よく見られている
Q&A

ふるさと納税とクラウドファンディングの違いとは?

ふるさと納税とクラウドファンディングは何が違うのですか?

ふるさと納税を行おうと考えています。ただ同じように商品を受け取れるクラウドファンディングというものがあることを知り、何が違うのか気になったので教えて下さい。

税金控除の有無やプロジェクトの種類に違いがある

ふるさと納税とクラウドファンディングの違いとは

ではまずはこの2つについて簡単に仕組みから説明しましょう。

・ふるさと納税
自治体へ寄附を行うことで、その寄付金が翌年の住民税から控除されるという仕組み。また、寄付を行うとお礼の品として食べ物や工芸品などその地域の特産品を受け取ることができる。
・クラウドファンディング
住民税などの控除はないが、復興支援や商品開発など様々なプロジェクト案件に対し、ネットを通じて資金の提供が可能。その後も完成した商品やサービスを受けることができる仕組み。

このようにふるさと納税とクラウドファンディングでは商品やサービスを手に入れることが出来るという共通点はありますが、税金の控除という面や寄付の対象となるプロジェクトの種類の多さに違いがあるということです。

従って自分の利用目的によって用途が分かれますが、そんな中でふるさと納税とクラウドファンディングを融合させ、地方自治体の発展を図る新たなサービスも登場しています。それが政府のクラウドファンディング“ガバメントクラウドファンディング”です。

ガバメントクラウドファンディング

ふるさと納税クラウドファンディング

ふるさと納税の仕組みである住民税の控除とクラウドファンディングの多種多様なプロジェクトを組み合わせることで、商品やサービスだけでなく殺処分される犬や猫の保護、地震で被害を受けた被災地への支援など様々な自治体の活動に協力することができ、更にその寄付金が税金の控除の対象となります。

このサービスを活用することで、自治体は今までふるさと納税では出来なかった様々な取り組みへの資金を募集することが可能です。一方、資金の提供者も震災復興など協力を行いたい活動に対して資金を提供できる。住民税の控除や特産品を受け取れる。などの特典があることから、通常のふるさと納税よりも寄付の対象の幅が広がるという利点があります。では最後にその代表的なサービスについて紹介しましょう。

ガバメントクラウドファンディングのふるさとチョイス

ガバメントクラウドファンディングふるさとチョイス

公式サイト:ガバメントクラウドファンディングふるさとチョイス

政府(自治体)が行うクラウドファンディングですべての寄附がふるさと納税の対象となります。また、プロジェクトオーナーが全て自治体である為、安心して利用することが可能です。

このように政府がサービスを行うということからも、ふるさと納税やクラウドファンディングが地域の活性化に繋がるということを表している証拠であると言えます。今後も更なるサービスの増加と活用が期待されるのでますます目が離せないサービスとなりそうです。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較