当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

フィンテックとは何か?銀行がなくなる未来がくる可能性

フィンテックとは何か?銀行がなくなる未来がくる可能性

あなたは「フィンテック」という言葉を聞いたことがありますか?

聞いたことはあるけど意味が分からないという方も多いのではないかと思いますが、フィンテックとはIT×金融の意味を持つ造語のことで、今後「銀行がなくなる」など世界中に影響をもたらす可能性がある技術革新のことです。

そこで今回はフィンテックとは何か、具体的なサービス事例などを紹介。最近ニュースや書店などでも取り上げられることが多くなったフィンテックですが、話題に乗り遅れないためにもチェックしておきましょう!

フィンテックって何?

フィンテックって何?

では早速フィンテックとは何かということから解説していきましょう。

フィンテックとは金融(Finance)×テクノロジー(Technology)を組み合わせた造語のことでITを駆使した金融や決済などの技術革新のことを言います。

現在、日本でもニュースや書店で特集されるなど何かと話題となっていますが、その始まりは米国で2008年に起こったリーマンショック。

リーマンショックが起こった当時、経営が悪化した大手金融機関が中小企業や低所得者への融資を貸し渋ったことで、そこに目をつけたIT企業がネットから融資を受けられる新たな金融サービスを開始したことがきっかけで誕生しました。

そして現在、米国ではすでにフィンテックによる金融サービスが普及しており、日本もその影響を受けています。そこでここからは一体どんなことでフィンテックが活用されているのか主な事例を紹介していきましょう。

フィンテックの主なサービス事例

融資型クラウドファンディング

フィンテック事例_融資型クラウドファンディング

まず最初にフィンテックの事例として挙げられるのが融資型クラウドファンディング。

この融資型クラウドファンディング(別名ソーシャルレンディング)とは、主に銀行から融資を受けることができない経営期間が短いベンチャー企業や中小企業などが銀行を使わずともネットから融資を申し込むことができるサービス。

先程リーマンショックの話でも融資を受けることができなかった企業があると言いましたが、この融資型クラウドファンディングを利用すれば銀行を通さずに事業性資金を借りることができます。

日本でも2008年にmaneoがサービスを開始してから現在までに続々と新しいサービスが登場。特に最近では2014年サービス開始のラッキーバンクがフィンテック企業発からの不動産事業を手掛ける「LBIリアルティ株式会社」を設立するなど勢いを見せている分野です。

スマートフォンでの決済

フィンテック事例_スマートフォンでの決済

では次にフィンテックの事例としてよく知られているのがスマートフォンからの決済。

まず代表的な決済サービスの一つとして挙げられるのがSquare(スクエア)。Squareは小型のカード読取機をスマホに差込んでクレジットカードを読み取るだけで簡単に決済を行うことができる日本でも話題の決済サービス。

また、もう一つの代表格となるのがPayPal(ペイパル)。PayPalはアメリカを中心に190の国と地域で利用されており、クレジットカード情報を登録しておけばIDとパスワードを入力するだけで簡単に決済することができるという利便性の高い決済サービスです。

このようにフィンテックを活用することでスマートフォンなど身近にあるもので簡単に決済を行うことができるようになりました。

SNSからの送金

フィンテック事例_SNSからの送金

そして最近ではフィンテック事例としてSNSという一番身近なツールを利用して簡単に送金できるサービスも注目を集めています。

まず、最初に挙げられるのは国内でも多くのシェアを誇るLINE(ライン)。そんなLINEがサービスを開始した「LINE Pay」は相手の口座を知らなくてもLINE内の友人に簡単に送金することができるというサービス。

また、中国でもスマホ利用者の約9割がインストールしているとされるWeChat(ウィーチャット)がこの送金サービスを開始。

日常で誰かにお金を借りてしまった時、会費の徴収で誰からお金を預かったか分からないなどの金銭的な問題を解決することができるサービスとして今後更に普及が期待されています。


よってこのようにフィンテックはもう私たちの身の回りですでに始まっている技術だということが分かります。

なんとなく言葉だけ聞くと私たちには関係がないと思ってしまいがちですが、意外と身近にフィンテックによる技術が取り入れられていたことに驚きです。

ではここからはそんなフィンテックがもたらす未来についても考えていきましょう。

フィンテックで銀行がなくなる?

フィンテックで銀行がなくなる?

ではフィンテックが普及していくことで今後どうなるのかということについてですが、現在予言されているのが“銀行がなくなる”という衝撃的な内容。

これはあのMicrosoftの創業者であるビル・ゲイツ氏やロシア貯蓄銀行のアンドレイ氏が予言していることで、アンドレイ氏に至っては「10年後には銀行がなくなる」と発言。物議を醸しているようです。

ではフィンテックにより銀行がなくなるとはどういうことか、それは先ほど紹介した事例からも考えることができます。

なぜならネットさえあれば、銀行がなくても企業は融資型クラウドファンディングを利用して融資を受けることができますし、LINE Payを利用すればわざわざ銀行やATMに足を運んで相手に送金する作業もしなくていいからです。

よってこれから先、もしかすると本当に銀行がなくなる未来も考えられるかもしれないというのも納得。また、全ての銀行がなくなる訳ではないにしても、利便性が高まることで人員削減などの未来も考えれられるかもしれません。

要するにフィンテックには銀行を脅かす程の勢いがあるということ。

もちろんまだ先のことは誰にも分かりませんが、今後フィンテックの普及に伴い、私たちの生活がますます便利になることは間違いありません。

よってこれからフィンテックを利用してどんな新サービスが誕生するのか、どんな未来が待っているのか楽しみに今後も注目しておきましょう。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較