当サイトおすすめ業者

5つのタイプから比較

COMPARE OF TYPE
5つのタイプから比較してみましょう

  • 投資型
  • 非投資型

寄付型クラウドファンディングの仕組み

寄付型=より身近に、お金の使われ方が分かる寄付

寄付型クラウドファンディング

主に地震による災害の復興支援や発展途上国への支援などにネット上で寄付を行う事が出来ます。

この寄付型は寄付した後も活動報告や相手の顔を知る事ができ、自分のお金がどのように使われたのかが分かるという安心感や社会貢献への達成感を得られるというのが最大の特長です。

また、広まったきっかけは2011年の東日本大震でしたが、2016年4月に起こった熊本地震では多くの人に活用されたことからも、ネットで誰もが寄付を行える寄付型クラウドファンディングの需要性はかなり高まっていると言えるでしょう。

■寄付型の主な仕組み
寄付を行いたい個人や企業が運営サービス業者を通してプロジェクトを掲載し、支援者はそれに対して寄付という形で資金を提供するという仕組み。

また、融資型(貸付型)、事業投資型(ファンド型)、株式型、購入型の4種類とは異なりリターンという概念がないのも寄付型クラウドファンディングの特徴です。
稀に活動に対する活動報告やお礼状が届く程度ですが、一般的な寄付とは異なり支援金が何に使われているのかが分かるという透明性がある分、寄付を目的とした利用者には使い易いシステムとなるでしょう。

寄付型のメリット、デメリット

寄付型クラウドファンディングには寄付後に資金提供先の個人や団体が期待通りの動きをしてくれない可能性もあるというデメリットが存在します。

その場合、もちろん何らかしらの原因によりうまく活動が進んでいない場合も考えられますが、怖いのは詐欺の可能性です。これは知らない相手にお金を渡すということで言うとクラウドファンディングに限ったことではないですが、十分に気をつける必要があると言えるでしょう。

しかし基本的に寄付型クラウドファンディングでは、運営サービス業者によってプロジェクト掲載の審査を行い、目的や起案者の情報をしっかりと開示することでそのような詐欺を防止しています。また、前述したように寄付した後も活動の状況や相手の顔などが見れるので、自分のお金が何に使われたのかが分かるという安心感や達成感を感じることができるというメリットがあり、比較的安全性が高い寄付を行えるのです。

おすすめの寄付型クラウドファンディング業者

寄付型

ふるさとチョイス

ふるさとチョイス

本拠地
東京都渋谷区南平台町3-7 2F
電話番号
03-5784-1089
代表者名
須永珠代
設立
2012年4月
資本金
7,500,000円
公式サイトへ移動

寄付型

さとふる

さとふる

本拠地
東京都中央区日本橋 2-2-2 マルヒロ日本橋ビル 9F
電話番号
会員のみ電話可能
代表者名
藤井宏明
設立
2014年7月1日
資本金
300,000,000円
公式サイトへ移動
夏のボーナスで投資デビュー!賢い資産運用の始め方