よく見られている
Q&A

クラウドファンディングって確定申告必要ですか?

クラウドファンディングの確定申告について

クラウドファンディングをはじめようかと思っていますが、クラウドファンディングの税金についての知識があまりないので確定申告が必要なのかどうか教えて下さい。

確定申告が必要になる場合もあります

クラウドファンディングは確定申告が必要なのか?

まずクラウドファンディングは資金調達者として行うか、資金出資者として行うかによって税法が異なります。また、クラウドファンディングのタイプによっても異なるため、どのタイプをクラウドファンディングをどういった立場から行うかを予め考えて税法と正しく覚えなければなりません。

参考記事:クラウドファンディングの税金、確定申告について
※クラウドファンディングの税法については上記リンクを参照。

出資者は融資型、ファンド型のみ注意

多くの場合は法人ではなく個人として出資する事が多いと思いますのが、その場合注意しておく必要があるのは金銭的なリターンのある融資型とファンド型のクラウドファンディングです。

購入型のクラウドファンディングの場合は出資の見返りとして商品などのリターンを受け取る事ができるため、税法上では「製品(商品)を購入した」という認識で課税対象にはなりませんが、金銭的なリターンを得られるものは給与所得と退職所得以外の所得が20万円以上ある場合は確定申告を行わなければなりません。

※寄付型クラウドファンディングの中には、所得税法上の特定寄附金に該当するものであれば確定申告をすることで税金を減らす事も可能なため、その際は確定申告が必要です。

資金調達者は税法が複雑なので予習が必要!

クラウドファンディングの税法を予習しよう

個人として出資する側であれば覚える事も少ないですが、資金を調達する起案者の場合は上記リンク内にも記載している通り税法が非常に複雑です。

どのタイプのクラウドファンディングなのか、出資してくれる相手は法人なのか個人なのか、資金調達を法人として行うのか、個人として行うのか、など様々な要素が絡んでくるため、予め税法を正しく理解しておく必要があると言えるでしょう。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較