当サイトおすすめ業者

期待利回り8~10%の安定した資産運用を実現

体験者が語る、忙しい人にソーシャルレンディングがおすすめな理由

体験者が語る、忙しい人にソーシャルレンディングがおすすめな理由 ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)で投資を始めて半年以上が経過。そこで改めて実感したソーシャルレンディングの良さ、便利さをここではお伝えしたいと思います。 やはりソーシャルレンディングを選んでよかったと感じますし、人にもおすすめできるものだと思っています。

ソーシャルレンディングは楽すぎる?

ソーシャルレンディングは楽すぎる ソーシャルレンディングで投資をしていて毎日「面倒だな」とか「また見なきゃ」とか日常的なルーチンワークが発生したことは一回もありません。せいぜい運用会社から送られてくるメールを見て、利回りが良さそうだと感じたら、それの詳細を見に行くか、という程度でしょう。 もちろん自分が現状で登録をしている会社がわずか3社だというのもありますが、苦痛に感じるような作業は一切発生していません。それよりもメールが送られてくると「よしきたきた、今回の案件はどんな感じかな」というワクワク感のほうが高いといえます。 また、ソーシャルレンディングは毎日の相場の変動を気にする必要はありませんし、月初めの振込を楽しみにするだけともいえます。FXで投資をしていた頃は、楽しみもありましたが、一度自分のポジションと逆の変動ステージに入ると、就寝時も気になって落ち着かない、という状況でしたのでそれと比べると雲泥の差とも言えます。 また、FXのときはFRBの発表などのベントが深夜にあると、それに合わせて起きているということもありましたので、社会人には辛い側面もありました。そのため、とにかく気にかける必要がないということはソーシャルレンディングの最大のメリットだと思っています。

現在の私生活と投資状況。

現在の私生活とソーシャルレンディングの投資状況 投資状況は7月の運用実績でも書きましたが、人気急騰中の業者「オーナーズブック」に投資できないなど投資のタイミングを逃してしまったので、今月は入金をしただけで終わってしまいました! 冗談抜きで人気がありすぎて困るのがソーシャルレンディングの今の最大の欠点だと思っています。株やFXでは少なくとも持ちたくてもポジションを持てないということはありませんからね。 運用している金額は約160万円。8月は新たに20万円ぐらい資金を投球しようと思っています。副業で稼いだお金を投入しているので、生活費には手を付けていません。給料に手を付けるのは家族を養っている身としては怖いですからね・・・。そこは最低限の一家の主としての責任だと思っています。 そして8月にも新しいソーシャルレンディング運用会社に口座を開設したいと思っています。最近ソーシャルレンディングで検索すると広告が出てくる「LENDEX」という会社です。「ラッキーバンク」などのワードで検索をしてもこの会社の広告が出てくるので、かなり他の会社に投資をしている人間もターゲットとして狙っているのでしょう。 募集を開始して最初のうちは条件の良い案件を用意するものですから、投資先としてとりあえず興味をもつのは悪くないことだと思います。これからも知識を深めるため、リスクヘッジのために新しいソーシャルレンディング運用会社への投資も平行して行っていくつもりです。
現在の業者一覧はこちらから ▶ソーシャルレンディング業者を見る

特にこんな人におすすめ!

ソーシャルレンディングを運用する、というのは大げさですが、この投資を選ぶにあたって向いている人というのが大体わかってきました。

毎日ネットを見るほどの暇がない人

ソーシャルレンディングがおすすめな人1 普通の相場変動で利益を得るタイプの投資はチャートに張り付いている必要があり、社会人にはとても向いているとはいえません。また24時間相場が変動しているものは、さらにリスクが高くなります。 しかしソーシャルレンディングであれば空き時間にメールで新規募集案件を見るだけなので全く手間がかかりません。通勤時間にでも電車内でチェックすれば十分でしょう。 ただ募集開始の時間に投資できる環境が整っていないと、先ほど紹介した「オーナーズブック」のような人気業者の場合はあっという間に投資枠の上限まで行ってしまうので、投資できない=利益が出ないということになるでしょう。 そこだけがやはり欠点ですが、運用会社が増えていくことで、これらの欠点も今後は改善されていくことでしょう。

余剰資金がある人

ソーシャルレンディングがおすすめな人2 毎月の積立をして、複利で運用していくと利益はどんどん増えていきますが、その分一定の定期的に投資できる資金がないと、大きな利益を生み出すのも難しくなります。 またソーシャルレンディングは投資期間中は自分のお金でも引き出すことができませんから、生活資金を投資に回してしまうといざという時に、生活が立ち行かなくなるリスクがあります。すぐに必要としないお金を回せるように、生活費に余剰資金がないと投資はおすすめできない側面があります。 むしろ毎月貯蓄や生活費以外に投資に回せるお金があるのに、隙がない、何で運用していいかわからないという時の投資先として、ソーシャルレンディングは非常に向いているといえるでしょう。

気長に投資できる人

ソーシャルレンディングがおすすめな人3 ソーシャルレンディングは安定性がある代わりにすぐに多額の利益が出るものではありません。短期でも1年2年、確実に利益を出すなら5年10年スパンで資産を増やしていくという性質のものです。 すぐに大金が得られるチャンスを得たい人には向いていませんが、将来の資産形成や不労所得を増やして自分の生活を徐々に豊かにしたいという人におすすめできます。 しかしそうは言っても、10%を超える高利回り案件もあったりするので、銀行で定期預金に預けるよりはソーシャルレンディングに預けていた方が資産形成が効率的に行える可能性は高まるでしょう。 まずは自分が気になる業者をいくつか見つけて、分散投資することをおすすめします。
長嶋 シゲルさん
この記事を書いた人:長嶋 シゲルさんサラリーマン

5年後の脱サラ目指してソーシャルレンディングに励むサラリーマン。不動産投資もやってます。いずれは実業も!

このライターのその他の記事


投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較 2018キャンペーン