当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

ヒカルさんの行為は詐欺になるのか?話題のVALUで炎上騒動勃発!

ヒカルさんの行為は詐欺になるのか?話題のVALUで炎上騒動勃発!

新しいフィンテックサービスとして誕生したVALU(バリュー)

今話題となっている仮想通貨「ビットコイン」を用いて、個人が株式会社のように「VA」とよばれる株式を発行することができ、売りに出されたVAを自由に売買することができるサービスとして話題を集めています。

しかしそんな中、人気YouTuberのヒカルさん、ラファエルさん、禁断ボーイズのいっくんさんらが所属する「ネクストステージ」と、VALUの投資家の間で騒動が勃発しているとの情報が入ってきました。

ネット上では「これはインサイダー取引、詐欺ではないのか?」など、ひかるさんやマネージャーである井川氏らに対して厳しい言葉を発している方もいるようです。

一体新しいフィンテックサービスで何がおきているのか? 今回はVALUを取り巻く炎上騒動の一部始終を分かりやすくまとめてみました。

VALU(バリュー)とは?

VALU(バリュー)とは

それではまず始めに、VALU(バリュー)とは一体どんなサービスなのか簡単に解説したいと思います。

冒頭でもお話しましたが、VALUは仮想通貨を用いることで、まるで個人が株式会社のように自分の株式をネット上で発行できるフィンテックサービスのことです。

投資家はVALUでこれからブレイクしそうな人、気になる人などを見つけ、その個人が発行するVA(株式)を購入することでVALUER(株主)になることができます。株主となれば株式投資と同様に、その人の限定公開コンテンツを見ることができる、イベントに参加したり、グッズが貰えるなど様々な優待を受けることが可能です。

例えばこんな感じ!
VALUでブレイク寸前のアイドルを発見!

そのアイドルのVAを購入し、株主となる。

株主になると限定握手会の権利が手に入るなど様々な優待を受けることができる。

このように株主となれば様々な特典が受けれるというわけですね。しかし、この仕組みだけ見ると「クラウドファンディング」と何が違うの?と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

VALUとクラウドファンディングの違い

では一体VALUとクラウドファンディングは何が違うのかと言うと、一番の違いはVALUでは購入した「VA」を自由に売買することができるという点です。VALUでは需要と供給に合わせて、株式のように値動きが発生します。

そこで当然、今後ブレイクしそうな人の価値が高まるわけですが、まだブレイクする前の価値が低い時にその人の「VA」を購入したと仮定しましょう。その後、ブレイクして価値が高まった時に持っている「VA」を売れば、低い時に買った分の差額で儲けを得ることができます。

VALU儲けの仕組み

つまり、VALUでは安い時に買って高い時に売ることで儲けが得られる仕組みとなっている点がクラウドファンディングと大きく違う部分です。

クラウドファンディングは支援して、その後リターンを受け取って終わりとなりますが、VALUでは投資して優待を受けながらも、購入した「VA」をいつでも売ることができるというわけですね。

なぜVALUで騒動が勃発しているのか?

しかし、今回なぜVALUで騒動が勃発しているのでしょうか?

ことの始まりは人気YouTuber(ユーチューバー)のヒカルさんらが所属する、ネクストステージがVALUに参加したことがきっかけでした。

ヒカルさんらが所属するネクストステージとは?

人気YouTuberが所属するネクストステージ

ネクストステージ(NextStage)とは、ヒカルさん、ラファエルさん、禁断ボーイズのいっくんさんなど、数々の人気YouTuberが所属する事務所です。株式会社VAZと共同で設立されており、ヒカルさんに関してはお祭りのくじに当たりが入っているのかを検証する動画などが話題となり、今最も勢いがあるYouTuberの一人としても知られています。

また、YouTuberといえば、ヒカキンさん、はじめしゃちょーさんなどが所属する「UUUM」も有名ですが、今やYouTuberは男子中学生の「将来なりたい職業ランキング」の第3位にランクインするなど、勢いがあるクリエイト分野の一つでもありますね。

ヒカルさんがVALUに参加し炎上騒ぎに?

ヒカルさんがVALUに参加し炎上騒ぎに

そして、今最も勢いがあるYouTuberとして、ヒカルさんらネクストステージがその勢いのままVALUに参加。当然、人気のあるYouTuberなので、注目している人、ファンの方も多かったようで、連日ストップ高が続くなど人気を博していたようです。

そこで、ヒカルさんも自らTwitterで優待を出すと捉えられる発言(※現在は削除されている模様)をし、ユーザーの買いを煽っていたと見られています。投資家はその発言をきっかけに、ヒカルさんらの「VA」を購入しようと殺到。

そのため、ヒカルさんらの「VA」の価値はさらに高まり、ストップ高の状態となっていましたが、その後ヒカルさんのマネージャーでネクストステージの顧問でもある井川氏が、持っていたネクストステージの「VA」を全て売りに出したことで株価が急落します。

また井川氏に引き続き、ヒカルさんらネクストステージに所属するYouTuberも、自ら所有する「VA」をいきなり売却したことで、投資していた投資家には損をする人が続出。正確な損失額は分かりませんが、中には数十万円の損失を出した人もいるようで、ネット上では「これはインサイダー取引ではないか」「詐欺ではないのか」など炎上騒ぎに発展しているというわけです。

ヒカルさんは詐欺ではないと公言しているようですが、実際に損をしてしまった人の気持ちを考えると、詐欺だと言いたくなってしまうのも仕方ないような気もしますね。人気のあるYouTuberなだけあって、ファンも多かったはずですが、一体なぜヒカルさんらは騒動に発展するような行動を起こしてしまったのでしょうか。

ヒカルさんらの行動は詐欺ではないのか?

では、実際にヒカルさんらの行動は詐欺ではないと言えるのでしょうか?

今回の一件に関しては、株式投資において犯罪にあたる「インサイダー取引」という詐欺の手口によく似ているとして、ネット上でも騒がれているようです。

インサイダー取引とは?

インサイダー取引とは簡単に言うと、会社の内部情報を知る人が情報が公表される前に、その会社の株などを売買することを言います。

今回、ヒカルさんらネクストステージは自ら株価を引き上げるような発言をしていましたが、ストップ高になったところで自らその株を売却し利益を得ました。当然、今後投資家に優待などはないわけで、自ら情報を知っていたヒカルさんらが情報公開前に株を売却したとなれば、これはインサイダー取引に当たるのではないか?とも捉えられます。

インサイダー取引は金融商品取引法で規制されているため、万が一インサイダー取引を行ってしまえばそれは犯罪です。もちろん、ヒカルさんらが詐欺を行ったとは言い切れませんが、インサイダー取引では過去に逮捕者もでているので、今後の対応次第ではどうなるか分かりません。

本当にヒカルさんらの行為はインサイダー取引ではないのか?

そして、本当にヒカルさんらの行為はインサイダー取引ではないのかということですが、管理人個人の感想としては損失が発生している投資家がいる以上、インサイダー取引に当たるとみていいのではないかというのが正直な感想です。

また、「裏ガジェ」とVALUにて時価総額ランキング3位にランクインした「細谷さん」が運営する、VALU最大級のポータルサイトを見てみたところ、「人気YouTuberヒカルのインサイダー取引を行ったのは井川さんだけでは無かった!?売却益など全容を大解剖!」のタイトルで記事が公開されていました。

VALUのインサイダー取引に関する記事

タイトルに「インサイダー取引」と触れている時点で、やはりインサイダー取引ではないのかと感じているようにも捉えられます。実際にインサイダー取引にあたるかはさておき、このように多くの方が、ヒカルさんらネクストステージに対して不信感を抱いているのは間違いないでしょう。

追記:詐欺罪にあたる可能性が浮上…!

また、日本経済新聞が公開した記事で「騙す意図があった場合は詐欺罪にあたる可能性もある」との言葉を発見しました!

日本経済新聞で解説していた創法律事務所の斎藤弁護士によると、優待を出す気がないのにVALUを売って利益を得たことが真実だとすれば、それは詐欺に当たる可能性があるとのことです。

これはあくまでも可能性の話ですが、専門家がこのように分析していることからも、今後のヒカルさんらのYouTuberとしての活動も危うくなっていくのではないかと予想されます。

最終的にVALUはどんな対応をとったのか?

そしてこの騒動後、VALUがヒカルさん、ラファエルさん、いっくんさん(禁断ボーイズ)とマネージャーである井川氏にとったのは下記の対応です。

ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)及び井川氏に関する対応について

ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)及び井川氏について、下記対応をさせていただくことを決定いたしましたので、ご報告させていただきます。

(1)ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏のVAについて
上記3名より「VAを自身で買い戻したい」との意向に対し、ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)のVAについて利用者保護の観点から特別措置として、該当VAへの現在の売買注文をすべてキャンセルとさせていただきます。

(2)一連の取引で発生した手数料の扱いについて
一連の取引で発生した手数料収入については、VALUがミッションとしている「人の価値を発掘し、高める。」と類同の意向を掲げる組織へ寄付させていただきます。 寄付先及び最終寄付額については、確定後、あらためてご報告します。

(3)今後の対応について
利用者保護を最優先に考え、取引に関するルールづくりを進めております。新たなルールについては、決定次第発表いたします。 運営一同、引き続き初心を忘れず精進してまいりますので、今後共どうぞよろしくお願いいたします。

VALU公式サイトより引用

また、現在VALUは該当するメンバーのアカウントを完全に凍結させているようです。正直な話、VALU側としても「これから」という時に、このような騒動を起こされて迷惑していることには違いないでしょう。

新しいフィンテックサービスとして注目されているだけに、今後もこのような騒動を起こす人が現れないことを祈るばかりです。いくら本人達が悪気はないと言ったとしても、実際に損をした人からしてみると悪意しか感じませんよね。

今後ヒカルさん達、ネクストステージのメンバーがどうなっていくのか事件の展開を見守りたいと思います。

追記:VALUがヒカルさんらに損害賠償を勧告

そして2017年8月23日、ついにVALUがヒカルさんら人気YouTuberが所属するVAZ社と顧問の井川氏に損害賠償を勧告したようです。

ヒカルさん達の一連の騒動においては多くのユーザーが損失を被っています。そこでVALUがユーザー保護のためにとった行動が、損害賠償および損失補填、VALU保有者からのVA買取りを勧告するというものでした。

以下、VALUが発表した内容になります。

1. ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)および井川氏に対する通知書の送付について

本日、弊社顧問弁護士より、VAZ社および井川氏に対し、VAの 大量販売など一連の行為による損害または損失が発生した本サービ スユーザーへの損害賠償または損失補填、VALU保有者からのV Aの買取り、ならびに損害を被ったユーザーに対する今後の具体的 な対応の内容およびスケジュールの公表等を勧告する通知書を内容 証明郵便により送付いたしました。

VALU公式サイトより引用

また、この発表がでる前に、顧問であった井川氏はTwitterでVAZ社及びネクストステージ顧問を辞任することを発表。ネット上ではこの井川氏の責任逃れな行動に対して、「逃亡した」などの声が出ているようです。

今回の損害賠償で騒動は解決に向かうのか?まだ一悶着ありそうな予感もしますが、まずは第一にユーザーへしっかりと返金されることを祈ります。

今注目のクラウドファンディングサービス

新しい資産運用として1万円から投資できる「融資型クラウドファンディング」の注目サービスをご紹介!

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り12%以上の案件も!海外事業へ少額1万円から投資でき、高金利収入が狙える新しい資産運用を提供!

公式サイトはこちら

小口分散」というリスク分散を方法を適用させることで、貸倒れのリスクを最小限まで抑えるクラウドクレジット。日本初となる国際展開を実現させ、初心者向けとなる「為替ヘッジあり」の案件も用意しているソーシャルレンディング業者。投資家のニーズに合わせた商品の出し方が特徴的で、投資家は自分のレベルやリスクを選んで投資先を選ぶ事が出来る。

▼1万円から不動産投資が可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から始められる不動産投資型クラウドファンディングとして業界内でも高い人気を誇るサイト。利回り4.8~14.5%(年利)が期待できる東京都内のマンションやオフィスビルへ1万円から投資することが可能!案件は全て不動産担保つきで、不動産のプロに運用を任せられるので投資に手間をかけたくない人にもおすすめです。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較