当サイトおすすめ業者

Fintechの影響力。領域の発展は「一般の人」をどう変えるか?

Fintechの影響力。領域の発展は「一般の人」をどう変えるか?

Fintech(フィンテック)という言葉が一般の方にも浸透するようになって数年が経過しました。そのなかでもソーシャルレンディングは既存の金融機関中心の構図を大きく変えるきっかけになっています。

日本では別名「融資型クラウドファンディング」とも呼ばれるソーシャルレンディング。2016年にイギリスではISAの対象に追加され、10年後には100兆円から300兆円の市場規模になるとも予測されています。なお、ISAは日本におけるNISA(少額投資非課税制度)の参考になっており、日本のソーシャルレンディングにとっても先行事例だと言えるでしょう。

そんなソーシャルレンディングはFintech領域のひとつです。Fintechの語源のもとになった金融機関やテクノロジー業界に詳しい人は話題にしていますが、あまり一般の人には浸透していないような印象を持ちます。実際に一般の人はどうでしょうか?

Fintech領域は「一般の人」をどう変えるか

Fintech領域は一般の人をどう変えるか

市場規模の将来的な見込みから考えると、ソーシャルレンディングが今後の日本でもさらにメジャーになっていくことは間違いないでしょう。ただ、意識的なところでは一般の人のなかには「Fintechってなに?」という構図はなかなか変わりません。これは市場規模とは異なるところ。なぜでしょうか?

それは、Fintechがなくても“一般の人の生活が困ることはない”という面が大きいからといわれています。特に金融サービスの整備された日本では、その傾向が顕著です。

では、ソーシャルレンディング以外のFintech領域で考えてみます。たとえば仮想通貨がなくては自国の通貨が使い物にならない、国内間の送金でも許容できない手数料が必要となる、金融機関の人に資産活用を相談しても資産が減るだけ…といった場合、Fintechの各種サービスは短期間で広がっていくでしょう。

実際に新興国では、国のインフラの代わりにFintech技術が大きな支持を得ています。これらは現状、既存のサービスや専門家で十分な部分でもあるため、一般の人に広く利用されるには距離があるといえます。

今後、何かしらの理由でこれらのサービスが顧客に届かなくなる状態になったとき、いわゆる「当たり前」ではなくなった時に提供されているサービスが更に支持を得るのではないでしょうか。

ソーシャルレンディングは一般の人にもわかりやすい位置づけ

ソーシャルレンディングは一般の人にもわかりやすい

そのなかでも、ソーシャルレンディングは「金融機関を介さない投資」という位置づけで、一般の人からも支持を得やすいものです。既存の株式投資や投資信託には、ソーシャルレンディングの持つ「金利が高く、手数料が低い」という相反するメリットを有した投資方法はないため、代替的な方法になりやすいといえます。

かつ、日本は貯金から投資へ、という流れが国や金融機関も一丸となって進めています。金融機関の一部は現状のままで発展が見込めず、Fintechを武器に今後の戦略を求められています。今後は金融機関が中心になって進めていたNISAにソーシャルレンディングを含めることも含めて、活躍する場が増えていくのではないでしょうか。

そのためには、様々なベンチャー企業が大企業などから支持を得て、サービスの提供者になっていくことが大切です。会社設立から期間が経過していないながらも資金調達に成功し、魅力的なサービスを提供するベンチャー企業はスタートアップと呼ばれ、Fintechサービスのなかで中心的な存在となっています。

一方で、多くのスタートアップ企業のなかで「一般の人」の支持を得られるのはどのような企業なのでしょうか?そこで重要な選抜要素となるのが「セキュリティ」に対する企業の姿勢です。

セキュリティが支持されるスタートアップを分ける

少なからずスタートアップ企業には「個人情報」を預けます。たとえ企業側に悪意がなかったとしても、万が一のことがあった場合に預けた個人情報はとても不安です。開発のエンジニア、営業担当、マーケティング担当などスタートアップに求められる要素は多岐にわたりますが、そのなかでもセキュリティに人員を避けるかどうかは大きなポイントです。

実際にFintech企業のなかでも先頭を走っているPFM(家計簿アプリ)の業者は、セキュリティ担当に多大な人力を割いています。それだけ、万が一のことに対応するにとどまらず、セキュリティについて対応を整備することがスタートアップについて必要なことだと、会社全体で理解しているのでしょう。

「一般の人」が企業を選ぶ際にはどれくらいセキュリティに力を入れているのか、という点を重要視するのもひとつの方法です。

まとめ

Fintech領域が与える「一般の人」への影響力についてお伝えしました。

これまでの技術がそうであったように、日常の生活にどこまで影響力があるか、がひとつの分水嶺になっていくのかもしれません。今後の流れに注目していきましょう。

注目のFintechサービス!人気のソーシャルレンディング会社

Fintech分野の中でも急速な拡大を見せているソーシャルレンディング。ここでは今注目のソーシャルレンディング会社を紹介します。

▼大手商社「伊藤忠商事」が株主の信頼性!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

Fintech分野に力を入れている大手商社「伊藤忠商事」が株主のクラウドクレジット。海外と国内の資金需供を繋ぐプラットフォームとして、“利回り10%前後”の海外案件に投資することが可能!今までにない新しい資産運用を始めたい方にもおすすめです。

▼不動産のプロが運営する安心感

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められる話題のソーシャルレンディングサービス。運営するのは東証マザーズに上場したロードスターキャピタル株式会社です。不動産のエキスパートとして全案件に不動産担保をつけた、安全性の高い投資案件が魅力的。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較