当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

仕手株の見つけ方|過去の銘柄一覧とチャートの読み方

仕手株の見つけ方|過去の銘柄一覧とチャートの読み方

仕手株という言葉を聞いたことはありますか?

聞いたことはあるけど、なんか怪しい株のことなんだよね…?

という方も多いのではないでしょうか。

トレードの初心者はもちろん、ある程度トレードに慣れた投資家でも仕手株に手を出すのはかなり危険です! ですが、安全な株のトレードをする為には仕手株の存在も知っておくことはとても大切です。

そこでここでは、仕手株とは一体なんなのか?過去の仕手株銘柄にはどんなものがあったのか?事例を交えてご紹介します!

仕手株とは価格操作された銘柄のこと

仕手株とは、とある投資家たちが一挙に資金の流入操作をして特定の銘柄の価格操作をした銘柄のことです。

価格操作とは、急な価格の吊り上げや吊り下げをすることじゃな。

もちろんこれは違法なことなのですが、いつの時代も一定数の仕手株が存在します。
意図的に仕手株を作って儲けようとする投資家たちのことを、「仕手筋」と呼びます。

どうやって仕手株は作られる?

では、どうやって仕手筋によって仕手株は作られるのでしょうか?

①株価が低い段階で少しずつ玉を集めて、少しずつ価格を上げていく

仕手筋は今までほとんど注目されて来ず、業績もあまり良くない会社の株(これを「ボロ株」と言います)を中心に、まずは資金を入れすぎずに少しずつ買い集めていきます。
あまりいきなり株価を吊り上げすぎると変に目立ってしまうので、少しずつジワジワと株価を上げて行くんですね。

②一気に資金を入れて株価を高騰させる

ある程度の株価になってきて、少しずつその銘柄が注目される様になってきたら、一気に資金を入れて株価を大幅にアップさせます。

③それにつられて一般投資家が流入してきて、さらに株価は上昇

一気に株価が上がるとランキング入りしたりする様になり、一般の投資家がその銘柄を買う様になり、さらに株価は上がっていきます。

④株価を上げ切ったところで、仕手筋は利益を確定=売る

当初の株価より何倍にもなったところで、仕込んできた株の利益を確定させます。
利益を確定させるということは一気に株が売られることになるので、株価は急降下してしまいます。

⑤株価が高い段階で買った一般投資家が大損を食らう

株価は当初のボロ株だった時と同じぐらいに戻ってしまうので、株価が上昇した時に買ってしまった一般投資家が大損してしまうことになります。

仕手株はなぜ危険なの?

上に書いた通り、仕手株は一気に株価が意図的に仕手筋集団によって吊り上げられ、彼らのタイミングで一気に株価が下落するので、一般投資家がチャートを見たりして参加するだけではそのタイミングを掴むのはかなり難しいです。

大体がある程度株価が上昇したところで買ってしまうので、いきなり一気に株価が下がってしまうとかなりの損失になってしまいます。

一気に下がるというよりかは、本来の適正価格に戻るという事じゃな。

本来はほとんど注目もされておらず、特に事業実績などが良くなった訳でもない会社のボロ株を高値で掴まされたということになってしまうのですね。

中には仕手株だとわかっていながらあえて参入する人もいますが、仕手株は1日に10%以上株価が上がったり下がったりする事も普通なので、かなりハイリスクハイリターンな投資と言えます。

仕手株には手を出さないのがイチバン!

仕手株の見分け方

そんな仕組まれた仕手株だけど、見分け方はあるのでしょうか?

それが仕手株かどうか「これは怪しいんじゃ?」と判断できるポイントは3つあります。

①今まで注目されていなかった銘柄がいきなり上位にランクインし始めた
②株価が上がる前は100円〜300円ぐらいだった
③その会社自体の業績はあまり良くない
④特に目立った事は無いのに、いきなり株価がアップし出した
⑤特に理由は無いのに、いきなり出来高が増え出した

この5つのポイントを頭に置いておいて、何故かいきなり株価がアップした銘柄を疑ってみましょう。

株価が上がったからと言ってすぐに飛びつくのは、トレーダーとして長続きするとは言えないぞ!

過去の仕手株銘柄一覧

実際に過去にはどんな仕手株があったのでしょうか?

一番有名な仕手株銘柄はルック

仕手株銘柄として一番有名と言っても過言ではないのが、ルック。

その当時のチャートを見れば一目瞭然ではないでしょうか。

ルック仕手株チャート

それまではチャートの下の方でうずうずとしていましたが、ある時を境に一気に株価急上昇!

その後急降下してまたほぼ元通りの株価になっているから、明らかに仕手筋の仕業だと後になってからはわかるんじゃな。

その他仕手株と言われている銘柄一覧は以下の通りです。

・すみや
・旭ホームズ
・ニチモウ
・ファースト宅建
・佐藤渡辺
・鬼怒川ゴム
などなど

他にも沢山仕手株銘柄はあります。
気になる方はチャートを調べてみると、同じ様な動きをしていることがわかるはずです。

まとめ

この様に意図的に大量の資金を流入させて株価を吊り上げ、儲けようとする集団は一定数います。

投資の世界には利益を上げられるタイミングは無限にありますから、あえて仕手株に手を付ける必要はありません。
そもそも違法な方法で仕組まれた株ですから、それに参入して利益を上げるのはあまり気持ちの良い話ではないですよね。

もちろんその株を買っても違法にはなりませんが、オススメはしません。むしろやめておくべきでしょう。

安全でクリーンなトレードをする為にも、仕手株には要注意ですよ!

初心者におすすめの投資型クラウドファンディングサイト

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較 2018キャンペーン