当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

クラウドファンディングで太陽光投資!オススメ業者まとめ

クラウドファンディングで太陽光投資!

高い利回りが期待出来る投資の1つとして人気の太陽光発電などの再生エネルギー投資ですが、これらの事業を行うには土地や高額の資金が必要となるため、企業や一部のお金持ちしか手が出せないというのが現実問題としてありました。

しかし近年ではこれまで参加が難しいとされた個人でも、一口10万円程度から太陽光発電事業に参加ができる融資型(貸付型)クラウドファンディングが注目を集めています。この太陽光ファンドは従来の再生エネルギー投資と同様高い金利が得られる事に加え、余裕資金で無理のない投資が行えるのがメリットで、ファンドが公開されて数時間で完売するほど人気です。

太陽光発電投資と太陽光ファンドの違い

このように複数の投資家や企業から資金を募り、太陽光発電設備を設置するにあたり必要な資金を集めるのが太陽光ファンドのビジネスモデルとなっています。設置後の管理も投資家自身で行う必要がありませんので、一度投資を行えば定期的に支払われる分配金を受け取るだけで負担も殆どありません。

また、太陽光投資の人気の理由として高い金利という点が挙げられますが、その他にも日本政府が2012年から開始した再生可能エネルギーの普及を目的とした制度「固定価格買取制度」というものがあります。

この制度では太陽光、風力、水力などで発電された再生エネルギーを電気事業者に国が定めた固定価格で買い取らせるというもので、固定価格買い取り期間は20年と政府が保証しているため、発電量が予想通りとなる限り収益は確保される点が最大のメリットです。

ココがポイント!
・少額投資が可能な太陽光投資=太陽光ファンド
・基本的に設置後の管理などの手間が不要
・2012年から開始された制度により、20年は固定価格で買い取りが行われる

太陽光ファンド投資を始めるには?

太陽光ファンド投資を始めるには運営業者となる合同会社(金融庁の登録を受けた第二種金融商品取引業者)から資料請求を行う、運営サイトへの登録などの手続き必要です。また、太陽光ファンドを取り扱う日本国内の人気業者を下記でご紹介!

エコの輪ファンド

エコの輪ファンド

公式サイト:エコの輪ファンド

株式会社エコスタイルが運営する「エコの輪ファンド」は少額で始められる事業型ファンドを取り扱う合同会社。「土地やパネルの選定等のわずらわしさが一切なし」ということで、太陽光発電に対する知識が無い方でも安心して投資が行えるようなスキームが作られている。

株式会社ゼック

株式会社ゼック

公式サイト:株式会社ゼック

2007年11月20日に設立された株式会社ゼックは日経新聞をはじめとする様々なメディアに取り上げられている合同会社。平均分配率の8%~9%となっていますが、現状では9%以上と非常に高い水準となっているため人気の太陽光ファンド。

SBIソーラー

SBIソーラー

公式サイト:SBIソーラー

住宅用から産業用、土地分譲型の太陽光まで幅広いニーズを持つSBIソーラー。住信SBIネット銀行やSBI証券などの金融機関を有するSBIグループが運営しているため、グループの力を活用した太陽光発電事業の新規商品、サービスの開発に長けている。

高い利回りの背景には”ハイリスク”が付きもの?

太陽光発電投資のリスク

高い利益率の金融商品には、それなりのリスクが伴うと言う意味で投資の世界ではよく耳にする「ハイリスク・ハイリターン」という言葉。

太陽光投資にも当てはまるのかと言う点が気になるという人も多いため、実際に太陽光投資事業を行うにあたって考えられるリスク面、元割れの可能性も含めてを予め把握しておく必要があります。

日射量によって収益が左右される

当然ですが太陽光発電は太陽の日射によって発電を行うため、日射量が少ないと売電出来る電力が減る事により収益が減ります。太陽光ファンドの場合は予め目標利回りが設定されていますが、日射量が少なかった場合は分配金が減ることになるため予定していた金利を受け取れない事になり兼ねません。

ただし、株式会社ゼックの分配率を見てもわかるように想定していた日射量を超える日射があった場合は分配金も多くなり、投資家の利益が増える事となります。

災害発生時のリスク

大規模な災害が起こり、設備が破損した場合などは発電自体が行えなくなります。不測の事態に対するに備えた保険に加入を行っている所が多いですが、地震などのリスクをカバーできる損害保険が無い場合は加入していないケースもあるため、予め把握しておかなければなりません。

太陽光の設備自体は、ある程度の地震には耐えられる構造になっているため地震だけで全壊することは考えられませんが、東日本大震災のように津波などの二次被害も考えられますので、太陽光設備の設置を行うにあたって安全な場所が選定されていることを事前に確認しておきましょう。

元本が保証されていない

これも投資を行う以上仕方ない事ですが、元本が保証されているものではありません。配当金と共に元本の返済が行われるようになっていますが、出資法第1条においても元本を保証して出資を募る行為は禁止されていますので、その旨を十分に理解したうえで投資を行う必要があります。

リスク面を踏まえても太陽光発電投資は魅力的!

太陽光投資のリスク面について上記で解説しましたが、そのリスクを踏まえても太陽光投資の高い利回りというのはやはり魅力的だと言えます。大手銀行の定期預金金利と比較しても、太陽光発電投資の方が圧倒的に利率が高いため、老後に向けた自衛策として、家族や子供の将来のために太陽光ファンドに参加してみるのも面白いかもしれません。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較