当サイトおすすめ業者

5つのタイプから比較

COMPARE OF TYPE
5つのタイプから比較してみましょう

  • 投資型
  • 非投資型

融資型(貸付型)クラウドファンディングの仕組み

融資型(貸付型)=低リスクで安定した金融商品

融資型クラウドファンディング

様々な種類のあるクラウドファンディングの中でも最も注目されていると言っても過言ではないクラウドファンディング、それが融資型(貸付型)タイプ。別名、ソーシャルレンディングとも呼ばれています。

これまで「購入型」のクラウドファンディングが主流の日本でしたが、2015年に改正金商法による規制緩和が行わて以降、注目を集めているサービスです。

■融資型(貸付型)の主な仕組み
個人や法人がインターネット(クラウドファンディング運営業者)を通じて個人投資家から資金を集め、事業開始、もしくはプロジェクト開始のための融資を行ってもらい、個人投資家はその見返りとして融資した個人や法人からクラウドファンディング運営業者を通して返済元利金の一部を個人投資家に分配する仕組み。

もっと分かりやすく説明すると、「ある目的の為に資金を必要としている企業(ベンチャー企業などの銀行からの融資を受けにくい企業)、個人に対して、投資家がクラウドファンディング運営業者を通じて少額の貸付を行えるサービス」となります。

ただし無償で貸付を行う場合、資金提供者側である投資家にメリットがないため、資金提供を受けた企業や個人は返済不能にならないかぎり“金利”という形で毎月投資家に対して分配金を支払わなければなりません。

また、「銀行から融資を受けることが出来ない企業」と言うと悪い印象を持つ方もいるかもしれませんが、そうではありません。銀行からの融資を受けるには敷居が高く、融資条件として創業年数や業種(パチンコ屋など)があるため、融資を通過できない優良企業に対し、貸付を行う代わりに金利という利益を受け取る事が出来るようになっているのです。

融資型(貸付型)のメリット、デメリット

まず融資型のクラウドファンディングを行う前に、前提として元本が保証されているものではないという事を認識しておかなければなりません。資金調達を行った企業の事業の不調以外にも、匿名組合を組成するクラウドファンディング運営業者の倒産による貸し倒れリスクも負う必要があります。

よく「投資である以上リスクは付きもの」という言葉を耳にしますが融資型クラウドファンディングは資金損失が少ない運用方法として有名ですので、FXや投資信託のような損失のリスクは分散投資を行う事で回避することが可能です。

FXや投資信託を経験した方ならもうおわかりですね。「損失のリスクは分散投資を行う事で回避することが可能」つまり、融資型クラウドファンディングのメリットはこれまで資産運用方法として認識の高かった従来の投資に比べて投資に対するリスクが低いところにあります。

これは仕組みの部分でも少し説明しましたが、基本的に貸付を行うだけで毎月金利という定期収入(インカムゲイン)を得ることが事が出来るため。具体的な例としてFXのように常に為替変動に気を使う必要もありませんし、リーマンショックのような経済危機の影響を受けることがないこと挙げれられます。

つまり、安定した収益を求める事が可能という点では、コツコツお金をためるのが好きな日本人に向いている金融商品と言っても過言ではない、それが融資型(貸付型)クラウドファンディングです。

おすすめの融資型(貸付型)クラウドファンディング業者

融資型

クラウドクレジット

クラウドクレジット

本拠地
東京都中央区日本橋茅場町1-8-1
電話番号
電話番号:0800-888-9610
代表者名
杉山智行
設立
2013年1月
資本金
195,250,000円
公式サイトへ移動

融資型

オーナーズブック

オーナーズブック

本拠地
東京都中央区銀座2丁目6番16号 ゼニア銀座ビル6F
電話番号
電話番号:03-5579-9496
代表者名
岩野達志
設立
2012年4月
資本金
549,550,000円
公式サイトへ移動

融資型

キャッシュフローファイナンス

キャッシュフローファイナンス

本拠地
東京都中央区日本橋1丁目2番19号
電話番号
03-3516-3037
代表者名
根本貴宏
設立
2016年10月
資本金
30,000,000円
公式サイトへ移動
投資型クラウドファンディング業者の利回りを比較