当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

沖縄から誕生!ポケットファンディングとはどんな業者?

沖縄から誕生!ポケットファンディングとはどんな業者?

日本の最南端「沖縄」から新たな投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスが誕生!

その名もポケットファンディング(PocketFunding)。ポケットファンディングは国内でも今地価上昇などで注目されている沖縄の不動産に1万円から投資することができるサービスです。

今回はそんなポケットファンディングとは一体どんな業者なのか? なぜいま沖縄が注目されているのかなどポケットファンディングの全貌を見ていきたいと思います!

ポケットファンディングとは?

ポケットファンディング
ポケットファンディング

いま注目の沖縄から誕生した投資型クラウドファンディング。沖縄の担保付き不動産へ1万円から投資可能です!

公式サイトはこちら

ポケットファンディングは沖縄県にある会社「ソーシャルバンクZAIZEN株式会社」が運営している投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスです。

ソーシャルバンクZAIZEN株式会社は沖縄県でM&A、事業承継、後継者問題などの支援を行っている会社で、2017年8月に新たな事業としてポケットファンディングを開始しました。

ポケットファンディングは沖縄発のクラウドファンディング業者という特色もあってか、WEBサイトもどこか沖縄を彷彿させるデザインとなっています。しかし、投資家として気になるのはやはり「利益がでそうな業者なのか?」という点ですよね。

調べてみたところ、ポケットファンディングのサイト上に掲載されていた目標投資利回りは“4.00%~”と少々低め。しかし、実際の案件を見てみると期待利回りが8.00%と高水準な投資案件もあることが分かります。

ポケットファンディングの投資案件

ちなみに2017年8月サービス開始とまだ新しい業者ですが、投資案件を見ると募集が埋まっているものばかりです。このような利回りの高さに加え、2017年12月29日までは「キャッシュバックキャンペーン」も実施されていることから人気があることが窺えます。

ポケットファンディングの特徴

それではここで利回り以外のポケットファンディングの特徴を見てみましょう!

少額1万円から投資可能!

投資型クラウドファンディング「ソーシャルレンディング」の魅力とは少額から投資ができるところであり、ポケットファンディングもそんな魅力に見合う業者です。一口一万円からという非常に少額からの投資が可能なので、資産が少ない人であっても手軽に投資できる環境が整っています。

運用期間は12ヶ月が中心!

さらに、12ヶ月で運用が終了する案件が中心となるため、早めに投資の結果を出したい投資家や、あまり長期間にわたって大切な資産を投資に回したくないという投資家にほどおすすめとなります。また、投資案件の中には6ヶ月というさらに短い期間の案件もあれば、反対に24ヶ月という長期にわたって投資できる案件もあるので、様々な案件を試すことが可能です。

沖縄の優良な案件を厳選!

ポケットファンディングは沖縄発のクラウドファンディングということもあり、沖縄の物件に強みのある業者となります。もちろん、沖縄にあるからといって、全て優良な物件というわけではありません。中には債権が回収できるか怪しい物件もあることでしょう。

その点、ポケットファンディングでは厳格な審査を通過できた優良な案件を対象としているだけに、沖縄の物件の中でも特にリスクの低い物件に投資することができます。

投資をしているからといって、国内のあらゆる地域の情報に精通しているということはないでしょう。特に沖縄の場合、不動産開発案件が進んでいるといっても、具体的にどのように進んでいるのか、沖縄の不動産に投資することがどれだけ魅力的なことなのか、なかなか遠く離れた場所にいるとわかりにくいかもしれません。

ポケットファンディングはそういう意味では、沖縄の不動産投資に興味のある投資家にとって最適な業者といえるでしょう。なにしろ現地に会社があるだけに、どこの業者よりもリアルで、確実な沖縄の情報を掴んでいます。

口座開設にかかる費用は無料であり、特に手数料もかかりません。分配方法は毎月分配型なため、早めにリターンを得たい投資家にほどメリットがある業者です。さらに、ポケットファンディングは「キャッシュバックキャンペーン」が熱いので、この特典だけでも口座を開設するメリットはあるでしょう。

無料口座開設はこちらから

なぜ沖縄の不動産価値が上昇しているのか?

沖縄の不動産価値が上昇

経済にそれほど詳しくない人でも、日本が現在少子高齢化社会になりつつあることを肌身に感じている人は多くいることでしょう。

バブル時代の頃なら、土地を買えば必ず値段が上がると根拠もなく信じることが出来たでしょうが、先行きが不透明な今の時代、どこの土地に投資すれば利益が見込めるのか、プロでもなかなか判断し辛いものがあります。

東京や大阪のような都市であろうとも、不動産を購入すれば必ず値上がりするとは限らないでしょう。では、沖縄の不動産はどうなのでしょうか?

沖縄の人口増加率が上昇

出生率が初の100万人割れを迎えるなど、将来が不安になる情報が並ぶ昨今において、沖縄の人口増加率は東京都に次いで高いというデータが出ています。

ちなみに、東京都と沖縄以外で人口が増加しているエリアといえば神奈川県、埼玉県、愛知県、滋賀県ぐらいであり、沖縄はそんな数少ない人口が増加しているエリアの一つとなります。

少子高齢化という問題を抱えている今の日本において、人口増加率の高い沖縄はまさに今後の日本において不動産の需要が見込めるエリアの一つと言えるでしょう。

不動産開発が進む沖縄県

沖縄のイメージというと青い海と白い砂浜であり、大自然を連想するかもしれません。近代的な都市と沖縄を結びつけることは、なかなか想像し辛いですが、国際通りを見てみると都市開発が進んでいることが一目瞭然です。

通行人が賑わう国際通りには高層のビルが建ち並び、飲食店やホテルなどには利用者が溢れています。沖縄の都市開発が進むことで、ますますそのエリアに対するニーズは高まり、さらなる地価上昇が見込まれることでしょう。

国際通りや県庁前などの都市を中心に、将来的に沖縄はさらなる不動産開発が見込まれます。人口が増えるだけでなく、それを受け入れられるだけの都市が沖縄では作り上げられており、将来の見通しは非常に明るいと言えるでしょう。

2020年のオリンピックに伴う那覇空港の拡大

2020年といえば東京オリンピックが開催される予定です。そして、それに合わせて那覇空港では第2滑走路の建設が進められています。

近年、日本を訪問する外国人観光客数は増えており、2016年にいたっては訪日外国人観光客数と旅行消費額が過去最高を更新しました。そして来る2020年の東京オリンピックが開催される年にはさらなる外国人観光客が見込まれることでしょう。

那覇空港は香港、マカオ、フィリピンなど、アジア各国から非常に利用しやすい空港です。今後日本を訪れるアジアの観光客にとって無くてはならない存在となるでしょう。しかし、いくらニーズがあっても、それに足るだけの能力がなければ意味がありません。

残念ながら、現在の那覇空港に滑走路は一本しかなく、過密運用となっています。那覇空港は福岡空港に次いで過密な空港とされており、このままでは海外からのニーズの拡大に対応できないでしょう。

しかし、2020年3月末の供用開始を目指す形で現在、第二滑走路の建設が進んでおり、今後大幅な滑走路処理容量の増大が見込まれています。那覇空港に第二滑走路が出来ることで、沖縄には今まで以上にヒト、モノ、オカネが集中することでしょう。

人口増加と都市開発、そして2020年の第二滑走路の建設など、沖縄県の不動産担保融資を魅力的にする材料がこのエリアには多く存在しています。将来的に価値が上昇する見込みの高い沖縄の不動産は、まさに優良な担保です。

キャッシュバックキャンペーンが熱い!

ポケットファンディングのキャッシュバックキャンペーン

そして、そんなポケットファンディングでは2017年12月31日まで、“期間限定のキャッシュバックキャンペーン”が開催されています!

キャンペーン期間中にポケットファンディングで「新規口座開設+投資」をすると、なんと最大8,500円がキャッシュバックの対象になるお得なキャンペーンです。

投資額によってキャッシュバックの金額は変わってきますが、新規口座開設(無料)するだけでも1,500円がキャッシュバックされるので、少しでもお得に投資を始めたい人はこの機会を見逃さないようにチェックしておきましょう!

無料口座開設はこちらから

このページで紹介した業者

ポケットファンディング
ポケットファンディング

いま注目の沖縄から誕生した投資型クラウドファンディング。沖縄の担保付き不動産へ1万円から投資可能です!

公式サイトはこちら

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較