返金トラブル
に関する質問

もっと見る

maneoファミリーであるガイアファンディングで、全案件利息期限喪失!!

maneoファミリーであるガイアファンディングで、全案件利息期限喪失!!

2018年11月22日、クラウドファンディング業界に衝撃的なニュースが飛び込んできました。
それは、海外不動産投資案件のクラウドファンディング業者であるガイアファンディングで、元金の返済遅延と全案件の利息の期限が喪失したとのこと。

全案件ってどういうことなの…

投資家の方はかなり不安な状況に陥っているかと思いますが、その実態はどの様になっているのか、調査してみました。

ガイアファンディングによる、全案件利息遅延案件の報告内容とは

ガイアファンディングより、下記の通り利息遅延の報告がありました。

①11月19日に、138にも及ぶファンドで元利金の未回収が発生

②全ファンドで利息の支払いが無く、期限の利益を喪失=利息分は戻ってくることはほぼほぼ無くなった?

利息の支払いや元金の返済が遅れたファンドは以下の通りです。

1.利息の支払いが遅延したファンドについて
○ファンドの概要
対象ファンド数:138ファンド(ファンドID369~372を含む)
利     息:35,102,393円(ファンドID369~372の利息分を含む)
※3周年記念ローンファンド11号~13号(ファンドID531~533)をのぞく全案件

(中略)

2.元金の返済及び利息の支払いが遅延したファンドについて
(1)ファンドの概要(2ファンド)
a.サンフランハウスコレクションファンド1号(ファンドID369)
ファンドID 369
ファンド名  サンフランハウスコレクションファンド1号
案件名   【事業者A社向け】サンフランシスコ 米国不動産事業資金ローンへの投資
      【事業者C社向け】 米国事業性資金支援ローンへの投資
貸付実行日  2018年2月5日
融資金額   36,200,000円
最終返済日  2018年11月19日
URL    https://www.gaiafunding.jp/apl/fund/detail?fund_id=369
残高     36,200,000円

(中略)

b.「サンフランファミリーホームファンド1号~3号」(ファンドID370~372)
ファンドID  370~372
ファンド名   サンフランファミリーホームファンド1号~3号
案件名    【事業者B社向け】シリコンバレー 米国不動産事業資金ローンへの投資(第1次募集~第3次募集)
       【事業者C社向け】 米国事業性資金支援ローンへの投資(第1次募集~第3次募集)
貸付実行日  2018年2月5日
融資金額   59,100,000円
最終返済日  2018年11月19日
URL    https://www.gaiafunding.jp/apl/fund/detail?fund_id=370 他
残高     59,100,000円

引用:【延滞発生に関するご報告】 2018年11月19日運用終了予定案件および全ファンドの利息|ガイアファンディング

今回の遅延の原因は、まだはっきりしていない?

上記の案件は全て、戸建て住宅を仕入れ、工事申請許可を取得した後、リノベーション工事、販売までを一貫して行うプロジェクトで、販売期間の延長に伴う借り換え資金を融資したとのことですが、maneoマーケット社やガイアファンディング社から直接事業者に融資をするのではなく、間に法人3社入っているとのこと。

今回のプロジェクトが当初予定していた期間内に終わらなかったという事が原因の一つではあるそうですが、法人3社や資金の最終到達先を含めどの時点で元金や利息の返済が滞っているのかはっきりしていないのですね。

クラウドファンディング業界において最終融資先までに数社が入る事はよくある事なのじゃが、こんなにも実態がはっきりしないのは考えものじゃな。

現時点でのガイアファンディング案件の返済実績

ガイアファンディングのローン返済実績

こちらはガイアファンディングの公式サイトに掲載されている、ローンの返済実績一覧です。

こちらによると、貸付金額は93億2,720万円、その内完済されたのは50億8,505万円となっており、その差は約42.4億円
その42.4億円の内37億2,128万円が返済中という事ですね。

返済中のものも含め、42.4億円全てがきちっと返ってくるのか怪しくなってきたね。。。

今後maneoファミリーはどうなっていくのか

今回この様な事態が起こってしまったガイアファンディングや、今年7月にmaneoマーケット社が行政処分を受ける事になった案件の一因であるグリーンインフラレンディング社もmaneoファミリー。

そして現在maneoでも遅延案件が発生していて、maneoファミリーに対して不安感や不信感を持つ様になった投資家も増えたのではないでしょうか。

グループが大きくなるとメリットもありますが、問題が大きくなってしまうのも事実だよね。。。

ガイアファンディング社の今回の事態に対してmaneoマーケット社も尽力している事かと思いますが、maneo自身もいくつか問題が発生している状態なので事態が好転するにはかなりの時間がかかりそうです。

今回の事態を受けて、元金の返済を既に諦めている投資家も多い様じゃ。

※続報1※

11月28日、ガイアファンディングの公式サイト上で続報がありました。

・当社の100%子会社であり、直接貸付先であるGaiafunding Cayman Limitedへの入金は確認できておりません。

・米国関連会社からの利息の送金を確認できておりません。状況および理由は引き続き確認中、近日中にご報告致します。

・2018年12月以降を当初の返済予定日とし、今回の利息の支払いがなかったファンド全てについて、現地のプロジェクトは進行中であることを確認しております。
それぞれの進捗状況につきましては、順次ウェブサイトおよびメールにてお知らせさせていただきます。

・ガイアファンディングでは、米国の投資家資金によるリファイナンスを含め、投資家の皆様への早期の返済を目指し動いております。

引用:【延滞発生に関するご報告】 2018年11月19日返済日分全ファンドの利息(続報)|ガイアファンディング

状況は何も変わっていないということですね。。。どうなってしまうのか、引き続き続報を待つしかなさそうです。

トラブルに合わないために!

安全なクラウドファンディングサービスの選び方

安全なサービスを選ぶために、まずはサイトの実績や運営会社など自分の目で見て確認することが大切です。例えば融資型であればファンドの運用実績。購入型であれば成功したプロジェクトなどそのサイトにどんな実績があり、どんな会社が運営しているのかということを確認しておきましょう。

また、下記では管理人が安全性を独自に調査したオススメ業者を紹介!安全性は必ず保証できるものではありませんが、どんな業者をオススメしているのか参考にされて下さい。

管理人が安心して使えるとオススメできるサービス業者

投資型

融資型

クラウドクレジット

クラウドクレジット

大手総合商社の「伊藤忠商事」が株主となっている確かな健全性。新しいフィンテック時代の投資として、最大利回り14.7%が期待できる海外の成長事業に投資できる!

融資型

オーナーズブック

オーナーズブック

1万円から少額不動産投資ができるクラウドファンディング。不動産のプロが全ての案件、担保を精査し、安全性の高い投資先を選定しているので初心者にもおすすめ!

非投資型

購入型

きびだんご

きびだんご

成功率80%を誇るクラウドファンディングサイト。みんなと一緒に夢を実現するしくみをスローガンに掲げ、商品開発・イベント・動物保護など多くのプロジェクトを掲載。

寄付型

ふるさとチョイス

ふるさとチョイス

国内大手のふるさと納税サイト。政府(地方自治体)が行うクラウドファンディングなので、詐欺などのが心配なく安心してふるさと納税対象案件に寄付を行うことができる。

関連記事一覧


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較 2018キャンペーン