よく見られている
Q&A

投資にかける割合は?貯蓄と投資のベストバランスはあるの?

投資にはどれぐらいのお金を掛けても大丈夫?

投資をしてお金を増やしたいなと思いつつ、貯蓄のうちどれぐらいを投資に使っていいかわからず、投資を始めることができません。 貯蓄に対して大体どれぐらいを投資に回しても良いものでしょうか?

まずは貯金の1割の範囲で

貯金の1割の範囲

一般的にこれから投資を始めるという人は、まずは貯金の1割の範囲内でスタートするのが良いと言われています。

100万円貯金があるとしたら、投資額は10万円以内ということになりますね。

もし例えその10万円が全額無くなってしまったとしても貯金はあと9割残っていますからそこまでダメージは大きくないはずです。
リターンが無かったとしても、最初は勉強代と割り切れるぐらいの額が貯金の1割程度と言えます。

そこから自分の中で投資のビジョンが固まってきたら、徐々に2割、3割と増やして行くのが良いでしょう。

銀行の利息ではお金が増えない時代

銀行の利息

銀行に預けているだけだと、よっぽど残高が多い人でない限り利息は年間たった数円~数百円程度。

ならば投資をしてもう少し多くお金を増やしたいと思う人も増えてきました。

投資できる程沢山お金を稼いでいないし…と心配する必要も無く数千円から始められる投資方法も増えてきたので、少しでもお金を増やすことができるなら、社会貢献できるなら、始めてみるっきゃないですよね。

毎月の生活費を削ってまで投資をする必要はない

毎月の生活費

毎月の生活がかつかつであまり貯金もできていないのに、さらに削って投資をしようとするのは少し危険です。

投資は預金と違って元本が保証されていませんから、大きく増やすことができる可能性がある一方、投資した元手がゼロになってしまう可能性もあります。

ですから、最低でも普通に生活できるぐらいのお金を残しておいて、それでもお金が余ったというのであればそこから始めるのがオススメです。

最低でも毎月の生活費3ヶ月分は残しておこう

毎月の生活費3ヶ月分

上に普通に生活できるぐらいのお金と書きましたが、毎月の生活費3ヶ月分ぐらいは最低残しておきましょう。

もし仕事が無くなったり、怪我や病気で仕事ができなくなっても3ヶ月分はあればどうにかできます。

貯金を全力で突っ込む人はいないかと思いますが、いくら投資に賭けるとしてもそれぐらいは残しておくのがのちのちの為になります。

投資を始める前に考えておきたい2つのポイント

1.お金の目標額

まずは具体的にいつまでにどれぐらいまでお金を貯めたいかを具体的に考えてみるのがおすすめです。

例えば今30歳で貯金が400万円だとして、40歳までに1,400万円にまで増やしたい場合。
その為にはあと10年で1,000万円貯める必要があります。

10年で1,000万円貯めるプランで行くと、どんな投資が良いか、どれぐらいの利回りで回して行くのが理想かなどを具体的に考えられる様になります。

2.貯金残高と今後のライフプラン

ライフプラン

貯金から投資を始めたいと漠然と思っているだけの人でも、全額をつぎ込もうとするのはどう考えても馬鹿馬鹿しいと思うのが当然ですよね。

上に書いた目標額とも少し被りますが、今後の自分のライフプランもどの様にしていきたいかを漠然と考えておくだけでも投資に回せる額が見えてきます。

人生の大きなイベントといえば結婚、出産ですが、いつ頃までに結婚していつまでに子供が欲しいな~その為にはどれぐらい必要なのかなと調べておくだけでも今後の身の振り方を決めることができます。 そこからお金の目標額を決めて行くのも良いですね。

1万円から始められる!当サイトおすすめクラウドファンディング業者

▼大手商社「伊藤忠商事」が株主の信頼性!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り12%以上の案件も!海外事業へ少額1万円から投資でき、高金利収入が狙える新しい資産運用を提供!

公式サイトはこちら

あの大手総合商社「伊藤忠商事」が株主ということから信頼性が高いと評判のクラウドクレジット。みんなのクレジット行政処分後もいち早く投資家へのサポートを行っており、その誠実さが伺えます。

また海外と国内の資金需供を繋ぐプラットフォームとして、他業者にない“10%前後の高利回り”案件に投資することも可能!国内の利回りでは物足りないと感じる方にもおすすめです。

▼不動産のプロが運営する安心感

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められるオーナーズブック。不動産のプロにより結成されており、そんな不動産のプロが選んだ案件に投資できるという安心感があるのが何よりの魅力です。全案件が都内の不動産でLTV率を80%に抑えた担保が設定されているので、安全性が高いという面からも初心者におすすめ。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較 2018キャンペーン