よく見られている
Q&A

最近話題のクラウドファンディングについて

クラウドファンディングについて教えてください

最近よく耳にするクラウドファンディングってなんですか?どんな種類がありますか?

クラウドファンディングとは、「お金を借りたい個人や企業が、インターネットを通じて不特定多数の個人から資金を集める」ためのしくみです

クラウドファンディングをはじめよう

クラウドファンディングとは「大衆」を意味するクラウド(croud)に「資金調達」であるファンディング(funding)を組み合わせた造語です。

日本においては2011年の東日本大震災をきっかけに広がりはじめた比較的新しい言葉ですが、古くは17世紀初頭に書籍変数者ジョン・テイラー氏が書籍の印刷代を寄付によって集めたことが原型とも言われています。

支援団体やベンチャー企業といった企案者が災害支援や新しいサービスの提案などといった目的のために出資者を募り、クラウドファンディング提供会社(サービス会社)を通してリターンとして元利や分配金を返済するという流れです。

最近では大分・別府での地元PR動画からはじまった「湯~園地計画」を目にした方も多いのではないでしょうか。

地方自治体や個人がプロジェクトを始める際に、従来であれば銀行などからお金を借りたり、寄付という形で資金を募るしかありませんでした。

そういった新しく何かをはじめようとした場合に直面する資金調達の課題を、クラウドファンディングで行うことで、融資を募る側にとっては手間やリスクを回避することができるようになります。

また、逆に支援者は融資額に応じた金利やサービスなどのリターンを得たり、少額から投資することが可能です。このことから新しい資金調達方法として注目されています。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングは大きく「投資型」「非投資型」の2種類に分類されます。投資型ではさらに「融資型」「専業投資(ファンド)型」「株式型」の3種類、非投資型では「購入型」「寄付型」の2種類にわかれます。

投資型はその名の通り投資額によって元利金や株式といったリターンがあるものです。

逆に金銭的リターンはありませんが、災害における被災者支援目的や「ふるさとチョイス」といった寄付または商品やサービスを購入することによって投資となるものを非投資型といいます。

投資型のなかでも特に利用数が多いのが融資型クラウドファンディングです。時間がかからず特別な知識も不要で毎月安定した収益を得ることが出来ることから、人気が高まっています。

クラウドファンディングについて簡単に説明しましたが、大きな流れは決して難しい物ではないというのがお分かりいただけたでしょうか?更に詳しく知りたい方はこのサイトでも詳しく説明しているので、是非チェックしてみてください。

オーナーズブックインタビュー

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較