当サイトおすすめ業者

5つのタイプから比較

COMPARE OF TYPE
5つのタイプから比較してみましょう

  • 投資型
  • 非投資型

株式型クラウドファンディングの仕組み

株式型=解禁されたばかりの金融商品

株式型クラウドファンディング

海外では既にサービスが広がっていた株式型クラウドファンディングですが、日本でも2014年にベンチャー企業の資金調達を支援する目的とした改正金融商品取引法が成立した事により、2015年に解禁となりました。
まだ比較的新しい金融商品なので現在日本では取り扱っているサービス業者が少ないですが、これまで売買が禁止されていた未公開株に投資出来る事から注目度が高まっています。

■株式型の主な仕組み
ベンチャー企業の非上場株式に投資を行うタイプのクラウドファンディング。これまで未公開株は一部例外を除いて売買が禁止されていましたが、投資家は「株式型」の解禁により通常の上場株式投資と同じように、配当と売買益を得ることが可能。

基本的に株式なので配当率は業績によって決まるため融資型のように事前に利率が決められておらず、当然売却益(キャピタルゲイン)を得ることもできますが、いつでも誰にでも売却出来るというものではないため長期保有を視野にいれた投資として先行きを見る事が求められると言っても過言ではありません。

また、上場株式の売買と異なり株式型には以下のような規制があります。

  • 1社あたりの資金調達上限は1億円未満
  • 投資家の投資額上限は50万円未満
  • 未公開株は誰にでも売却することが出来ない
  • 売却先は対象企業の関係者から構成される投資グループのメンバーのみ

株式型のメリット、デメリット

株式型クラウドファンディングは非上場株式が対象なため、一般の上場株式へ投資を行うよりもハイリスクになるという点がデメリットです。その分ハイリターンを狙える投資でもありますが、最悪の場合は出資先が倒産し、資金が戻ってこないというケースも考えられるでしょう。

一方ではビジネス的成功を収めて将来的に株式上場といった展開になることも考えられます。そうなると、出資額の何十倍もの売買益を得る可能性もでてくるため、企業の先行きや将来性、安定性を見極める力がある方にとっては融資型(貸付型)やファンド型よりも多くの収益に期待することも可能です。

ただし、このページの始めにも説明したとおり現在の日本国内において株式型クラウドファンディングを提供しているサービス業者はありません。

おすすめの株式型クラウドファンディング業者

株式型

ファンディーノ

ファンディーノ

本拠地
東京都品川区東五反田5-25-18ENZO五反田6F
電話番号
記載無し
代表者名
柴原祐喜
設立
2015年11月26日
資本金
50,000,000円
公式サイトへ移動

株式型

ゴエンジェル

ゴエンジェル

本拠地
東京都千代田区内幸町一丁目1番1号 帝国ホテルタワー15階
電話番号
電話対応無し
代表者名
出縄 良人
設立
平成27年5月15日
資本金
65,000,000円
公式サイトへ移動

投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較