当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

日経平均ダブルインバースとは?下落相場にも強い利益倍増型ETF

日経平均ダブルインバースとは?下落相場にも強い利益倍増型ETF

企業の業績が良ければ株価が上がって、上がれば上がるほど株主は儲かるというのが株に対するシンプルなイメージではないでしょうか。

確かにそのイメージも間違いでは無いのですが、株価が下がっても利益を上げられる方法があります。

その方法一つが、よく聞く「空売り」です。
空売りは信用取引の一つですが、「インバース型ETF」という方法も下落相場の時に利益を上げることができるんです。

そこでここでは、「インバース型ETF」という投資商品について、そして「ダブルインバース」とはなんなのかについて解説していきたいと思います。

「インバース型」は別名「ベア(BEAR=熊)型」とも呼ばれておるぞ!

インバース型ETFとは?

ダブルインバースとはなんなのかについて知る前に、まずはインバースETFについて簡単見ていきましょう。

インバースETFについて知っておくと、ダブルインバースについての理解も早くなるよ!

ETFとは日経平均株価やTOPIXなどのインデックス指標に連動する動きをする投資商品の1つで、東京証券取引所に上場している投資信託です。
基本的には株価と連動しているので株価が上がれば儲かるというのは普通の株取引と変わりません。

そしてその目安としている指標は、債権通貨REIT商品など株以外にも様々なものがあります。

そして、ETFには「レバレッジ型」(別名「ブル(BULL=雄牛)型」)と「インバース型」の2種類があり、今回のテーマであるインバース型は、平均株価などのインデックスと逆の動きをする様に作られています。

例えば日経平均インバースETFだと、日経平均株価が1%上がればインバースETFは1%下がる、逆に日経平均株価が1%下がればインバースETFは1%上がるという、「逆の動き」をする様になっています。
この様に株価が「下がる」につれて「上がる」という「逆の」動きをすることから、「インバース(逆の)」という名前が付けられました。

下がっても逆の動きをしてくれる=利益があるってことは、下がった時に利益が出る空売りと同じ効果があるという事じゃな!

上にETFにはレバレッジ型があると書きましたが、このレバレッジ型とは少ない資金でも大きく資金を投入した時と同じ様に大きく利益を上げられる方法です。

例えば日経平均株価が10,000円の時に、10倍のレバレッジをかけたとすると、実際には10,000円しか資金を入れていなくても100,000円を扱っているということになります。

将来日経平均株価が15,000円に値上がるとレバレッジ10倍で150,000円分を保有しているということになりますから、150,000-100,000=50,000が自分の利益となるんですね。

レバレッジを掛けずに取引をすると、単純に15,000-10,000=5,000円の利益となりますから、レバレッジ10倍かけると利益も10倍になるという事ですね。

通常の株やFXなどでは、決められた範囲内であれば自分でレバレッジをどれぐらいかけるか決められますが、レバレッジETFの場合は2倍と設定されています。

ここまでがETFの「レバレッジ型」の説明でしたが、「インバース型」はその逆で-1倍になるように設定されています。

例えば株価が100円下がると、インバースETFでは100円上がるという動きになります。

日経平均とダブルインバースETFの動き1

インバースETFもダブルインバースETFも、インデックス指標が上がれば損になってしまうのですが、インデックス指標が下がれば利益になります。

つまり下降トレンドの時にインバース型は強いということだね!

ダブルインバースで倍の利益を上げられる!

そして「ダブルインバースETF」ですが、こちらはダブルという名前の通りインデックス指標に対して-2倍になる投資商品のことです。

例えば日経平均株価が100円下がると、ダブルインバースETFでは200円上がるという事になります。

日経平均とダブルインバースETFの動き2

インバースETFのメリット

ではここからは、インバースETFのメリットを見ていきましょう。

下降トレンドでも利益を上げられる

何度も書いている通り、インバースETFはインデックス指標とは逆の動きをするので、下降トレンドの時でも利益を上げられることができます。

逆に上昇トレンドでは、短期間のトレードなら下がった時にすぐ利益確定してしまえば良いですが、長期保有には向いていないので、下降トレンドから上昇トレンドに転換したなと思えば利益確定してしまうのがおすすめです。

少ない資金で分散投資しやすい

株に投資しようと思うとまとまった資金が必要ですが、ETFは1万円から投資できるものもあります。
少ない資金から始められるということは1つの銘柄に資金を集中して投入しなければならない必要が無く、色んな銘柄に資金を分散できるので、どこかダメになっても他の銘柄でカバーできるので安心です。

1銘柄に何十万、何百万単位で資金が必要な株だとその銘柄がダメになると資金が一気にショートしてしまうが、その何百万を複数銘柄に分散できればA銘柄がダメになっても他の銘柄が頑張ってくれればマイナス分は相殺できるという事じゃな!

色んな投資商品に手軽に参入できる

上にも書いた通りETFは株だけでなく、債権、通貨、REIT、商品など様々なインデックス指標と連動した投資商品です。

一つの口座さえあれば証券会社によってはこれら全てに投資できる事もありますので、口座開設の手間もかからず管理もとても楽です。

インバースETFのデメリット

次にインバースETFのデメリットを見ていきましょう。

株価が上がると損をする

インバースETFはインデックス指標と逆の動きをしますから、その指標の価格が上がってしまうとインバースETFの場合下がってしまいます。

という事は、下降トレンドの時の方が効果を発揮しやすいという事になりますね。

しばらく下がりそうにないなと思ったら、もしくは今は上昇トレンドだなと思ったら、早めの損切りが大切だね!

分配金が出ない

投資信託やETFでは分配金が出る銘柄も沢山ありますが、インバースETFでは分配金が出ません。

投資額が少ないと分配金が出るとしても微々たるものですが、ある程度の資金を投入する方にとっては分配金がどれだけ出るかも銘柄選びのポイントになります。

プラスアルファを求めるのであれば、インバースETFは向いていないと言えるでしょう。

レバレッジ、ダブルインバースは長期ではきっちり2倍にはならない

レバレッジETFはインデックス指標の2倍、ダブルインバースETFは-2倍になると書きましたが、長期的に保有しているときっちり2倍にはならなくなっていきます。

何故なら、その2倍(もしくは-2倍)とは前日比を基準とされているからです。

例えば日経平均株価が100円の時に始めたダブルインバースETFがどのような動きをするかを表にまとめてみました。

日経平均とダブルインバースETFの動き3

日経平均株価の前日比×-2が、その日のダブルインバースETFの前日比となります。

表を見てもわかる様に、4日目ともなると基準日との差が日経平均株価は10%なのに対して、ダブルインバースETFでは-39.7%にもなっています。

単純にその日の価格×-2がダブルインバースETFの価格になるのであればここが-20%になっているはずですが、前日比×-2という計算方法なのでそうも行かなくなってくるんですね。

ここではマイナス収支を出しましたが、日経平均が下がればダブルインバースETFはどんどんあがるので差が大きくなる分利益は増えます。

だけれど今回の様にマイナス収支になると、保有期間が長ければ長い程資金が減るスピードも速くなっていくから、あまり長期保有には向いていないということになるんだね!

まとめ

短期間で大きく利益を上げられると今人気の、ダブルインバースETFやレバレッジETF。

自分の中でインデックス指標の動きと、「こうなったらどれぐらいの利益または損失があるのか」をある程度考えておけば資産運用にもなりますし、自分の資産を減らさない様にするリスクヘッジにもなります。

何より少ない投資金から始めることができるので、気になったETF銘柄があれば初めてみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめの投資型クラウドファンディングサイト

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較 2018キャンペーン