当サイトおすすめ業者

オーナーズブックでよく見るメザニンローン、シニアローンって何?

オーナーズブックでよく見るメザニンローン、シニアローンって何?

オーナーズブック(OwnersBook)は安全性の高い案件への投資ができるとして、ソーシャルレンディング初心者からベテラン投資家まで幅広い層の投資家に人気の営業者です。しかし、オーナーズブックの投資対象案件を見ているとメザニン、シニアとあまり見慣れない言葉が見られます。

あまり気にせずに投資している人もいるかもしれませんが、投資前にリスクは最大限理解しておきたいもの。そこでメザニンローン、シニアローンという言葉の意味を知り、オーナーズブックのリスクを考えてみましょう。

シニアローンとは

シニアローンとは

シニアローンとは事業資金などの調達のために、自己資金以外で銀行から融資を受けたお金のことです。

まず自己資金のことを「エクイティ」と呼びますが、これはもちろん融資を受けないので金利などは発生しません。しかし、住宅の購入などが代表例ですが、自己資金だけで足りない場合は銀行などの金融機関から融資を受ける必要があります。

この金融機関から受ける融資にあたる部分が「シニアローン」と呼ばれており、金利としては中程度である代わりに、投資内容の実現性や事業者の資金繰り事情など、様々な点が考えられて融資が行われています。

また返済に関しても厳密なルールが定められているので、債権者にしてみれば、低金利である変わりに色々な決まりもあるので、必ずしも使い勝手が良いものとはいえないのです。

メザニンローンとは

メザニンローンとは

それでは、もう一つのメザニンローンとは何でしょうか。

「メザニン」とは中二階のことを指す英語でありエクイティ、シニアローンだけでは調達できない資金に対する融資のことを指します。

例えば5億円の事業資金が必要な時に自己資金で1億、シニアローンで3億用意できたとします。それでも足りない1億円を補うのがメザニンローンです。事業者にとってはメザニンローンは色々なところから調達ができるため、金融機関の審査ほど厳密ではなく調達に対しての利便性が高いというメリットがあります。

その一方で、金利は高めに設定されるためリスク自体は高くなります。逆に言えば投資家は、事業者が返済できない可能性も踏まえて、金利を高めにしてリスク回避をしているとも捉えることも出来るでしょう。

ただし、返済に関してのルールも事業を運営した中から生まれた利益から金利のみ返済、満期で融資を受けた資金を一括返済できるなど、自由なルール作りが行える面がメリットになっています。事業計画に合わせて各々の都合を加味して返済計画も変えられるのは、事業者にとっては大変ありがたい制度です。

オーナーズブックの財務構造

オーナーズブックの案件詳細を見ると、それぞれの物件でメザニンローンとしていくらを、シニアローンとしていくらを融資するか見ることができます。(メザニンローンのみというケースもある)

オーナーズブックがその不動産をいくらで査定し、その物件に対する融資額と一緒に表示されているので、担保売却によりどれほど回収できる可能性が高いかは、数字を見れば瞬時に判断することが可能です。加えて、メザニンローンでの融資という場合でもかなり担保額に対し余裕を持って融資を行っているので、資金回収ができないという確率は非常に低いといえます。

メザニンローンのリスクについて

メザニンローンのリスク

一方でメザニンローンにはいくつかのリスクがあることも知っておかなくてはいけません。

まず、メザニンローンは貸し倒れが発生した場合、担保を売却して債務を返済しようとした時に、シニアローンよりも優先度が低くなります。金融機関から融資を受けた分をまず返済し、その残金でメザニンローンを返すというのが一般的になっているため、優先して返済されないというリスクが生じます。

オーナーズブックの場合だと、同社が判断した物件の審査額と融資をする額が記載されているので、メザニンローンだとしても返済される可能性がどの程度なのかを見てから判断をすることが可能です。しかし、もし他社で投資案件を検討する場合に、詳細なメザニンローンの金額や物件の審査額が入っていない場合は、万が一を考えて投資案件にしないほうが良いかもしれません。

そして、もう一つはオーナーズブックもそうですが、メザニンローンの金利はシニアローンよりも高めであるということです。高い金利で融資をするからこそ、投資家にも分配金が配当されるわけですが、高めの金利はそのまま貸し倒れのリスクを大きくする要因とも言えます。

その点は十分注意をしておきましょう。ただしこれまでも述べてきたように、オーナーズブックは金利が全体的に低めです。その点では他社案件よりも、リスク回避に気を配っている結果と言えるでしょう。

まとめ

オーナーズブックは単純に利回りだけを見れば、あまり良い投資先とはいえないかもしれません。しかしリスク回避の取り組み、投資家への情報開示は他社よりも優れたものがあり、投資の際に信頼に足るものだと言えるでしょう。

また、銀行預金などと比べれば圧倒的に高利回りとも言えますし、売却によって超高利回りを得られるチャンスもあります。

最近では人気も上がってきて、募集開始とともに投資枠が一杯になることも増えているので、ローリスク、ミドルリターンの投資先として、これからさらに投資家の注目を集めていくことでしょう。

▼詳しい情報は公式サイトで!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら
オーナーズブックインタビュー

関連記事一覧