資に絶対はなく常にリスクは付き纏うもの。投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)も金融商品である以上は投資なので、望んでいない自体が投資家には起きる可能性があります。

最大手営業者のmaneo(マネオ)においては順調に貸し倒れがない状態が続いていましたが、最近投資ファンドに延滞が発生したことが発表されました。この延滞発生において、今後はどのような流れが考えられるか見ていきましょう。

maneo(マネオ)で延滞が発生したというお知らせ

maneoのサイトからある投資ファンドに延滞のお知らせが発表されました。

投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、下記融資案件について、2017年3月28日の元利金の未回収が発生いたしましたので、対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、投資家の皆様への分配について、以下の通りご報告させて頂きます。

なお、下記対象ファンド以外の全ファンドにつきましては、2017年3月28日の約定返済は回収済みであり、延滞等は発生しておりません。

1.融資案件の概要

案件ID   5195
貸付実行日  2015年11月6日
融資金額   35,000,000円
最終返済日  2018年11月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=280
残高     22,689,544円

案件ID   5197
貸付実行日  2015年11月6日
融資金額   22,258,152円
最終返済日  2018年11月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=281
残高     14,429,337円

案件ID   5220
貸付実行日  2015年11月11日
融資金額   12,740,000円
最終返済日  2018年11月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=291
残高     8,227,813円

転載元:【延滞発生に関するご報告】(maneo)

最近のソーシャルレンディングは行政処分が下る事例が発生するなど、投資家にとってはソーシャルレンディングを不安視せざる得ない状態になっているのも事実です。

そのタイミングで延滞発生の知らせが届いたため、多くの投資家が驚く結果となってしまったわけですが、内容としては事業性資金支援ローンファンドとして募集したAV社に対する融資において、上記の3案件で元利金の未回収が発生がしたというもの。

36回での分割返済の約定で融資を行い、債務者より2017年2月28日まで15回の返済を受けているものの、返済の遅延案件が発生したことでデフォルトが生じる可能性を示唆しています。

なお、延滞が発生した3案件以外の案件は予定通り運用が行われているとの事なので、この案件以外に投資している方はデフォルト(貸し倒れ)の心配はありません。

担保は設定されているのか?

ソーシャルレンディングで貸し倒れが発生した時に、唯一投資家の資産を守ってくれる取組みが担保や保証といったシステムですが、今回延滞が発生した案件をmaneoの公式ページ内で確認すると担保も保証も設定されていませんでした。しかし、発表には以下のように記載されています。

2.経過

2017年3月中旬に本件融資における延滞の懸念を認識いたしました。債務者との連絡は続けておりますが、債権者として満足する状況の把握には至っておりません。

投資家の皆様へはローンファンド詳細画面で告知いたしませんでしたが、別途1社2名との連帯保証契約および保有不動産に対する第2順位での根抵当権設定契約を締結しておりました。

融資実行当初は登記留保の状態でしたが、現在は登記申請し、登記済みの状態となっています。投資家の皆様に告知しなかった理由は、これらの保全措置は融資金の全額を担保できるものとは言い難く、投資判断上の誤解を避けたいがためでした。

現在すでに、法的手続き等による回収行動を開始しております。詳細については、継続的に該当の投資家の皆様へお伝えいたします。

転載元:【延滞発生に関するご報告】(maneo)

これはつまり、「ファンド画面内では“担保&保証なし”と掲載していたけど、実は担保は設定してたよ!」という旨の内容です。

設定されていないと思っていたはずの”担保”が、実は設定されていた。

なんとも驚く内容の話ですが、ファンド画面内で担保告知を行わなかった理由を、保全措置は融資金の全額を担保できるものとは言い難かったとmaneo側は説明しています。

延滞が発生してしまったという点では残念な事態となってしまいましたが、maneo側の説明を読む限り「100%担保出来るものでなければ”担保”と呼べない」という意味合いが込められているようで、maneoの意識の高さが伺えたのではないでしょうか。

延滞発生の回収の見込みについて

投資家として気になる点はやはり「回収の見込みはあるのか」という点でしょう。この件に関して、maneoは以下の様に発表しています。

3.回収の見込み

状況把握に努めておりますが、現時点では回収については不明の状況です。今後、あらゆる手段で回収を試みます。

転載元:【延滞発生に関するご報告】(maneo)

このように、資金回収についての明確な回答はありませんでした。現時点では資金の回収目処は経っていないような印象を受けます。

しかし、“担保=融資金の全額を担保できるもの”と考えているmaneo側の認識を汲み取ると、一部の元金は戻っても100%はわからないと説明しているように受け取ることもできるため、ある程度の資金回収は目処が経っているのかもしれません。

maneoの対応は投資家として納得できるものだった

今回、国内最大の営業者で延滞が発生してしまったわけですが、冒頭でも述べたように金融商品である以上は投資家にはリスクが付き纏いますし、投資している投資家もそのリスクは承知で出資しているはずです。

本音を言えば、延滞案件やデフォルトになるような事態は今後避けてもらいたいというのが投資家としては正直なところですが、金融商品である以上、サービスが拡大していくに連れてそのような事例も増えてくる事でしょう。

ただ、今回の延滞の発表を受けて、管理人はクラウドポート主催のソーシャルレンディングサミットに参加させて頂いた時の安達氏(maneo)の言葉を思い出しました。

安達氏は「未来永劫貸し倒れが起きないというのはあり得ない。事故が起こってしまった場合、なぜ起こったのかということをいかに投資家に納得してもらえるような説明ができるか重要。」と発言しており、その点については今回の対応は投資家も納得できるものだったのではないのかと思います。

今回の事態を受けて投資家が注意する点

兎にも角にも、投資家としては損失が出るという事態は避けたい所です。今回の延滞発生を受けて、今後投資家はどのような点に気を付けて出資先を選ぶ必要があるか考えてみましょう。

前提として”分散投資”を行う

これは散々当サイト内でも伝えてきた事ですが、ソーシャルレンディングで資産を運用する際は必ず分散投資を心掛けましょう。

今回のmaneoの例を考えてみても、AV社以外の貸付先では予定通り運用が行われているため、一つの貸付先だけで運用を行わなければ最悪のケースは防ぐ事ができます。

幸いな事に、ソーシャルレンディングは1つの案件に数万円という少額から出資を行うことができるため、余剰資金を上手く振り分ける事でリスク軽減を図るように心掛けることが大切です。

担保の有無を事前に確認しておく

今回の案件は、表面上担保が設定されていと言うのは予め通知された上で募集が行われていましたし、これは投資家が出資する段階で確認する事ができます。

結果的に言えば「別途1社2名との連帯保証契約および保有不動産に対する第2順位での根抵当権設定契約を締結しておりました」とmaneo側が説明している通り、担保が設定されていたわけですが、デフォルトの事を考えるのであれば担保ありと記載されている案件に出資するように心掛けましょう。

ついにmaneoで貸し倒れ発生か!?

そして2017年8月17日に最新情報が届きました。

maneoの社長、瀧本氏が投資家向けに配信したメルマガに、返済遅延が発生していた案件で「債務者会社の破産や、連帯保証人の破産があった」と記載していたのです。これはある意味、貸し倒れが起きた状態であると言え、恐れていた事態に発展したとも言えるでしょう。

しかし先程「ある程度の資金回収は目処が経っているのかもしれない」と前述した通りに、現在は担保の不動産を売却している最中で元本の全額回収見込みがあるとも瀧本社長は話しています。

そのため、投資家としては元本だけでも返ってくる可能性が高いということで、ひとまずは安心できる情報になるのではないでしょうか。今までmaneoは該当する投資家には月2回程度、進捗状況を伝えていたとのことですが、今回該当しない投資家にも情報を送ったということは元本回収の可能性は極めて高いと判断しているのかもしれません。

まだ全額回収見込みとのことなので、事態が完全に収拾するまでは安心できませんが、ひとまず最新情報が分かっただけでも問題解決へ向けて事が進んだように感じます。今後も新たな情報が入り次第追記していきたいと思うので、気になる方はチェックして下さい。

マネオ
マネオ

国内最大手!期待利回り5.0~8.0%、償還実績多数の安心感で業界シェアNo.1を誇る業者といったらココ!

公式サイトはこちら

当サイトのおすすめ業者はここ

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

小口分散」というリスク分散を方法を適用させることで、貸倒れのリスクを最小限まで抑えるクラウドクレジット。日本初となる国際展開を実現させ、初心者向けとなる「為替ヘッジあり」の案件も用意しているソーシャルレンディング業者。投資家のニーズに合わせた商品の出し方が特徴的で、投資家は自分のレベルやリスクを選んで投資先を選ぶ事が出来る。

▼1万円から不動産のプロが選んだ案件に投資可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められるオーナーズブック。不動産のプロにより結成されており、そんな不動産のプロが選んだ案件に投資できるのが何よりの魅力!全案件が都内の不動産でLTV率を80%に抑えた担保が設定されているので、安全性が高いという面からも初心者におすすめ。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較