当サイトおすすめ業者

投資初心者にソーシャルレンディングがおすすめである理由3つ!

投資初心者にソーシャルレンディングがおすすめである理由3つ!

株にFX、先物など投資先の選択肢は、ITの発展により非常に多彩になりましたが、だからといって決して利益を得ること自体が簡単になったわけではありません。誰でも簡単に取り組めるようになった分、素人が気軽に手を出して火傷をする可能性も同時に高くなったと言えるでしょう。

しかし、リスクとリターンのバランスをしっかりと把握しておけば、手間を掛けずにかなりの確率でリターンを得られる投資法が最近出てきています。それがソーシャルレンディング(別名投資型クラウドファンディング)です。

あまり聞き慣れない投資法だけに、初心者の方は身構えてしまうかもしれませんが、実はこのソーシャルレンディングは、投資初心者の方にこそおすすめできる理由がいくつもあります。 ここではなぜソーシャルレンディングが投資初心者向けなのかをご紹介します。

ソーシャルレンディングは自分次第でリスク管理が可能

ソーシャルレンディングは自分次第でリスク管理が可能

ソーシャルレンディングは会社にもよりますが、1~10万円という非常に少ない金額からの運用が可能です。これまで人気だった不動産投資やFXのように、ある程度の余剰資金がなければ運用しにくかった金融商品と比較しても、ソーシャルレンディグは「資金力」が利益率(金利)を左右しない運用方法としても注目されています。

また、少額から投資ができるということはいろいろな案件に投資し、リスクを分散することができるということです。国内の手堅い案件に投資をして、そこで得た利益を海外の利回りの良い案件に回す、といったこともできます。

もちろん利回りの高い案件によっては、元本割れのリスクもありますが、どの運用会社も融資先によって様々なリスク回避の手段を取っています。

  • メーカーに融資した場合は担保として製造した商品を売却する
  • 返済が滞っている融資先がある場合は、提携先に会社を買い取ってもらう
  • 融資先の会社の不動産を担保にする

このような方法で融資先の返済能力がなくなった場合の、現金回収の手段を取っているため、余程の事がない限り貸付を行った資金がゼロになるということはありません。

当然、金融商品である以上は損失のリスクはありますが、他の金融商品のリスクと比較すると、各社の実績と照らし合わせても低リスクで利益を得られる投資と判断できると思います。

少額を多数の運用案件都に選んで投資していけば、自分で自由にリスクを管理することができます。投資先に可能性を感じているのであれば、発展途上国の利回りの高い案件に投資をしても良いでしょう。

ソーシャルレンディングは運用に時間を取られない

ソーシャルレンディングは運用に時間を取られない

例えばFXで投資を行っている場合、深夜に為替市場に重大な影響を与える発表が行われるのならば、相場の変動に対応するためにその発表時間まで起きていなくてはいけません。特に、アメリカやヨーロッパ関連では日本と時差が大きいので、なかなかリアルタイムに付き合うのは大変なものです。

また逆に株式市場は9~15時に相場が動きますから、不測の事態が起こってもサラリーマンでは対応できないこともあります。

しかしソーシャルレンディングは、運用の手間は全くかかりません。良く言えば放置できますし、悪く言えば自分ではどうしようもないということです。でも多忙なサラリーマンにとっては、手間がかからないのは大変ありがたいことではないでしょうか?

不動産物件の運用だって不労所得とは言われますが、客付けや管理にはそれなりの手間やお金がかかります。

ですがソーシャルレンディングの場合、購入後は分配金が入ってきているかを見るだけ、もしくは運営からの連絡を見るだけです。購入したあとは口座のお金が増えているかどうかをチェックするだけと言えるでしょう。

為替などの市場環境に左右されにくい

ソーシャルレンディングは為替などの市場環境に左右されにくい

為替やFXは新聞や雑誌でも情報を得やすい、投資の王道と言えるでしょう。それだけに情報の氾濫に巻き込まれやすく、自分の投資方針を定められないという人も多くいます。初心者向けに見えて、実際は情報の取捨選択ができない初心者には、ある意味で難しい投資だといえるでしょう。

また投資を行う場合、必ずと言ってよいほど「リスクヘッジ」「分散投資」を意識しようという一文があります。一つの要因により同じ方法に持っている資産の価値が下落をしていっては、資産の安全性は非常に低いものになります。

変動の相関関係が逆の資産を持つ、相関関係が薄い投資を行うことこそがリスクヘッジにつながります。しかし株やFXの場合相関性が非常に高く、例えば円高方向に触れる時は、下部の市場平均も下落することがほとんどです。もちろん株の銘柄によっては影響を受けにくいものもありますが、為替相場と日経市場の双方を常にチェックしなくてはいけないでしょう。

しかしソーシャルレンディングの場合は、会社の種類も様々であり、為替の変動リスクを受けるものも、受けないものもあります。国内の不動産関係のソーシャルレンディングならば、為替の影響を受け、その融資を受けた会社が倒産するといったリスクは非常に低いでしょう。

業績が悪化した場合、分配金がなくなるといった可能性は否定できませんが、倒産までいかなければ元本割れは起こりませんし、倒産した時のために資金回収用の担保を設定している会社もたくさんあります。

ソーシャルレンディングは市場環境の影響をダイレクトに受けないので、安定した資産運用をしやすいのです。

まとめ

ソーシャルレンディングはリスク管理がしやすく、少額投資が可能、そして運用の手間もかからず、外的な市場要因の影響を受けにくいなど、まさに初心者、そして副業に向いている投資手法になります。

ただし投資ですから当然リスクがまったくないわけではありません。その点をよく意識して、まずは少額からいろいろな案件に投資をしてみるのが良いかもしれません。

これから投資を始めようと検討している方は、まずは少額から始めてみることをオススメします!

当サイトのおすすめ業者はここ

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

小口分散」というリスク分散を方法を適用させることで、貸倒れのリスクを最小限まで抑えるクラウドクレジット。日本初となる国際展開を実現させ、初心者向けとなる「為替ヘッジあり」の案件も用意しているソーシャルレンディング業者。投資家のニーズに合わせた商品の出し方が特徴的で、投資家は自分のレベルやリスクを選んで投資先を選ぶ事が出来る。

▼1万円から不動産のプロが選んだ案件に投資可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められるオーナーズブック。不動産のプロにより結成されており、そんな不動産のプロが選んだ案件に投資できるのが何よりの魅力!全案件が都内の不動産でLTV率を80%に抑えた担保が設定されているので、安全性が高いという面からも初心者におすすめ。

オーナーズブックインタビュー

関連記事一覧