よく見られている
Q&A

投資型クラウドファンディングの分配金にかかる税金は?

分配金にかかる税金は?

クラウドファンディングに興味がありますが、分配金が支払われた際の税金はどうなりますか?確定申告が必要な場合はありますか?

分配金を含めた雑所得が20万以上ある場合、確定申告が必要です

投資型クラウドファンディングの分配金にかかる税金は?

クラウドファンディングの税金の仕組みは少し複雑で、資金提供をする出資者と、借り手である調達者が個人か法人かによっても変わってきます。

今回は出資者である場合、またその分配金が戻ってきた場合の税金について説明しますが、クラウドファンディング全体の税金について詳しく知りたい場合はこちらの記事を参考にしてください。

まず第一に、金銭的なリターンがなかったり、商品を購入するタイプの非投資型クラウドファンディングの場合は課税対象になりません

逆に、投資型クラウドファンディングの「融資型」「ファンド型」では分配金が戻ってくるので、額面によっては確定申告が必要になります。

分配金は収益のすべてが出資者に支払われるのではなく、実際は配当額から源泉徴収税20.42%(20%+復興特別所得税2.1%)が引かれた金額が手元に戻ってきています。

戻ってきた分配金は雑所得に分類されるので、給与所得・退職所得以外の雑所得が20万円以上あった場合確定申告を行わなければなりません

2社以上の投資系クラウドファンディングで配当金を得ている場合や、副業などで他の雑所得がある場合も同様です

源泉徴収税20.42%はサービス会社が支払っている仮の税率なので、確定申告で正確な税率が確定します。追加の税を払うことも有れば、雑所得が20万以下の場合、源泉徴収された金額の一部が還付金として戻ってくる可能性もあるのです。

雑所得にかかる所得税の税率は給与所得の額により変化するので、詳しい税率や手続きについては税務署や税理士に相談してください。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較