当サイトおすすめ業者

ソーシャルレンディングの確定申告、年間取引報告書の状況まとめ

ソーシャルレンディングの確定申告、年間取引報告書の状況まとめ

いよいよ今年2017年(平成29年)も確定申告の季節がやってきました。

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の分配金は雑所得に分類されるため、昨年2016年(平成28年)に分配金を得て、雑所得が20万円を超えた方は確定申告が必要となります。

該当の可能性がある方は申告漏れがないよう、各ソーシャルレンディング業者が発行する「年間取引報告書」や「支払調書」をしっかりと確認して確定申告を行いましょう!

ソーシャルレンディングの税金について

それでは、まずはソーシャルレンディングの税金についてです。

前述したように、ソーシャルレンディングでは分配金が「雑所得」として総合課税の対象となり、20.42%(20%+復興特別所得税2.1%)が源泉徴収された額が、分配金として投資家の手元に入ってくる仕組みとなります。

そのため、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下の方は原則的に確定申告を行う必要がありませんが、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以上となった場合は確定申告を行わなければなりません。

ソーシャルレンディングで確定申告が必要な人
給与所得と退職所得以外の所得が20万円以上の人

ただし、これらの条件に当てはまらない人も所得によっては確定申告を行うことで還付を受けれる可能性があるので、詳しくは国税庁の特設サイトにて確認してください。

確定申告をするには?

それでは、そんなソーシャルレンディングの確定申告をするために必要なのが、各業者が確定申告をする年の1月下旬~2月上旬にかけて発行する「年間取引報告書」です。

この年間取引報告書には、確定申告の対象となる年の分配金の合計額や源泉徴収額等が記載されているので、投資家はその情報を元に確定申告を行うこととなります。

よって先程、雑所得が20万以上の方は確定申告をする必要があるとお話しましたが、実際にいくら収益があったのか分からず焦っている方も、まずはこの年間取引報告書が業者から発行されるのを待っておきましょう!

また、複数のソーシャルレンディング業者を利用している場合は、それぞれの業者ごとに年間取引報告書をダウンロードして、その合計額を確定申告時に記載する必要があります。ここからはそんな各ソーシャルレンディング業者の年間取引報告書の発行状況について情報をまとめたので参考にしてみて下さい。

営業者別年間取引報告書状況

みんなのクレジット

みんなのクレジットの支払調書について

わずか9ヶ月で成立金額が30億円を超える成長を見せた「みんなのクレジット」は、平成28年(2016年)にサービスを開始したばかりのため、今年がはじめての確定申告の年となります。そんなみんなのクレジットでは毎年2月上旬をめどに「支払調書」がダウンロード可能となるようです。

また、2016年度分の確定申告に関しては、みんなのクレジットのマイページに入ってすぐ上に「支払調書出力」というボタンがあるので、そちらからダウンロードしましょう!みんなのクレジットの税金・確定申告に関してさらに詳しい解説は下記のリンクからも確認できるので、参考にしてみて下さい。

クラウドクレジット

クラウドクレジットの取引残高報告書について

1万円から高利回り海外投資が始められる「クラウドクレジット」はマイページへログイン後、下部にある「取引残高報告書」から分配金の確認ができます。また、クラウドクレジットは2016年に預託金口座を開始しているため、今回の取引残高報告書には預託金口座を介さない取引分、預託金口座を介した取引の分配分が確認できるようになっているようです。

オーナーズブック

オーナーズブックの年間取引報告書について

1万円から不動産投資に参加できるとして注目度も高い「オーナーズブック」では、マイページへログイン後、メニュー内「明細&関連書面」ページヘ移動すると、現在すでに「年間取引報告書」が掲載されているようなので確認してみて下さい。

ラッキーバンク

ラッキーバンクの年間取引報告書について

ついに成立金額が70億円を超えた「ラッキーバンク」。人気案件は常に募集殺到状態であるため、昨年もなかなか投資できなかったという人が多いかもしれませんが、その中で投資できたというラッキーな方は、毎年2月上旬をめどに「年間取引報告書」がマイページよりダウンロード可能となるので確認しておきましょう!

トラストレンディング

トラストレンディングの取引残高報告書について

ノンバンクが運営する業者として知られている「トラストレンディング」では昨年も多くの償還が行われ、着実に実績を積み重ねていると感じる業者です。そんなトラストレンディングでは3ヶ月に1回、取引期間において取引明細を報告する「取引残高報告書」が発行されているので、その書類をもとに確定申告を行って下さい。

クラウドバンク

クラウドバンクの年間取引報告書について

証券会社が運営する「クラウドバンク」ですが、今年から確定申告における年間取引報告の見方が変わったようです。と言うのも、2015年までの分配金に関する確定申告においては、クラウドバンクが発行する支払調書を利用していましたが、今年の確定申告(2016年度分)からはマイページ内の「期間損益報告書」を利用することとなります。

期間損益報告書とは?

「期間損益報告書」は、お客様が「クラウドバンク」で指定期間内に行った取引の損益等の合計額を計算した書類です。任意の期間を指定することで、当該期間内の所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税、分配金、貸倒金、為替差損益などの損益をご参照いただけます。

クラウドバンクの公式サイトより引用

また、この「期間損益報告書」はマイページ内、各種書類からダウンロードすることができ、印刷も可能とのことです。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングの年間取引報告書について

大手SBIグループが運営し、変わらない人気を誇る「SBIソーシャルレンディング」は、毎年確定申告用の書類として「年間取引報告書」をPDFで交付しているようです。しかし、現時点ではまだ2016年度の確定申告に関しての情報は公開されていないので、新たな情報が入リ次第追記したいと思います。

マネオグループ

マネオグループの年間取引報告書について

ソーシャルレンディング業界の中でも最大手業者として知られる「maneo(マネオ)」を筆頭に、現在8つのソーシャルレンディング事業を展開しているマネオグループについては、2016年12月に誕生した「さくらソーシャルレンディング」を除いては、どの業者も1月下旬~2月上旬頃よりマイページにて「年間取引報告書」がダウンロードできるとのことです。

マネオグループの業者
-maneo(マネオ)
-LCレンディング
-クラウドリース
-ガイアファンディング
-アメリカンファンディング
-スマートレンド
-グリーンインフラレンディング
-さくらソーシャルレンディング

税金・確定申告まとめ

このようにソーシャルレンディングの分配金は雑所得として総合課税されるため、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以上の方は確定申告が必要となります。また、そのためには各業者が毎年1月下旬~2月上旬にかけて発行する「年間取引報告書」が必要です。

年間取引報告書は複数のソーシャルレンディング業者を利用している場合、その数分だけ確定申告時に合計金額の記入が必要となるので、利用している業者では年間取引報告書をいつダウンロードすることができるのかしっかりと確認し、申告漏れがないように注意しておきましょう!

また、税金や確定申告などの個人差がある質問は、ソーシャルレンディング業者に行っても返答に期待はできないため、税務署もしくは税理士に相談するようにして下さい。しかし、そんな簡単に税理士にお願いできないという方は、確定申告前に税理士による無料税務相談等が区役所などで実施されるケースもあるので、住んでいる地域の情報を確認してみましょう!

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較