当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

30代後半に最適な資産運用|ポートフォリオの作り方

30代後半に最適な資産運用|ポートフォリオの作り方

30代後半になると、子供の事を含めて老後の事や色々な事を考え出す年代になってきますよね。

そんな時に将来を考えた「資産運用」が必要になってくるのですが、一体何から始めたら良いのか?また、どんな資産運用方法が最適なのか?分からない方もきっと多いはず。

そこでここでは30代後半から資産運用をしてポートフォリオを作るにはどういった配分でどんな資産を構築すれば良いのか?を考えた記事になっています。
この記事を読めばきっと、読まなかった時よりもポートフォリオに関する意識と知識が高まり、今までよりも最適なポートフォリオを組めるはずです。

ポートフォリオとは

金融・投資用語としてのポートフォリオは、現金、預金、株式、債券、不動産など、投資家が保有している金融商品の一覧や、その組み合わせの内容(株式の銘柄などまで具体的に)を指しています。

もう少し詳しく説明すると、投資家はリスク管理のために自らの資産を複数の金融商品として分散することがあります。
このリスク管理については、よく「卵」と「かご」の話に例えられます。卵を1つのかごに入れてしまうと、そのかごが落ちたときにすべての卵が割れてしまいますが、1つずつ違うかごに入れておけば、たとえ1つのかごを落としてしまっても、ほかの卵は安全です。
このように、資産家もみずからの資産をさまざまな種類の金融商品に分けて投資することで、リスクヘッジを図っているのです。
出展:https://mynavi-creator.jp/knowhow/article/what-is-a-portfolio

現段階でのポートフォリオ

皆さんが現在保有している資産はどういった種類の資産なのか気にした事はありますか?

まず一般的なポートフォリオとしては以下の4種類になります。

・預貯金
・不動産
・株式、投資信託、個人型確定拠出年金(iDeCo)など
・保険

これらが代表的な資産として挙がりますが、ポートフォリオと呼べるようなのには他にもまだまだあります。
プラチナ、それから現在なら仮想通貨もポートフォリオの仲間入りと呼べそうになってますね。

これらをバランス良く最適なポートフォリオとして組む事が出来れば、いつの時代も生き残れるやうなリスク分散が可能になりますし、お金が働いてお金を増やしてくれます。

3種類の資産配分で最適なポートフォリオ構築

30代後半にもなれば平均的には子供もある程度落ち着く年代になって、仕事ではそこそこな位置に就いていることでしょうが、20代の時とは全然違って体力面や精神面、そして環境面からリスクをガンガンに取れるような年代ではなくなっているはずです。

しかしながら、以前は年利5%以上もあってとても安全な投資商品だと言われ続けていた「定期預金」も今では年利0.02%あれば良い方で、年々銀行にお金を預ける意味がなくなってきているのが現状になっています。
定年を迎えた後のリタイア生活、そしてこれからの働きを考えた場合には多少のリスクを負ってお金に働いてもらって資産を増やす必要があるんですね。

だからといっても資産の全てを投資する必要はなくて、バランス良くポートフォリオを組む事で生活に合った資産構築が可能になるのです。

ポートフォリオ分類には3種類ある

ポートフォリオをタイプ別に分類してみると3種類あり、流動性資産安全資産収益性資産に分類されます。

・流動性資産には現金、普通預金
・安全資産には個人向け国債、定期預金、生命保険
・収益性資産には外国株式、国内株式、外貨預金などの様々な金融商品

20代よりも30代になると流動性資産や安全資産は多くなっているはずなので、その資産を利用して収益性資産に変えておきたいところです。

現段階で収益性資産を保有していない人は、積立の投資信託や外国株式などの収益性資産を構築しておきたいですね。
そうすることによってあなたが働かなくても収益性資産がどんどん働いてくれる仕組みが出来上がります。

いきなり投資信託や株式と言われても全くの無知じゃ怖くて手が出せないよ…

無知でも大丈夫じゃよ! 投資信託ならロボットが最適に判断してくれるサービスもあるんじゃ。証券会社に口座開設して資金さえ用意出来ればあとは勝手に運用してくれる仕組みなんじゃ。

そのサービスはどこの証券会社でもやってるの?

楽天証券の楽ラップというサービスがオススメじゃよ!

株式なら大型株で分散投資

ポートフォリオの中に株式を含めるなら新興株のような値動きの激しい銘柄ではなく、ソフトバンクやソニーなどの大型株で安定度を重視しておきましょう。

多くの大型株なら株主優待や配当金も出るので保有する以外にもメリットは多くあります。

注意して頂きたいのは大型株で分散してポートフォリオ全て株式のような状態にするのはリスクが非常に高いので辞めておきましょう。

海外にも視野を広げたポートフォリオ

ポートフォリオを構築するには国内だけである必要は全くありません。
世界にも視野を広げる事でリスク分散、もしくは高リターンを求める事が出来ます。

預金であっても外貨預金、投資信託なら海外投資信託、個人向け国債にもアメリカ国債、社債にもドル建て社債やユーロ建て社債など様々なポートフォリオが組めますね。

投資界の中では神様のような存在として扱われているウォーレン・バフェットが推奨するのはバンガードETFで、上場型投資信託なので国内だけでなく海外の投資商品をバランス良く投資しているので比較的安全にリターンを求める事が出来ます。

30代後半に最適なポートフォリオ割合

30代後半に最適なポートフォリオ割合 〈参考リンク〉http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/asset/3.html

こちらの参考データでは日本人の2人以上の世帯ではポートフォリオの中に株式保有率がたった8%ほどになっていて、とても低い割合比率になっているのが分かるかと思います。
生命保険にはそこそこ積極的なのに対して株式や社債には消極的なんですね。

預貯金は万能なので多めに持っておきたい心理はあるのでしょうが、預貯金はとてもインフレに弱いのでインフレになればなるほど株式や社債の存在がポートフォリオとして大活躍をしてくれます。

各家庭のリスク許容度によりますが、株式保有率は30%~40%ほどは欲しいところではあります。

どれぐらいのリターンを求めるのかによっても比率は変わりますが、先ほどの比率を目安にしてみて下さい。

まずは証券口座を開設して少しずつでも始めてみることがオススメじゃよ!

初心者におすすめの投資型クラウドファンディングサイト

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較 2018キャンペーン