当サイトおすすめ業者

1ヶ月の案件比較!すぐに投資可能なソーシャルレンディング業者は?

1ヶ月の案件比較!すぐに投資可能なソーシャルレンディング業者は?

よし、ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)で投資してみよう!そう思っていざ口座開設をしてみたものの「投資できる案件がない」という苦い経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

FXや株式投資などと違って市場の影響を受けないソーシャルレンディングは常にチャートを見張っておく必要がないというメリットがある一方で、投資できる案件の募集がなければ投資できないというデメリットがあります。

そのため、口座開設しても投資できないという矛盾が生じることがあるため、案件の募集が多く、いつでも投資できるサービスを利用するに越したことはありません。

今回はソーシャルレンディング業者の1ヶ月の案件から業者を比較、どの業者が比較的投資しやすいのか紹介しているので、案件の募集を待たずにすぐに投資を開始したいという方は参考にしてみて下さいね。

1ヶ月で投資できた日数、時間はどれくらい?ソーシャルレンディングの案件比較

それでは早速、各ソーシャルレンディング業者の案件を比較してみましょう。今回比較対象としているのは、ソーシャルレンディング業界でも知名度が高い、または当サイトでもよく閲覧されている業者maneo、みんなのクレジット、ラッキーバンク、トラストレンディングです。

一番投資できる日数があった、投資できる時間が長かった業者はどこなのか、次の業者の案件比較表で確認してみて下さい。

2017年2月の案件比較表

業者名投資できた日数投資できた時間
ラッキーバンク2日12分程度
トラストレンディング3日数時間程度
maneo28日24時間
みんなのクレジット28日24時間

※2017年2月の募集案件を比較 ※数値にはズレが生じる可能性があります

このように比較してみると、2017年2月はラッキーバンクが2/11、2/20の2日間、トラストレンディングが2/2、2/9、2/16の3日間のみの募集で、両業者とも募集枠がすぐに埋まってしまうため、投資できる機会が非常に少なかったということが分かります。

また、業界大手のmaneo(マネオ)、キャンペーンが話題のみんなのクレジット等その他の業者に関しては、基本的にいつでも投資できる環境にあるようです。

同じソーシャルレンディング業者でも、投資できる日数や時間にこれだけ違いがでるのはなぜなのでしょうか? ここで各業者の案件の埋まり具合の違いについて詳しく解説していきましょう。

なかなか投資できないラッキーバンク、トラストレンディング

なかなか投資できないラッキーバンクとトラストレンディング

2017年2月はラッキーバンクとトラストレンディングに投資できる日数、時間が少なかったように感じます。他の業者と比べてみても限られた日数でしか投資できないということから、実際に投資できなかったという方もいたのではないでしょうか?

そこで、この件に関して考えられることは2017年1月に両業者とも金融庁の検査が入ったということです。現在すでに検査は終了しているようですが、案件の募集が活発的に行われたという印象はありません。

また、ラッキーバンク、トラストレンディグはともにソーシャルレンディング業界において非常に人気が高い業者です。特にラッキーバンクに関しては以前「ラッキーバンクの案件は即時完売!人気過ぎるが故の投資家の不満」の中でも解説したように、いまだに案件の募集開始からいつも数分程度で募集枠が埋まってしまうという事態が発生しています。

そのため、なかなか投資できない投資家が多いということが想定されるので、すぐに投資を始めたいという投資家にはあまり向いてない投資先となるかもしれません。

すぐに投資したいならmaneo、みんなのクレジットがおすすめ!

そしてすぐに投資を始めたいなら、案件数が多いmaneo、募集枠が大きいみんなのクレジットがおすすめです。

案件が多い業界最大手のmaneo(マネオ)!

投資案件が多いの業界最大手のmaneo(マネオ)

業界最大手のmaneo(マネオ)は案件の募集が特に多い業者です。数えてみたところ、2017年2月の募集案件の数は73件でした。(※グループ業者、GMO限定の案件は含まず)

これは他のソーシャルレンディング業者が月に数件の案件募集であることを考えると、非常に案件の数が豊富=投資できる機会が多いということが言えるでしょう。

▼公式サイトはこちら

マネオ
マネオ

国内最大手!期待利回り5.0~8.0%、償還実績多数の安心感で業界シェアNo.1を誇る業者といったらココ!

公式サイトはこちら

募集枠に余裕があるみんなのクレジット!

投資の募集枠に余裕があるみんなのクレジット

みんなのクレジットは案件の募集枠が数億円と大きいので、基本的にいつでも投資することができる業者です。

maneoと比べると募集案件はそこまで多くはありませんが、maneoの期待利回りが5~8%であるのに対し、みんなのクレジットは8~9%近い案件も多く、キャンペーンによるキャッシュバックも期待できることから、高い収益性を実現するなら利用しない手はありません。

そんなみんなのクレジットのキャンペーンについて詳しく知りたい方は「みんなのクレジット注目のキャッシュバックキャンペーン情報まとめ」も参考にしてみて下さい。

▼公式サイトはこちら

みんなのクレジット
みんなのクレジット

最大利回り14.5%の業界最高水準!低金利時代の新しい投資先としてサービス開始から10ヶ月で成立金額40億円を突破!

公式サイトはこちら

まとめ

今回はソーシャルレンディングで比較的投資しやすい業者を紹介しました。ソーシャルレンディングはFXや株式投資などと違って、案件がなければ投資できないというのがデメリットとなります。

そこでおすすめなのが、案件の募集を待たずに投資を始められるmaneoみんなのクレジットです。両業者とも基本的にいつでも投資することが可能なので、スムーズに投資を始めることができるでしょう!

口座開設したのに投資できないということがないように、これらの業者をうまく利用してみて下さい。

すぐに投資をはじめたいならこの業者!

▼案件の種類が豊富な最大手業者!

マネオ
マネオ

国内最大手!期待利回り5.0~8.0%、償還実績多数の安心感で業界シェアNo.1を誇る業者といったらココ!

公式サイトはこちら

▼募集枠が大きく高い収益性にも期待大!

みんなのクレジット
みんなのクレジット

最大利回り14.5%の業界最高水準!低金利時代の新しい投資先としてサービス開始から10ヶ月で成立金額40億円を突破!

公式サイトはこちら
オーナーズブックインタビュー

関連記事一覧