当サイトおすすめ業者

投資のリスクを比較!低リスクで資産運用におすすめな投資は?

投資のリスクを比較!低リスクで資産運用におすすめな投資は?

日本は他の先進国と比較して、投資や資産運用といった類のものに対して前向きではない人が多い事で知られていますが、その背景には「投資にはリスクが付き纏う」という部分が大きな要因となっているとも言えます。

しかし、一言に「投資のリスク」と言っても資産運用方法が異なれば、リスクも利益率も異なるため、これから投資を始めたいと考えている方は低リスクで資産運用が行える投資方法を選択する事が大切です。

投資の種類とリスクを比較

それでは実際に投資としてよく活用されている金融商品の特徴を見てみましょう。代表的なものとして、株式投資、FX、投資信託などがありますが、資産運用を行うにあたってそれぞれの特徴とメリットとデメリットを把握しておく必要があります。

株式投資

投資の種類1_株式投資
投資金:30万円~1000万円程
リスク:★★★☆☆
難易度:★★★★☆

株式投資は株を持つことで、株式を発行している会社に対して意見を言う事もできれば、株主優待を受けることもできます。

長期間保有する事で会社からの分配金を受け取りたいという投資家には適しており、会社の価値が上がる時に持ち株を売却する事で利益を得ることが可能です。しかし、逆に会社の価値が下がる時に売却することで損失になる仕組みとなっています。

また、最近では株式を所有することで受けられる株主優待のサービスを目的として、株式投資に参加している投資家も非常に多く存在しており、会社によっては株主を招いた食事会などを開催していることもあります。そのため、配当以外の部分での恩恵も受けられる金融商品となっていると言えるでしょう。

投資額は「多ければ多いほど良い」と言われている面もあるため、少額から投資を始めたいと考えている投資家にとっては敷居の高いものとなっているかもしれません。

株式投資は基本的に”金の奪い合い”なのでレベルの高い人が多い場合や参加者が少ないと資金参入者には稼げません。新しい金融商品が増えてきた事で市場参加者や新規参入者が減り、今生き残っている個人のレベルは高いものだと言えるでしょう。

FX(外国為替証拠金取引)

投資の種類2_FX
投資金:3万円~10万円程
リスク:★★★★★
難易度:★★★★☆

FXとは外国為替証拠金取引の事を指します。

「外国為替取引」「証拠金取引」が組み合わさった形で、少額の証拠金をかけて大きく外貨運用を行う事をFX(外国為替証拠金取引)と呼んでおり、少額の資金で始められるということで多くの投資家が利用している金融商品とも言えるでしょう。

外国為替取引 → 円/ドル 円/ユーロなど異なる2種類の通過を転換する取引
証拠金取引 → 証拠金を担保に証拠金以上の金額を運用する取引

FXは投資金も比較的少額から始めることができますが、数百万円という金額を動かす投資家も非常に多く、短時間で大きな利益を得ることも可能。しかし、FX特有のレバレッジを使って取引を行う事で少額の取引でも大きな利益を得られる仕組みになっている反面、もしも不利な方向に相場が変動した場合は証拠金を上回る額の損失が発生し、追証(追加証拠金)を背負うリスクがあります。

追証は一言で言い換えれば借金です。レバレッジを使って取引をしている以上、利益も損益もレバレッジの倍率で計算が行われるため、証拠金(担保)が足りない場合は証拠金を追加入金しなければなりません。

つまり、ある程度資金に余裕があり、短時間で稼ぎたいという投資家のニーズには合っている金融商品ですが、手元にある余裕資金だけで資産を運用していきたいという投資家には向いていない投資と言えます。

投資信託

投資の種類3_投資信託
投資金:1万円~100万円程
リスク:★★★☆☆
難易度:★★☆☆☆

投資信託は多くの投資家から少しづつ集めた資金を、一つの大きな資金として投資家の代わりに投資の専門家に運用してもらう金融商品です。株式、債権など運用を行う商品は様々で、その運用結果が投資額に応じて分配される仕組みとなっています。

必要資金は商品や取扱販売会社によって多少異なりますが、1万円から購入できるファンドもあるため、少額から資産運用を行いたいという投資家には参加しやすい金融商品と言えるでしょう。

ただし、商品によっては10万、100万円などの単位からしか購入が出来ない商品もあるため、これらの商品を購入するとなるとある程度まとまった資金が必要です。

一方、先でも述べた様に運用の専門家に運用してもらうため、投資家自身に専門的な知識がなくても参入し易いというメリットがあります。知識があるに越したことはありませんが、年配の方が年金を利用した資産運用方法として活用するのにはこの様な理由が挙げられます。

不動産投資

投資の種類4_不動産投資
投資金:物件価格の20~30%程
リスク:★★★★☆
難易度:★★★☆☆

不動産投資は実物資産としてアパートやマンションを建て、住まわれる方から家賃として収入を得る投資スタイルです。

家賃収入が定期に入ることもあり、入居者があまり引越しをしなければ安定的とも言われていますが、その一方で入居者がいない場合には収入が減ったり、入居者同士のトラブルなどのリスクもあるため、管理が必要とされています。

実物資産のために、入居者が多い少ない関係なく固定資産税が発生するため、建てるだけでなく、その後の運用も大切と言えます。

ソーシャルレンディング

投資の種類5_ソーシャルレンディング
投資金:1万円~10万円程
リスク:★★☆☆☆
難易度:★☆☆☆☆

ソーシャルレンディングは仲介業者を通して企業や個人に資金を貸し付ける事で、元利金を受け取る事のできる資産運用方法です。貸付先が倒産してしまった場合や、事業者が破綻してしまった場合に元金が戻ってこないというリスクはありますが、これまで元金が全て損失するような貸し倒れは発生していないことからも、比較的安全性の高い金融商品と言われています。

そのため、他の金融商品と比較しても低リスクで資産運用が行える投資です。短期間で利益を追求するFXなどとは異なり、インカムゲインを主体とした利益獲得を目指すため、実際に出資してから手元に利益が残るまでに時間がかかってしまうのが唯一のデメリットと言えるでしょう。

しかし、ソーシャルレンディングは基本的に営業者を通して資金を貸し付けるという仕組みだけですので、特別な投資の知識がなくても始められるというメリットが存在します。また、営業者にもよりますが、1万円という少額から参加できる所も少なくないため、身の丈にあった資産運用が可能です。

高リスクの投資方法は?低リスクの投資方法は?

高リスクの投資方法は?低リスクの投資方法は?

高リスクの投資方法としては先物取引などありますが、ここで紹介したもので身近という意味では、やはりFXが最も高いリスクの金融商品と言えるでしょう。

レバレッジ設定を高めにすることで少ない資金でも投資は可能ですが、もしも損失が発生するようなことになればその分、証拠金を補填しなければなりません。余剰資金で資産を運用したいという方には、追証はかなりの痛手となるため、リスクの高い金融商品は避けるように心掛けたほうがいいと言えます。

反対に低リスクの投資方法はと言うと、投資信託やソーシャルレンディングと言えるでしょう。投資信託はたくさんの種類がありますが、その中でも国債や社債に投資するタイプなどが比較的安定しています。

また、ソーシャルレンディングにおいては今のところ全体的に貸し倒れがないことと、市場の影響を受けないことから安定しているという面で見ればリスク的には低いと言えそうです。FXのように元金以上の損失が出ることもなく、リターンに関しては投資信託より高い利回りが期待できるのは魅力的だと言えるでしょう。

低リスクかつ高金利のソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは他の金融商品に比べてリスクは低く、高利回りを実現していることから、今後は投資する方も増えてくるのではと予想されます。今は投資信託などに比べると知名度こそ低いものの、営業者の数も20社以上と以前に比べてその数は急激に増えている印象です。

また、今までに株式、FX、投資信託で損失を受けた方にとっても、市場の影響を受けないソーシャルレンディングは疲れない投資先として分散投資にも向いていると言えます。投資なので、絶対に貸し倒れは起きないとは言い切れませんが、資産運用に安定性を求めている投資家にとってはオススメです!

当サイトのおすすめ業者はここ

▼10%超えの高利回り案件に投資できる!

クラウドクレジット
クラウドクレジット

期待利回り7~14%以上の海外投資!少額1万円から高金利収入が狙える新しい資産運用のカタチを提供!

公式サイトはこちら

小口分散」というリスク分散を方法を適用させることで、貸倒れのリスクを最小限まで抑えるクラウドクレジット。日本初となる国際展開を実現させ、初心者向けとなる「為替ヘッジあり」の案件も用意しているソーシャルレンディング業者。投資家のニーズに合わせた商品の出し方が特徴的で、投資家は自分のレベルやリスクを選んで投資先を選ぶ事が出来る。

▼1万円から不動産のプロが選んだ案件に投資可能!

オーナーズブック
オーナーズブック

新しい資産運用として少額1万円から不動産投資が可能!不動産のプロが多く在籍する営業者として投資初心者にも人気

公式サイトはこちら

1万円から不動産投資が始められるオーナーズブック。不動産のプロにより結成されており、そんな不動産のプロが選んだ案件に投資できるのが何よりの魅力!全案件が都内の不動産でLTV率を80%に抑えた担保が設定されているので、安全性が高いという面からも初心者におすすめ。

オーナーズブックインタビュー

関連記事一覧