当サイトおすすめ業者

リスクを軽減させる「分散投資」を身に付けよう

投資の世界には「分散投資」という投資方法が存在します。この分散投資は「資産運用の基本」とも言われており、資産消失のリスクを減らす為の投資方法です。今回はそんな分散投資のメリットやデメリット、最適な投資スタイルなどについても解説します。

分散投資とは?

分散投資とは

分散投資とは投資金を1つのものに集中して投資するのではなく、いくつかに分散して投資することで投資金消失のリスクを軽減する方法のことです。

投資の世界で有名な言葉に「卵は一つのカゴに盛るな」という言葉がありますが、この言葉はまさに分散投資を表す言葉で、卵を一つのカゴに入れて落とすと全て割れてしまいますが、いくつかのカゴに分ければ一カゴ割れても残りの卵が無事に残るということを表しています。

そしてこれは投資においても同様で、企業の倒産や地震など経済市場に影響を及ぼす問題が起こった時、1つの商品のみに投資していると全ての資金を失ってしまいますが、資金を分散しておくことで手元にお金を残すことができ、資金消失のリスクが少なくなるのです。

では実際にどうなるか簡単に例を挙げてみましょう。

経済危機が起き、A会社が倒産した場合

■10万円をA会社のみに投資
→10万円の損失

■10万円を5万円ずつA会社とB会社に分散して投資
→5万円の損失

このように1箇所に集中して投資していた場合と分散していた場合で損失の差は明らかです。また、この例では10万円と少ない金額で例えましたが、これが実際に数百万~数千万単位になった場合にどうなるか想像するだけでも恐ろしいことになるのではないでしょうか。

よって投資のリスクを少しでも軽減するために分散投資は非常に有効的な投資方法だと言えるでしょう。

しかし、いくらこのように投資金を全て失うリスクが軽減できるとは言え、その裏には「デメリット」も存在します。そこで次の項目ではそんな分散投資のデメリットについて紹介したいと思います。

分散投資で考えられるデメリット

分散投資のデメリット

リスク軽減の代わりにリターンが減る

デメリットとしてまず最初に挙げられるのは「リターンの減少」です。1つの商品に多額の資金を投資した場合リターンもその分多くなりますが、少額の資金を分散して投資していた場合リターンはその分少なくなってしまうというデメリットが生じます。

しかしこれは投資で一気にたくさんの資産を増やしたいという方にはデメリットとなる投資方法かもしれませんが、資産運用として少しずつ資産を増やしたいという方にとってはデメリットとなることはないでしょう。

運用状況の管理に手間がかかる

投資では現在商品がどうなっているか状況を細かにチェックする必要がある為、複数の「投資先」や「投資商品」に資金を分散する分散投資は運用状況を把握する管理が大変になるというデメリットが生じます。

しかし1つの投資商品で管理が楽であったとしても、何か問題があった時に資金を全て失ってしまうくらいなら、分散投資で安全に管理していたほうがまだマシかもしれません。

以上が分散投資のデメリットです。

しかしこれらから言えることは、分散投資が投資を行う全ての人に対しデメリットとなる訳ではなく「FXや株などで一気に大きな金額を稼ぎたい」「短時間で資産を増やしたい」と思っている方などにとってはデメリットとなりうるということです。その為、安全性を重視して資産運用を行いたいと考えている方にはとても向いている投資方法だと言えるでしょう。

それでは次にそんな分散投資のメリットについても紹介していきたいと思います。

投資家としての絶対必要条件!分散投資のメリット

分散投資のメリット

資金消失のリスクを減らせる

前述しましたが、分散投資最大のメリットは“リスクを減らせる”ことです。投資において一番怖いのは資産を全て失ってしまうということだと思いますが「リーマンショック級の経済危機」や「企業の不正による株価の下落」など誰にも予測できません。よってそんな問題が起こっても資金消失のリスクを減らせる分散投資は投資において“とても有効的な方法”だと言えるでしょう。

市場の動きを気にせずに済む

市場に左右されることなく投資を行えるというメリットがあります。例えば株で投資を行う場合、常に市場の動きを気にして売買のタイミングを見計らう必要がありますが、分散投資は資金を分散し時間をかけて投資を行う為、常に市場を追い続ける必要がありません。よって仕事や家事など忙しい生活を送っている方でも楽に投資が出来るという魅力があります。

このようなメリットから、分散投資は「資産運用として安全に投資を行いたい方」や「投資初心者の方」にとってもオススメの投資法であるということが言えるのです。では最後に分散投資を活用し資産運用を行うには「どの投資スタイルが最適なのか?」という事についてもお話したいと思います。

分散投資に最適な投資スタイルとは?

分散投資向きの投資スタイルとは

分散投資を活用し資産運用を行う為に重要なのがどの投資スタイルを選ぶかです。

先程お話したように分散投資は「FX」や「株式」など一気に大きな額を狙いたいという投資スタイルの方には不向きの方法である為、安全に少しずつ資産を貯めていける投資スタイルを選ぶということが重要となるでしょう。

そこで今回は資産運用向きで、最近「投資初心者」や「安定を求める投資家」からの人気が高まっている融資型クラウドファンディングを紹介したいと思います。

融資型クラウドファンディングは分散投資に最適!

融資型クラウドファンディングが分散投資に最適

聞いたことがない方も多いかもしれませんが、この融資型クラウドファンディングとは自分が共感できる企業や不動産などのプロジェクトに“1万円”という少額からの投資が可能で“5%~10%以上”という通常の銀行預金よりも高い金利収入を毎月安定して得ることが出来る金融商品です。

では「なぜこの融資型クラウドファンディングが分散投資に最適なのか?」その理由として下記の3つが挙げられます。

1.少額からの投資が可能

投資開始時で株式のように数十万円の資金を必要としないことから“まとまった資金がなくても気軽に資金を分散させやすい”という点があります。

2.手持ちのお金を効率的に活用できる

1万円から投資できる為、給料から生活費などを引いて手元に残ったお金を“そのまま資金として分散することが可能”です。

3.毎月安定した金利が入るのを待つだけ

分散投資のデメリットで管理が大変だと話しましたが、融資型クラウドファンディングでは毎月決まった金利収入が入るのを待つだけなので“資金をたくさん分散させても管理が楽”という点が挙げられます。

これらの点から融資型クラウドファンディングは分散投資に最適だと言われ「資産運用」として人気が高まっているのです。

この融資型クラウドファンディングについてもっと詳しく知りたい方はこちらでも紹介しているので是非読んでみてください。  
リンク:融資型クラウドファンディングの仕組み

今回お話した分散投資とは“投資でのリスクを少しでも回避する為に非常に有効的な投資方法”です。

投資で大きな金額を一気に手に入れるという方法もありますが、今後投資においてどんな問題が影響を及ぼすか分からないので、資産を失うことがないように今回の分散投資の事も頭に入れておくことをオススメします。

分散投資におすすめの業者はここ!

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

日本から海外事業に投資できる融資型クラウドファンディング業者。全案件1万円から投資することができ、利回りが10%を超える案件が多く揃っているため、利益面も重視しながら分散投資したい投資家におすすめです。

▼1万円から不動産のプロが選んだ案件に投資可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められる融資型クラウドファンディング業者。不動産のプロが案件を厳選して運用まで行ってくれるため、投資のリスクや安全性を重視する投資家におすすめです。

オーナーズブックインタビュー

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較